「旧車は壊れて当たり前」…そんな意見にもの申す

突然炎上しても「仕方ない」は本当? 旧車はメンテをしていても「壊れて当たり前」なのか。

旧車についてよく言われるのが、しっかりメンテをしていたのに不具合が出るということ。

フルレストア車でも同様のことがよく話題にあがります。

結局、旧車だから仕方がないという結論になったり、買う際も販売店に「こんなもんですよ」的なことを言われて、なんとなく納得するということがあります。

メンテをちゃんとしていても

芸能人のブレミアムな旧車が首都高で炎上して、「メンテはちゃんとしていたのに」というコメントを見て、

「やっぱり旧車ってそんなものなのか」と思った方も多いのではないでしょうか。

実際のところはそんなことはありません。

性能は低かったかもしれませんが、旧車だって現役時代は普通に使われていたわけで、

よく燃えたりしたわけでもなく、エンジンが今ひとつ吹けなかったり、変にガタガタすることもなかったのです。

昭和40年頃のクルマであれば、普通に実用性はあったのは事実です。

旧車ならではのトラブル

ではなぜ、「旧車だから」で納得できるようなトラブルが出るのでしょうか。

それはやっぱりメンテ不良だからということに尽きます。

究極のフルメンテは旧車のフルレストアと言っていいでしょう。

しかし、すべての部品を総取り替えするわけではなく、使えるものは使うというのは予算を考えると一般的です。

ここに不具合の巣はあるし、また普段定期的にメンテをしていても、どうしても見落としはあるのです。

これは故意の場合もあるし、わからないこともあるでしょう。

火災でいえば、ゴム製の燃料ホース、金属製の配管、タンクにできた巣穴、キャブレターまわりなど、かなりの部分が関係してくるのです。

たとえばゴム製のホースは表面はまだ使えそうでも、内部が硬化していてバンドで締めてもすき間ができることがあります。

このような場合、発見できるのでしょうか。

一番いいのは、予防メンテとして不具合がなくてもすべて新品に交換してしまうことで、完全初期化ができます。

ただ、そうするとかなりの費用がかかりますし、あるゆる部分を同様にしていくと莫大な費用がかかるのです。

そうなると、点検をしながらダメそうなところを交換していくというのが現実ですが、見落としは出るし、タイミングを間違えて交換時期を超えてしまうこともあります。

完全初期化しないで、その都度少しずつ手を入れていくとスッキリしないというのは、

パソコンなどでも実感できるのではないでしょうか。

乗る側の知識も必要

こうなるとトラブルが発生する確率はつぶしきれておらず、たとえば燃えてしまったということになります。

故意でなければ誰も責めることはできませんが、面倒だったり、部品が手配できなかったり、技術がなくて、見たふりをする業者がいるのも事実。

とにかく「こんなもんですよ」が多いのです。

そうなると「メンテはしていた」とユーザーは思いつつも、トラブルの種は抱えたままになります。

きつい言い方になってしまいますが、よく言われるのが

「他人のクルマを愛情込めて徹底的にやってあげようという業者はまれ。親身のプロは苦労して探して信頼関係を築かないとダメだし、修理やメンテで何をしたのかしっかりと説明してもらうことが大切。それにはユーザー側もある程度の知識が必要」

ということです。

ネットの声

「旧車は部品が出ないことが結構あるから「代用品」や「流用」せざるを得ない場合がよくあるので、ある程度のトラブルは仕方ない。
ただ、炎上に至るまでには煙も出るのだから、早期消火のために消火器くらいは持っておきたいね。」

「私も旧車を一台保有して居りますが旧車友達も全員車用の消火器は搭載して居ります。まあ~実際に購入時に怪しい部品は全て交換して頂きましたが・・・出るは出るは故障や部品脱落が・・・一か所修理したと思ったら次に待ってましたと他の所が故障致します。最近は次は何処が壊れるかと・・・故障も愛情の対象と成り楽しい日々を過ごしております。」

「私は1967年式のカルマンギアを普段使いで乗ってますが、伝送系やら雨漏りやら不具合は予想無く出ます。その都度対処しながら付き合って行来ました。普段乗ってて異変を早く察知してあげる事が大きなトラブルを回避する事になると思っています。
次に何が起こるか不安ですが、現在は快調です。」

メンテナンスをマメにしても経年劣化などは防ぎようがありません。

壊れることを前提にしたつきあいが必要ですね。

おすすめの記事