「けいおん!」「らき☆すた」などの人気作で知られるアニメ制作会社「京都アニメーション」。その京都市伏見区のスタジオで18日、放火火災が発生しました。市消防局によると33人の死亡が確認されたということです。

出火時の状況は?

放火事件が起きたのは7月18日午前10時35分頃。アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にあるスタジオから出火しました。

「京都アニメーション」のスタジオから「黒煙が上がっている」と近隣住民から119番通報があったのです。同社によると、燃えたのはアニメ制作現場の第1スタジオ3階建て約690平方メートルが燃え、出火から約5時間後に鎮圧状態になりました。

この出火によって3階建ての建物が燃え、京都氏消防局はこの火事で33人の死亡を確認したと発表。他に35人が負傷し、京都市内の病院に搬送されています。このうち10人が重傷ということです。死者は音声収録室がある1階で2人、2階で11人、3階と屋上への階段で20人が見つかっています。

出火の原因はガソリンと見られ、スタジオでガソリンのような液体をまいて火を付けた男性(41)の身柄を拘束しています。

男は顔や胸の付近にやけどを負い、逃げ込んだ住宅の女性によると、取り囲んだ警察官に「(ノズルが長い)多目的ライターを使った」と説明したということです。京都市内の病院に搬送され治療を受けていて、確保された男は同社の従業員だったことはないということです。

計画的犯行か…ガソリンを運ぶ台車などを用意

男はガソリンを入れたバケツを持って、1階フロアに侵入。受付近くでいきなりガソリンをまいて、「死ね」と叫びながら火を付けたということです。

急報を受け、駆けつけた府警が近くの路上で男の身柄を確保しています。


男は手足や胸などをやけどした状態でした。その際、

「小説を盗んだから放火した。チャッカマン(多目的ライター)を使った」

と供述したそうです。

現場では男が所持していたとみられるガソリン入りの携行が、さらに複数の刃物などが発見されています。府警は、男が強い殺意を持って第1スタジオを訪れ、ガソリンを使って放火した可能性が高いとしています。

ガソリンは気化性が強く、液体状態よりも気体になろうとします。そのため、ガソリンをまいてガソリンに火を付ける前に、日を近づけた段階で、空気中に拡散したガソリンによって引火さらに爆発するので、火(爆風)は一瞬にして周囲のフロアに行き渡ったことが想像できます

近くで火を付けた本人が大やけどをしていることからも分かります。

計画的な犯行だったのは、ガソリンをセルフスタンドで用意した携行缶2つにいれて運び、さらに近くでバケツに移し替え、それを台車で運ぶという用意周到さだったのです。そこに強い殺意が感じられます。

過去の怨恨が感じられますが、放火した男が生きているのが幸いで、回復を待っての厳しい追及による放火事件の全貌が明らかになることが待たれます。

京都アニメーションの社長も沈痛…安倍首相、アップルのクックCEOも哀悼…そして世界中から支援の声が

京都アニメーションは1981年に創業。


「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱」「聲の形」「CLANNAD」などのアニメを製作しています。八田英明社長は、これまでに殺害を予告する匿名のメールはあったが、このような事件につながるとは思っていなかったと述べています。

安倍首相も哀悼

「あまりの凄惨さに言葉を失います。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。負傷された皆様にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い回復をお祈りしています」

Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏

「京都アニメーションは、世界で最も才能あふれるアニメーターとドリーマーが集う拠点の1つだ。今日起きた悲惨な事件は日本だけにとどまらない悲劇だ。京アニのアーティストたちはその傑作によって、世界中そしてさまざまな世代に喜びを広めている。心よりご冥福をお祈りいたします」

さらに日本語で

「心よりご冥福をお祈りいたします」

と、哀悼の意を表しています。

また、Twitterではハッシュタグ「#PrayForKyoani」のついた投稿が相次ぎ、世界のファンがメッセージを寄せています。そして、米企業が京都アニメーションを支援するクラウドファンディングを立ち上げているのです。

ネットの声

「33人の犠牲とかひどすぎる。本当に悲しいです。許せないこんなに多くの優秀な関係者の方が犠牲になるなんて。」

「作品に多くの感動をもらった。感謝しかない。やりきれない。犯人が許せない。」

「京都アニメーションの職人としての凄さが分かる。その職人達を亡くして、残された同僚達がさらに心配。」

業界関係者も

「全ての原画を鉛筆で手書きして、CGとは異なる魂を込めていた。日本中のアニメーターの憧れの場なのに…」

亡くなった人のご冥福を祈ると共に日本アニメ界の優秀な人材を失った今後の影響が懸念されますね。

おすすめの記事