神戸市立東須磨小学校における教師いじめ問題。

加害教師4人のうちの1人である30代の男性教師が、男女の後輩教師に「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫

性行為を強要していたことが「週刊文春」(10月24日号/文藝春秋)で報じられました。

性行為強要も…

性行為の証拠画像を撮影して送るよう指示した送り先が、動画が拡散している「激辛カレー強要事件」の被害者です。

「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」

と命じ、被害教師の携帯に画像を送らせたというのです。


後輩教師に性行為を強要した男性教師は、いじめ行為を繰り返していました。

激辛カレー被害教師が社会人になって初めて購入した新車の屋根に土足で立ったのもこの教師。

そのうえ、足でドアを閉めたり、車内にたばこの吸い殻が入ったペットボトルの水をこぼしたりしています。

また、女性教師にひどいあだ名をつけ、「お前、嫌いやん、マジで無理や」と暴言を吐いたり、プライベートや胸のサイズを執拗に尋ねたりもしています。

この加害教師の高校時代の同級生によると、反抗してきそうもないクラスメイトに「ウンコまみれ」というあだ名をつけ、周囲にもそう呼ばせようとしていたというのです。

また、偏差値の低い私立大学に推薦入試で合格したクラスメートが教室に入ってきたら、「負け組が来たぞ」とつぶやいたこともあるらしいのです。

これらの一連の報道が事実とすれば(事実ですが)、この加害教師は、他人が困ったり苦しんだりする姿を見たいというサディスティックな欲望があるのは間違いないでしょう。

そして、他人が恥ずかしがったり嫌がったりすることを強要し、自分の力を誇示したいという支配欲求が強いのです。

しかも、サディスティックな欲望と支配欲求を満たすことに快感を覚え、いじめをやめられなくなっているのは間違いありません。

低い自己肯定感

いじめを繰り返す人は虐待を繰り返す人と同様です。

多くの場合、自己肯定感が低いのです。

自己肯定感が低いと、自分より弱い者を攻撃し、自分のほうが優位に立っていると感じることによって、自らの存在価値を確認したいのです。

自己肯定感が低いのは、さまざまな原因によるということですが、加害教師の場合、学歴が影響していると指摘する声もあります。

この加害教師は高校時代「東大を目指す」と豪語していたのだが、二浪の末に入学したのは大阪教育大学でした。

国立大学を出て小学校教師になり、安定した収入を得ているのですから、それなりに恵まれた人生のように傍目には見えます。

しかし、本人にとっては不本意だったのかもしれません。

その結果、欲求不満がたまり、鬱憤晴らしのためにいじめを繰り返した可能性もあるのです。

「ゲミュートローゼ(情性欠如者)」の可能性

今回の神戸教師いじめ問題をめぐる保護者説明会が10月16日、東須磨小学校で開かれました。

その席で加害教師4人の謝罪コメントが読み上げられたのです。

しかし、その内容から、心から反省しているのかはなはだ疑問という声があちこちからあがっています。

後輩教師に性行為を強要した男性教師と、いじめの主犯格である40代の女性教師は、「ゲミュートローゼ」である可能性が高いと言われています。

「ゲミュート」は、思いやり、同情、良心などを意味するドイツ語です。

このような高等感情を持たない人を、ドイツの精神科医であるクルト・シュナイダー氏は「ゲミュートローゼ」と名づけたのです。

これは「情性欠如者」と訳されています。

「情性欠如者」は冷淡かつ冷酷、さらに他人に対して陰険で残忍なことを平気でするのです。

しかも、それに対して何ら罪悪感を覚えません

もちろん、反省も後悔もないのです。


おまけに、「情性欠如者」の目立つ特徴として、教育によって改善することが不可能である点もシュナイダー氏は挙げています。

したがって、加害教師による謝罪コメントにだまされてはいけません。

謝罪コメントには贖罪の気持ちがまったく伝わってきません。

40代女性教師の謝罪文の抜粋です。

「子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません」

「被害教員には自分の思いがあって接していたつもり」

「(被害教員を)かわいがってきただけに本当につらいです」

贖罪の気持ちのかけらも伝わってきませんよね。

ネットの声

「長谷川雅代の謝罪文やばいな…知ってたけどまじもんのサイコパス丸出しやんか怖すぎ」

「神戸の小学校の事件の謝罪文、誠意どころか内容も文章力も無くて開いた口が塞がらんねビックリした…。4人とも壮年の域で人間としては脂の乗った年齢だし、ひとりくらいマトモなこと書いてるかと思ったけど、まあマトモだったらそもそもあんなことはしてないわな…」

「教員の謝罪文酷いな…特に女性職員。可愛がってきたつもりなのになんか知らんけどこうなってしまって申し訳ないみたいな文章に見える…」

「この40代女教師は自分が悪いことをしたとは本当に思っていなかったし、今もどうしても理解できていないんだよ。ちょっと普通ではないね。家族と親族は兄弟を含めて教師だらけ、自分は独身で一人暮らし、いまだに母親がやって来て40代の娘のためにご飯を作ってくれているというから、精神面が幼児並みに未成熟なんだろう。」

「カレーやめます、、って。。。大人が大勢集まって決めたのかな?それ以上に判断して決めなければいけないことがあると思うのですが…」

「40代教諭のコメントがヤバいな。マジでサイコパスじゃん。「どうなっているのかと、ずっと思ってます。」って、お前の頭の中はどうなってんの?これは怖すぎて子供預けられない。」

加害教師側のコメントが怖すぎて、またまたネットをざわつかせてますね…。

加害教師には司法の場で裁きを受けさせ、二度と教壇に立つことができないようにしなくてはいけません。

おすすめの記事