恐妻家?愛妻家?爆問太田が妻光代にたしなめられる

爆問太田、シュン…光代社長から「まだ判決でてない、気をつけて」とたしなめられる。

太田光と、妻で所属事務所社長の光代氏が12月3日、フジテレビ系「ノンストップ!」に夫婦で取材に応じました。

その中で、太田は光代氏から現在進行中の裁判について「まだ判決は出てないから気をつけてくださいよ」とクギを刺される一幕があったのです。

相思相愛

番組では今年で結婚30周年を迎えた2人にインタビュー。

お互いの好きな所をきかれると、太田は「この人にはかなわない。面白いですよね、自分より全然」と光代社長の好きなところを挙げました。

一方の光代社長も「全部好きなんですよ、全部好き」と念を押した上で

「ですけど、ちょっと困ったなというのがよくあって」と苦笑い。

「いつでもハラハラしてます。この間の裁判はどうしようかと思った」ともコメント。

法廷でもやりたい放題

裁判とは太田が出身校の日大芸術学部に裏口入学したとの虚偽の記事を掲載され、

名誉を傷つけられたとして発行元の新潮社へ約3300万円の損害賠償と謝罪広告を求めた裁判のことです。

太田は法廷で傍聴席に向かって持ちギャグ「プシュー」をお見舞いしたり、自身の名前を「伊勢谷友介」と名乗るなどやりたい放題だったのです。

判決前にクギを刺すことも忘れずに

また法廷に入る際の車中の写真もニュースなどで報じられたのですが、

太田は「あれは完全に犯罪者のような…。おれは原告側なんですけどね」と訴え

「そろそろ判決ですけどね」と光代社長へ呼びかけたのです。

しかし光代社長は「まだ判決でてないので、気をつけてくださいよ」とクギを刺すことを忘れていませんでした。

判決は12月21日の予定。

ネットの声

「光の代わりにがんばります。光代という名前はまるでその為に生まれてきたようだ。」

「嫁には頭が上がらない力関係本当にいいバランス」

「まあ、勝っても負けても芸人太田光としてこれでいいと思います。」

売れてないときを支えてくれた芸人は奥さんには基本頭があがりません。

おすすめの記事