やりすぎじゃない?10万円給付の同封の文書に「寄付のお願い」が…

埼玉県久喜市。

国民全員に給付される「特別定額給付金」について、市民に話を聞いてみると...。

市民から聞こえたのは、

「受け取った10万円を渡すってことですか?」
「困りますよね。自分のために使いたいものもあったりしたので」

などの困惑の声でした。

振込み予定日の決定通知書に寄付のお願い

理由は、久喜市が給付金の振り込み予定日を知らせる決定通知書にあったのです。

同封された文書には、

「寄付のお願い。皆様からいただいた寄付金は、新型コロナウイルス感染症対策に有効に活用してまいります。」

と、寄付のお願いがあったのです。

久喜市は、5月1日に医療従事者などへの支援を目的に、新たな対策事業基金を設置。

幅広く寄付を呼びかけようと、通知書にも寄付をお願いする文書を同封しました。

特別定額給付金をめぐっては、オンライン申請での遅れや二重送付などのトラブルが続いています。

自治体まかせの対応

総務省の発表では、6月5日までの給付の総額は予算総額の30.2%にあたる、およそ3,850万人分。

こうした中、久喜市は、給付金の通知書を送った全ての世帯に「寄付のお願い」を同封しています。

これまでに4万世帯以上に送付済みだということです。

こうした「寄付のお願い」について、久喜市民からは

「寄付するように仕向けるのかなと。気持ちよくはくれないんだなと思いましたけど」
「ちょっと『市長名』で出るっていうのはどうでしょうね。『なんだこれ、強制かい』と思う人もいるだろうし。不安をあおり立てるというか」

といった声が聞かれました。

SNSでも批判の声が

この寄付のお願い文書については、SNS上でも

「振込通知が来たけど、それと一緒に寄付のお願いが。なんかいやらしい」
「まともな人は圧力を感じるわな」
「別々に送るでしょ普通は」

などと意見が飛び交っているのです。

市民から困惑の声が上がっていることについて、久喜市に尋ねると...。

埼玉・久喜市役所の渡辺文勝総務副部長

「なぜ同封したのか? または、寄付はどのようにするの? という(市民から)問い合わせをいただいた。趣旨に賛同いただける方ということで、私どもは強制はしていないので、あくまでもご理解いただければなとは思っています」

久喜市は、今後も寄付のお願いを同封する方針に変わりはないとしたうえで、誤解のないよう文言の変更も検討したいとしています。

ネットの声

「これはおかしな話だね。寄付する人は自主的にする。いくら強制じゃなくても、こんな文書を同封するのは市民も感じ悪く思う。まるで市が横取りするみたいな印象を与える。それにこの給付金は市場に回すことが目的。コロナ禍で収入減になった人もこの文書を見ると複雑な心境を抱くだろう。これは即刻やめるべきだし、他の自治体でも真似したり同様の考えを持たないようにしてもらいたい。」

「寄付する、しないは各人の自由だと思います。寄付をしなくても家族のために使っても、困っている友人や知人の店で使っても、その他でも寄付と同じくらい意味があると思います。寄付をしろと呼び掛けるのではく有意義に使ってもくださいとかで気持ちよく受け取ってもらった方がいいと思います。」

「国と自治体が結託して医療費減らし、病院減らしてみたらこうなったのに、まず寄付のお願いをするっていうのは順番が違うよね。市民感情としても気持ちよく寄付する人があまりいないというのであれば市民との信頼関係も構築出来てないんでしょうね。」

自治体によっては、職員の寄付を予算化しているところもあるとか…考え方がおかしいですね。

おすすめの記事