スマホにLINEをインストールしていれば、いつでもお金が借りれる…仕組みはどうなっているのでしょうか。何とかしてお金を調達したいときに重宝するかも!?

お金を何とかして調達したい場合

お金を何とかして調達したい場合は、どうしたらいいでしょうか。
必要なお金が3万円程度でしたら、自分で働くようにしてもいいでしょう。
昼間のメインの仕事があるので、平日だと夜間か昼間だと土日しかできません。
しかも、すぐにお金が欲しいとなると日払いのバイトしかないことになります。

そういった条件で、求人情報誌などを見てみると、日払いのバイトもあるにはあるのですが、ほとんどがガテン系のバイトなのです。
ガテン系というと肉体労働ということになるので、建築現場のバイトが多くなるのは間違いありません。
警備のバイトもあるのですが、こちらもきついのは変わりないでしょう。
いずれにしても、日払いのガテン系のバイトは体力勝負になるのは間違いありません。

体力に自信がなかったり不安のある人は、ガテン系のバイトは避けたほうがいいかもしれません。
日払いのバイトをするにもあくまでも副業ですから、体力が有り余っている人向けと言ってもいいでしょう。
そうはいっても1回で1万円程度は稼ぐことができるので、3回がんばれば3万円です。

お金を調達する方法としては無視できませんし、手っ取り早くお金を調達する方法としては最善です。
なによりも働いてお金を稼ぐのですからまっとうですし、誰にも迷惑をかけないすばらしい稼ぎ方と考えていいでしょう。

他には、自宅にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらう方法です。
不要品ですから、誰にとっても不要品です。
買取値もそれほど高いものにはならないでしょう。
あるいは値がつかないかもしれません。

ですから、不要品を処分してもらうくらいに考えたほうがいでしょう。
値が付かなくても買い取り業者の大半は不要品を引き取ってくれます。
ですから、買い取ってもらうというよりも不要品を処分してもらうと考えると買取値がつかなくてもそれほどダメージはないでしょう。

そうはいっても、家にある不要品をある程度かきあつめると、1万円か2万円くらいにはなるでしょう。
それでもまだ目標金額には届きません。
そういったときは、家にある書籍やコミックを買い取ってもらうようにしましょう。
人気の全巻コミックでもあれば、かなりの高価買い取りになります、書籍もベストセラーよりもレア本のほうが高値になることが多いです。

書籍やコミックの買い取りは、通常の買い取り業者よりも本の価値の分かる古本屋などに買い取りをしてもらうようにしましょう。
これで余裕で目標金額に到達できるでしょうし、書籍やコミックの数によれば、書籍やコミックだけで目標金額に到達することができるでしょう。

3万円程度の少額融資でしたら、友人知人を頼るというのも一つの方法です。
友人がすぐにお金を用立てしてくれるのかどうかは、それまでの関係性にもよるのですが、昔からの友人で気心が知れているのでしたら、すぐにでも用立てしてくれることでしょう。
それは、自分に置き換えてみてもはっきりしています。

今は、お金がないから頼る立場ですが、お金を持っていたら友人に頼りにされるとすぐに用立てすることでしょう。
また、大きなお金になったら他から調達することだと思います。
3万円という財布の中に入っていそうなお金だからこそすぐにお金を出してくれるのです。

ですから、それ以上のお金で銀行ATMに行かないと出せないようなお金は友人から借りるべきではありません。
あくまでも、財布の中に入っているポケットマネーに限るということを鉄則としましょう。
金銭的に迷惑をかけるのは最初限度にするのが、友人知人からお金を借りる時のマナーと考えるようにするのです。
そして、借りる側が借用書を用意するようにしましょう。

借用書は、本来は貸す側が用意するものですが、友人の間柄ですから、どうしても気が引けてしまうのです。
その気持ちを察して借りる側が、借用書を用意するようにします。
友人も水くさいと言いながら、内心では安心していることでしょう。

借用書には、次の給料日の翌日に一括で返済することを一筆したためるようにします。
間違っても、分割で支払うといったことを書いてはいけません。
友人知人とのお金の貸し借りは、一括でできるだけ早く返済するのが鉄則なのです。

借りるということは、少しでも迷惑をかけていることですから、そういったことはできるだけ早く、しかも最優先で対処するようにしましょう。
また、それ以上のお金が必要になったときは、友人知人よりも身内に頼ったほうがいいですが、友人知人や身内に頼るべき人がいない場合でしたら、そのときは銀行や消費者金融会社に融資の申し込みをするようにしましょう。
手っ取り早いのは、クレジットカードのキャッシング機能です。

3万円程度のお金で翌月には一括で返済できるのでしたら、これも有効な方法なので覚えておくといいでしょう。

銀行や消費者金融会社から借りる

お金を借りるとなると銀行か消費者金融会社となるのですが、そこはやはり金利の低い銀行から借りるほうが返済利息も少なくて済むので有利です。
消費者金融会社で借りると、いまだにサラ金のイメージを持つ人が少なくなく、アレルギーを感じる人もいることでしょう。
もっとも、往時の消費者金融会社は全国に3万社を超える数だったのですが、今では2千社に満たない数となりました。
かなり激しく淘汰されたのですが、それにはグレーゾーン金利の撤廃と過払い請求、さらには総量規制など消費者金融会社を巡るさまざまな規制があったことは否定できません。

特に、上限金利が統一されて、それまで取り過ぎていた利息も新しく線引きがされて、債務者からの請求に応じて返済していかなければいけなくなった過払い請求は、多くの消費者金融会社の体力をそぎ落としていったのです。
アコムやプロミスといった、大手消費者金融会社が経営破綻するくらいですから、相当なダメージであったのは想像に難くありません。

激減した消費者金融会社の数を見ても、それは明らかなのです。
厳しい取り立てが代名詞となっていたサラ金も、過払い請求によって逆に取り立てられる立場になり、どんどん経営破綻や廃業に追い込まれて行ったのは皮肉というしかないでしょう。

そういった中で、生き残った消費者金融会社は、健全経営を行ってきてもともと体力のあったところでしょう。
大手消費者金融会社の多くは、銀行グループなどの傘下に入ることで生き残っていったのです。
もっとも、それでもサラ金を呼ばれていた時代の厳しい取り立ての実態を知る人にとっては、未だに消費者金融会社はサラ金のイメージが色濃く残っているということですね。

銀行カードローンですが、お金を借りるのはそれほど簡単ではありません。
誰でも気軽にお金を借りるということはできないのです。
銀行カードローンを借りるにしても審査が必要ですし、その審査に通るためにはある程度の属性の高さが必要なのです。

その属性というのは、信用度やお金の借りやすさ、返済能力などを測るための指標のようなものです。
属性が高いとお金を借りやすく、属性が低いとお金が借りにくいのです。
属性というのは、さまざまな項目から成り立っていて、一つの項目では決めることはできません。

それでも、属性の高さを決める大きなウエイトのある項目として、雇用形態があげられます。
その人がどのような形態で雇用されているのかということですが、雇用形態には正規雇用と非正規雇用の大きく二つに分けられます。

正規雇用はいわゆる正社員のことで、いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、それだけではなく、会社が雇用を保証しているかどうかが問題となるのです。

どちらも働くときに雇用契約を結んでいるので、その雇用契約の間は会社が雇用を保証しているということになります。
その雇用契約の期間が正規雇用でしたら、入社してから定年までということになります。
仮に23歳で入社したとして、雇用契約を会社と正規雇用で結んだとしたら定年が65歳になる年だとすると、43年の雇用期間ということになります。

その間は雇用が保証されているので、安心して働くことができるのです。
いっぽうの非正規雇用ですが、こちらの雇用契約の期間は、3ヵ月あるいは6ヵ月、1年というように短期間となっています。
更新時期になると会社が更新しないとその場で退職ということになります。

雇用契約の期間の雇用の保証という意味では同じなのですが、雇用契約の期間に大きな隔たりがあるのが正規雇用と非正規雇用の違いといえます。
この点を銀行からみると非正規雇用の人は雇用が安定していない、すなわち収入が安定していないとして、属性が低くなり、銀行カードローンの審査に通りにくいということになるのです。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンの審査に通らなかったら、消費者金融会社からお金を借りるしかありません
審査基準も消費者金融会社のカードローンのほうが緩いですから、審査にも通りやすいでしょう。
消費者金融会社もアコムやプロミスといった大手消費者金融会社から、業容の小さな中小消費者金融会社、さらに小規模な消費者金融会社である街金といった、多くの消費者金融会社があります。


アコムやプロミスなどの大手消費者金融会社は、数の上では少数派です。
2,000社近くある消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社と街金で占められているのです。
大手消費者金融会社のカードローンは、消費者金融会社の中でも審査基準は厳しいので、大手で借りることができなければ中小消費者金融会社、さらに街金というように順番に審査基準は緩くなっていきます。

属性の高さも審査に影響していて、延滞歴のあるような人は大手消費者金融会社のカードローンの審査には通らないでしょう。
中小消費者金融会社でも、業容の大きな消費者金融会社でも審査には通らないでしょう。
延滞歴や延滞中、さらには金融事故を起こしたブラック状態の人となると、通常ではお金を借りることは難しいでしょう。
しかし、中小消費者金融会社や街金の中には、独自審査を行って現在の属性のみで審査を行っているところもあります。
電話での在籍確認や収入証明書の提出ができれば、審査OKというところもあるのです。

たまに、ネットの口コミサイトなどでブラックでも借りることができたというのも、独自審査を行っている貸金業者なのは間違いありません。
かといって、ブラックでも借りることができるというわけではないので注意が必要です。

ラインでお金を貸してもらえる?

属性が低くて、どうしても消費者金融会社などからお金を借りることができない、あるいは事情があって消費者金融会社を利用したくないという人は、ネットの個人間融資掲示板を利用して個人での貸し借りをする方法がありました。

審査はないので交渉がまとまれば即融資ということで、お金が必要な人の最後の砦的な存在だったのですが、業者が介在するケースもあって100%安全とは言いがたく、多くのリスクがあるのも否めない事実なのです。

そこで、注目されているのが、ラインを使ってお金を貸してくれる方法です。
LINEの中にある掲示板を利用してお金の貸し借りをする方法ですから、ネットの個人間融資掲示板とそれほど内容は変わらないのでは?という意見が多いのも事実です。


結論から先にいうとLINEはだれでも登録できますし、パソコンでの利用も可能なため、個人間融資とLINEを使った融資も変わりはありあせん。

ただし使い勝手の面では、スマホでいつでもLINEを通してやりとりができるので、こちらのほうが便利かもしれません。

LINEでのお金のやりとりの注意点

基本的には個人間融資掲示板と変わりはありませんので、個人とは言いながら業者が介在してくることもあります
そのあたりをどう見極めるのか、業者であっても信頼できるところであれば問題ありません。

しかし、個人のやりとりの場に業者が介在してくるのですから、まっとうな業者でないことが多いのです。
ですから、業者との取引はしないほうが無難です。

他に注意点があるとしたら、個人間融資掲示板と同じなのですが、法外な金利にはだまされないということです。
個人でも年間の金利は20%が相場です。

個人ならもっと上という意見もありますが、年間の金利は個人でも20%と考えていいでしょう。
あくまでも年利ですから、中には月利計算してくるところもあるので、金利手数料についてはしっかりとした知識を持っておいたほうがいいです。

個人間での貸し借りです。
ある程度のリスクも織り込み済みで高金利でも由とするのでしたら、自分の納得のおける金額でしたら交渉成立しても何ら問題はありません。

ネットの声

「人からお金借りる人間、借りた人とのLINEだけ壊れがち…」

「LINE Scoreみたいなスコアリングサービスって、今はお金借りる時の審査に使うのが多いけど、これがスペシャルクーポン配布とかになったら一気に広まるだろうなあ。」

「学生時代からの友達?に闇金からお金借りて返せないのでお金貸して欲しいって連絡きた。1年以上会って無いのにお金借りる時だけ連絡して来て、昨夜イライラして眠れなかった。さっきまで電話で話してたけどクズ過ぎ…LINEブロックした」

ネットの個人間融資掲示板がLINEにも浸透しているようです。自己責任とは言いながら気をつけたほうがいいですね。

おすすめの記事