付いてるクルマは「旧車」確定! 令和車からはほぼ絶滅したインパネまわりの装備6選。

姿を消していくのが少し寂しい味のある装備

クルマは常に進化しているので、登場する機能があれば消えて行くものもあります。

それは技術的なものだけでなく、細かい装備も同様。理由は技術進化の場合もあれば、ただ単に必要とされなくなったから消えてしまったものもあるのです。

今回は昔はよく使っていたのに最近はなくなってしまった、またなくなりつつある装備をインパネまわりから6つ挙げてみました。

1)シガーライター&ソケット

小さな電熱線が仕込んであり、押すと通電して熱くなってカチッと出てくるのがシガーソケット。

これはほぼ絶滅でしょう。

受け側のソケットに関しては、12ボルトの電源を取るために設置されているクルマはまだあります。

とはいえ、それもUSB端子に続々と置き換わっているので風前の灯火なのです。

2)灰皿

シガーソケットが無くなれば、灰皿も無くなるのは当然のこと。

代わりにオプションで、ドリンクホルダーに置くカップ状の灰皿が用意されています。

セルフスタンドが増え、「灰皿大丈夫ですか?」と聞かれることもなくなりました。

3)時計

時計はメーターの片隅やナビに表示されているが、昔は別で用意されていることが多かったのです。

今でもプレミアムブランドのクルマとなるとアナログ時計が付いていることがありますが、例外的な存在と言っていいでしょう。

日本車でも昔はメーターと並んでアナログ時計が付いており、デジタルになったばかりの頃は緑色のシンプルな表示ながら、

誇らしげにインパネの真ん中にあたりに鎮座していたものです。

4)CDチェンジャー

何枚ものCDを入れ替え作業なしで聴けるものはなくなりました

1枚ならまだあるのですが、入れ替え作業なしで何枚もCDを聴けるものはなくなってしまいました。

1980年代後半、CDが登場した頃は画期的な媒体で、8連奏や10連奏を売りにしたオーディオが社外だけでなく、純正でも用意されていたのです。

マガジンにあらかじめ入れておけば、スイッチで選ぶことが可能でした。

ちなみにマガジンは巨大になるため、別途トランクに入れたり、シート下に置いたりしたものです。

絶滅という点ではMDブレーヤーのほうが上かもしれません。

5)1DINスペース

モニターやナビとは別のカーオーディオもなくなりつつあります。

そもそも別体のオーディオというか、ラジオが絶滅しつつあるのです。

実用車や廉価グレードにはまだ残っているものの、今やコネクトの時代。車種毎にモニターが作られたり、大型ナビの中にオーディオが入っています。

そのため、1DINや2DINなどの四角いスペースは減っているのが現状。

機能的に対応できなくなってきているといっていいでしょう。

6)コインホルダー

現金払いが当たり前の時代には必要な装備でした

ETCが登場する前は、高速道路に乗る時は現金払いが当たり前だったのです。

そうなると、事前に用意しておかないと料金所でもたつくことになるし、おつりも置き場所を決めておかないと、バラバラになってどこかにいってしまうこともありました。

そこで用意されていたのがコインホルダー。

インパネやセンターコンソールのところに丸いくぼみがいくつかあって、そこにコインを立てて置くことができたのです。

ネットの声

「昔のインパネは運転中でも見ずに手で触れば操作できたけど、今は何でもモニター見ないと操作できないから、逆に不便だったり。」

「確かに時代は変わっているのだけど、最新の装備に魅力を感じない。エアコンもマニュアルで構わないし、タッチパネルが無くて困らない。
ただ、新しい車のライトが明るいのは羨ましい。」

「自分は灰皿とCDはいらないが、他は今でも有れば便利な装備だと思う。装備が劣る古い車でも良い車は良いし。
全ての運転者が今どきの最新装備を求めているわけではないと思う。」

シガーソケットはいまでも電源として活用できますね。

おすすめの記事