10万円給付申請「不要」欄の落とし穴…京都市の場合

10万円給付申請「不要」欄の落とし穴…〇も×も?も「辞退」扱い…

京都市「希望者は何も書かないで」

6月6日から給付金申請書の送付

京都市で6日から、国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」の申請書が配達されています。

10日までに各世帯に届き、申請からおおむね10~15日後に入金されるということです。

申請書には、受け取りを辞退する「不要」欄が設けられています。

京都市は「10万円の給付を希望する人は何も書かないで」と注意を呼び掛けているのですが…。

記入方法に難有り??

申請書はA4用紙1枚。

市民が記入するのは、

表面の▽申請日▽押印か署名▽電話番号▽受取方法(振込口座)―の4点。

裏面に、世帯主の本人確認や振込口座の確認書類を添付します。

口座がない場合は窓口での受け取りもでき、専用欄にチェックをすれば後日、市から郵送で案内が届く仕組みです。

落とし穴は、給付対象者の横にある「不要」欄。

「給付金を希望されない方は不要を〇囲みしてください」と注釈があるのですが、×や?を書いても給付辞退と見なされてしまうのです。

不要欄は、総務省が示す申請書の見本に盛り込まれており、全国で誤って選択してしまうケースが相次いでいます。

不備については郵送で

申請は9月15日まで。

書類に不備があった場合は、市から郵送で、不備内容の通知や申請書が送付されます。

行政を名乗る給付金詐欺が各地で発生していて、

市は「給付金に関して市から電話やメールをすることは基本的にない」ということです。

「不審な連絡があったら警察に通報を」と求めています。

問い合わせは、市特別定額給付金コールセンター0570(074)428。

ネットの声

「東京の人間ですが、ほんとに自治体ごとに異なる申請書なんですね。自治体ごとに違う申請書レイアウト作るなんて、効率面を考えると無駄でしかないです。同じことやるんだから、全国統一でいいじゃないのよ。そこで税金の無駄、職員の仕事の無駄が生じることが、わからないかな、、」

「この欄要らんのと違うか。紛らわしくて仕方がない。僕も一瞬悩んだわ。この給付金貰うのに家族内で意見が分かれるなんてことはあんまりないように思うんやけどね。間違えてなんかの印を書く人がいても不思議ないと思う。」

「この欄がいるかは不明ですが、間違えてしまった人は他の書類に関しても良く読まないで記載しちゃう人だと思うので色々気にした方が安全だと思う。」

河野大臣がツイッターでも注意を喚起してましたね。

ずいぶん前のことなのですが、いまだに問題が起こっているとは…

よく読んだら間違いはおきないような気がするのですが、記述欄を無くしている自治体も少なくありません。

意思の確認もあると思うのですが、給付希望だから返送する…といった考え方ではだめなのでしょうか。

おすすめの記事