経営悪化…コロナ禍はラブホテルも直撃してる!?

日本のラブホテル業界、ここへきて「大不況」で悲鳴が止まらなくなっていた…!

「コロナの影響で3月は4割減、4~5月は3割減と売り上げが落ちました。
自分の貯金を持ち出しして耐えています。ウチの従業員は82人中、22人が65歳以上。
彼らの生活を守るためにも、何とか踏ん張らなければいけないのです」

北関東で6軒のラブホテルを経営している市東剛さん(61歳)は、こう嘆息します。

ラブホテル業界が「大不況」…!

ラブホ業界が「大不況」に喘いでいます。

市東さんの周囲でも2軒のラブホが潰れたほか、休業する店もあるというのです。

しかも、ラブホは性風俗業と指定されており「Go To トラベルキャンペーン」や持続化給付金支給の対象に入っていません。

「明らかにラブホであるにもかかわらず、旅館業法上の旅館として営業したことで持続化給付金の支給を受ける『偽装ラブホテル』もある。真面目に風営法上の届け出をしている事業者が損をする事態になっているのです」(前出・市東さん)

「副業」を始めるラブホテルも…

少しでも売り上げを立てようと「副業」に走るラブホもあるようです。

「ウーバーイーツ」や「出前館」に出店して、館内で提供していた料理を、ホテルを利用しない人にも配達サービスで届けるのです。

「行政の指導により、コロナ感染を防ぐためにラブホの中で利用者に飲食をさせないように求められた店舗が多くなったからでしょう。部屋で料理が食べられないと、宿泊よりもショートステイが増えるため客単価も下がってしまう。ホテルにとっては大打撃なんです」(ラブホテルプランナーの平田壯吉氏)

コロナ禍に合った業態…

にっちもさっちもいかない現状に、前出の市東さんはこう愚痴をこぼします。

「本来、ラブホはウィズコロナ時代に合った業態なんです。フロントのカウンターは壁やガラスで覆うなどして、お客様とスタッフが顔を合わせないようにしています。会計も部屋の中でできるようにしている。なのに、何の補助も受けられないのは悔しい」

ネットの声

「大学生高校生カップルは、今はネカフェの個室防音カラオケルームで済ますからね、、、
パソコン壊れて池袋のネカフェ行ったらカップルの行列、お一人様はすんなり入店出来た。」

「明らかに旅館なのに、時間料金で利用できるところが有りますよね。やってる事は同じでも、受けられる助成が違うって言うのはやっぱり納得できないでしょう。コロナ関係では本当に不公平感が沢山あってなんとかして欲しい。」

「考えてみたら確かにそうだ!
料理たのむとドア開けてすぐの階段をおりたとこにあるカウンターの上にポツンと料理が置いてあった
コロナ対策向きだと言えるかも
相手がコロナだった場合はどうにもならないけど」

時間貸しをするビジネスホテルもありますから、ラブホは苦しいですね。

衛生管理もしっかりしてほしいですが、そういう点で見劣りするところもあるかも。

おすすめの記事