かつて消耗品の定番! メンテフリーと言われるいまクルマの「スパークプラグ」は本当に「交換」しなくていい?

スパークプラグといえば、1990年ぐらいまでは消耗品の代表格。

車検ごとに交換したり、こまめに点検をして先にある電極が減っていないかとか、丸くなっていないか…。

そしてススの付着などによって焼け具合を見るだけでなく、場合によってはワイヤーブラシで磨くなど、いろいろと手間をかけたパーツです。

実際の交換も3万kmぐらいで行っていました。

ひと昔前までは車検ごとに交換する消耗品だった

電極にプラチナを使った白金プラグが登場して、ロングライフ化。

10万km無交換と言われたが、その当時は走るのには問題ない程度の消耗というだけで、実際はかなり消耗したのは事実だったのです。

さらに2000年を越えたあたりから、今度はアフターパーツのイメージが強かったイリジウムの採用が進み、摩耗しやすかった電極も強化されたことで耐久性も大幅に向上。

最新の交換指示はなんと20万kmごとで、点検も不要となっています。

もちろんプラグに限らず、メーカーの交換指定の基本は「不具合がない範囲」なので、

絶好調が維持されるかというと実際はそのようなことはないだろうし、どうなってしまうかはクルマ好きとしては気になるところです。

とくにスパークプラグは完全なる消耗品の時代を経てきたベテランドライバーとなるとなおさら心配でしょう。

実際はかなり消耗している

もちろんメーカーが指定しているので問題ないのは事実なのですが、実際はかなり消耗していることがあり、実際に外して見ると思わず唸ることもあります。

最近ではダイレクトイグニッション化され、1回の点火タイミングで、2~3回スパークさせるマルチスパークも増えているので、

できるだけ完全に燃焼させるためとはいえ、プラグへの負担は増すばかりです。

実用と割り切るならメーカー指定の交換タイミングでいいが、今まで取材や実際に外してきた例で見ると、指定の6割ぐらいで交換するのが、好調を維持するにはベストでしょう。

ただ、最近はバルブまわりのスペースの関係で鉛筆のように細い特殊プラグだったりするので、

交換ついでに社外品に交換しようとしてもそもそも用意がなかったり、純正装着がイリジウムだったりするので、

社外品でチューニングやレベルアップさせることはできなくなってきているのです。

簡単ではない

構造的にも、最近のクルマはプラグの頻繁な点検、交換を想定していないからか、吸気系がヘッドの上を覆っていたりして、

外すのにとても苦労することが多くなってきたようです。

もはや消耗品交換というよりも、修理と言ったほうがいいかもしれません。

指定上は完全無交換とはいかないにしても、先に紹介したように、実質無交換でメンテナンスフリー化が急速に進んでいるのは確かです。

ネットの声

「今のクルマを10万キロ以上乗るって決めてたから、7.5万キロで交換しました。
いつまでも交換しなくて良いわけではないから、壊れてからじゃなく、壊れる前に交換しといた方が良いよ。」

「スパークプラグの進化で一番の恩恵を受けたのはスバルだろう。メカニック泣かせの水平対向エンジンからプラグのメンテが無くなるなんて、人件費換算なら莫大な経費削減。」

「プラグ自体は、10万Km以上交換不要なのに国やメーカーは、車本体を定期的に買い替えさせる風潮ですけどね。仮にちょい乗りメインであまり距離を乗らない人からすれば10万Kmとか走る前に例の13年増税に掛かってしまう。だったら、増税をやめて欲しいです。好きで一昔前の中古車に乗ってますが、ギリギリでプラグ交換前に13年増税に掛かって余計な出費。何か意味が分かりません。」

部品の耐久性があがってますし、車検時の交換でまかせるならオーナーにとってはメンテナンスフリーといったところでしょう。

おすすめの記事