2月のとある日曜日。降りしきる雨のなか、相合傘で身を寄せ合う男女の姿…。

男の名は、藤光謙司(33)。イケメンアスリートとしてテレビにも出演する陸上短距離選手。

女の名は細川稀叶。こちらは、教育事業を手がける「株式会社ニリア・バニー」の社長を務める実業家…。

女のほうに問題が…

これだけなら、スタイリッシュな大人の恋。

しかし2人の間には問題がひとつあるのです。

稀叶さんには夫がいます。

夫の名は、細川亨(40)。千葉ロッテマリーンズに所属する、現役のベテラン捕手。

“相合傘” の2日前、イベント出演を終えた藤光選手は、颯爽とベンツに乗り込み、帰路につきました。

その後ろを、稀叶さんが運転するフェラーリが、ぴったりと追いかけるのです。

そして数十分後、慣れた様子で瀟洒なアパートに入る2人の姿がありました。

そのまま “愛の巣” に連泊した2人は、冒頭のとおり相合傘で身を寄せ合い、再び仲よく出かけていったのです。

この2人の “ただならぬ関係” は、以前から周囲の人間に怪しまれていました。

世界陸上の銅メダリスト

「藤光選手は、2014年に男子300メートルでアジア新記録を打ち立て、2016年のリオ五輪にも出場するなど、実力は本物でした。2017年の世界陸上で、男子4×100mリレーで銅メダルを獲ったのがキャリアの頂点です。 でも、このときを境に、彼は変わってしまいました。突然羽振りがよくなり、みんなが電車で通う練習場に、フェラーリで乗りつけたりして……。以降、タイムも伸び悩むようになりました」(陸上関係者)


その変貌のカギとなったのが、稀叶さんの存在らしい。

「彼女が、藤光についてまわるようになったのも、同じころのことです。藤光は個人事務所を作り、みずから代表に就任したのですが、副社長になったのが細川稀叶です。“藤光のマネージャーです” と名乗っていましたが、それを素直に受け取る人はいなかったと思います」(別の陸上関係者)

稀叶さんは、年末年始におこなわれた2週間以上にもわたる藤光選手のハワイ合宿にも同行。

ある陸上選手はこう語ります。

「いつも美魔女風の派手な出で立ちで、周囲から浮いていました。あの女性が細川選手の妻であることも、みんな知っていましたよ。高校生の娘さんと中学生の息子さんが、いらっしゃると聞いています」

夫はキャンプ中

藤光選手と稀叶さんが、“道ならぬ恋” に溺れているあいだ、当の “寝取られ亭主” 細川選手は、石垣島のロッテ春季キャンプで汗を流していました。

「細川選手は、4球団をわたり歩き、通算5度の日本一を経験してきた “優勝請負人”。あの辛口の野村克也さんですら、太鼓判を押したほどの選手です。 2018年に引退を考えていた際、長男から『現役でやっている姿を見たい』と言われて、現役続行を決めたそうです。それくらい、家族愛の強い男です」(スポーツ紙記者)

そんな家族思いのベテラン選手の妻が、なぜ?

後日、“愛の巣” から出てきた藤光選手を直撃したのですが、記者の質問にはいっさい答えず、にらむように一瞥して、愛車に乗って走り去っていきました。

稀叶さんにも、会社を通して取材を申し込んだが、期日までに返答はなかったのです。

夫である細川選手は、この2人に何を思うのでしょうか。

球団広報に問い合わせたところ「選手のプライベートなことに関して、コメントは差し控えさせていただきます」との回答でした。

細川選手は、この2人の関係を正面から “キャッチ” できるのか…憂いは晴れません。

ネットの反応

「子供は父親思いなのに母親がこんな尻軽では・・・・細川捕手が気の毒過ぎる。教育事業を手がける会社の社長にふさわしくないのでは?母親として少しは子供のことを考えたらどうなのか?」

「めちゃくちゃですね。多感な年頃の子供がいるのに。本当最近男女問わず、こういう記事が多いなあ。何の影響なんやろか。」

「いい歳してホストみたいな髪型で脚力は衰えても手だけは早いこの陸上選手もたいがいなもんだという気がする。選手生活終えたらヒモとして生きて行く気なのか?長続きしないと思うが。」

夫がキャンプにオープン戦と、来たるべきシーズンに向けて調整している時に、こういう記事が出てしまうことにやるせなさを感じてしまいますね。

おすすめの記事