バイク小僧みんなが惚れたカワサキZ400FX

新時代を開拓したカワサキ初の400ccマルチ

今も絶大な人気を誇る1980年代の名車たち。

個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのでしょうか。

今回はクラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介します。

誕生から約40年を経て人気がさらに高騰中

1979年に登場した「Z400FX」は、75年秋に施行された日本独自の免許制度、400ccを境とする中型/大型という区分を抜きにして語れないモデルです。

この免許制度改正で、若きライダーは夢を断たれたのですが(当時の大型二輪免許取得はとてつもなく難しく、またクラス唯一のOHC並列4気筒車だったCB400フォアは76年に販売終了)、そのような中で彗星のように現れたのが、兄貴分のZ1/2系譲りにしてクラス初のDOHC並列4気筒を搭載する、Z400FXだったのです。

もちろんZ400FXは爆発的なヒットモデルとなり、以後は他メーカーからも、DOHC並列4気筒車が続々と登場します。

カワサキ自身も後継車として、Z400GP/GPz400/GPz400F/ゼファーなどを販売したものの、原点の人気はいっこうに衰えることなく、生産終了から約40年が経過した現在でも根強い人気を維持しているのです。

その人気の理由には諸説がありますが、細身でありながら、堂々たる車格と風格を備えていたことは、このモデルを語るうえでは欠かせない要素でしょう。

と言ってもそれは必ずしも意図的だったわけではなく、輸出仕様のZ500と同時開発した結果…と言えなくもないのですが、小型軽量化が徹底して行われていないことは、免許制度改正の影響を受けたライダーにとって、大歓迎したくなる要素だったのは間違いありません。

リターンライダーがZ400FXを選択

1990年代までは現役時代と同じく若者を中心に人気を集めていたZ400FXですが、ウエマツ東京本店・峯尾真史氏は、ここ数年は大型二輪免許を所有するベテランが選択するケースが珍しくないと言います。

「最近はZ1やMkIIなどではなく、あえてZ400FXというお客さんが増えています。その理由を聞いてみると、若い頃に乗っていた、あるいは憧れていたという人がほとんどで、今後の体力低下を考えて、最後の愛車として購入する人も少なくないようですね」

そういったユーザーが増えたからでしょうか、もともと高かったZ400FXの中古車相場は、近年になってさらに高騰しています。

この分野の高額車と言ったら、筆頭は長きに渡ってホンダCBX400Fであるものの、もはやZ400FXの価格もほぼ同等になっているのです。

ただし、Z400FXは決して維持が難しいモデルではありません。事実、ウエマツでこのモデルを購入したお客さんは、トラブルに悩まされることなく旧車ライフを満喫しているそう。

爆発的な人気を獲得したものの、生産期間は意外に短い4年

大雑把に分類すると、Z400FXは前期型(E1~E3)と後期型(E4)の2種になります。

前期型については、E2ではリヤホイール幅の拡大(1.85→2.15)とヘッドライト下のエンブレム追加、E3ではヘルメットロックの装備とガソリンタンク下のリフレクター廃止、という変更が行われたのですが、主要部品の基本構成はE1と同様でした。

一方の後期型E4は、メガホンマフラー/フルトランジスタ点火/セミエアフォーク/チューブレスホイール/左右一体型グラブバーといった新作部品を採用し、前後ブレーキも刷新。

なおE4には、500台限定販売のE4A(GPスペシャル)、後継車のZ400GPの発売後に市場の要求に応える形で再生産が行われたE4Bが存在します。

余談ですが、Z400FXと基本設計を共有するモデルとして、海外ではリアブレーキがドラムのZ400Jと、兄貴分と言うべきZ500/550が販売され、81年には日本市場にも54psを発揮するZ550FXが投入されました。

2021中古車相場は300~600万円:新車価格の10倍以上が珍しくない
新車販売終了後も人気がほとんど落ちなかったZ400FXの中古車価格は、以後30年以上の年月をかけて徐々に上昇。

ただし兄貴分のZ1~Z1000シリーズを凌駕する相場になったのは、ここ数年のことのようです。

なおネットオークションには200万円台以下のZ400FXが出品されていますが、もちろんそれらのほとんどは要整備車です。

おすすめの記事