Appleは12月11日、Macintoshのハイエンド機「Mac Pro」を発売しました。

ベースの価格から59万9800円(税別)というプロ仕様。

スペックをマシマシにしていくと高級輸入車が買えてしまう価格になってしまうことがTwitterなどで話題になっています。

簡単には買えないハイスペックマシン

先代が2013年に登場して以来久々の登場となった新型Mac Pro。

ハリウッドの映像制作の現場など、プロ中のプロの使用に耐えられるスペックを盛り込んでいます。

個人がおいそれと買えるようなものではない逸品となっているのです。

CPUは高性能マシン向け「Xeon Wプロセッサ」(インテル製)を採用。


一般の高性能なほうのパソコンのCPUはコアが8個のところ、Mac Proでは28コアまで拡張できます。

メモリに至っては最大1.5TBまで選べるのです。

ストレージではなく、メモリです。

「会社のパソコン、今どきメモリ4GBとか信じられねー」などと言う場合のメモリであって、ストレージではありません。

映像制作のプロが選べるよう、「Radeon Pro Vega II Duo」という強そうなグラフィックスカードをデュアルで搭載可能。

動画を扱う際に負荷を軽減する「Apple Afterburner」も選べます。

ただ、28コアCPUを選ぶとプラス77万円(税別)

1.5TBメモリに至ってはプラス275万円(税別)

お値段もプロ仕様です。

とりあえず全部盛っておくとマックスで574万円(税別)、消費税だけでMacBook Proが何台か買えそうなモンスターマシンができあがります。

ちなみにメルセデス・ベンツのセダン「Cクラス」の「C 220 d Laureus Edition」が612万円(税込)

BMWのセダン「3シリーズ」の「330i M Sport」が644万円(税込)です。

プロユーザーはやっぱりほしい??

プロのユーザーの一部には、 新モデルの価格は営業費用の範囲内でしょう。

しかし、大方の消費者にとっては衝撃の価格設定となりました。

世界屈指の高額PCとなり、アップルの一部ユーザーはさっそく、高級車の購入費と比較したのです。

アップルのウェブサイトによると、基本モデルに採用されたストレージは256ギガバイトで、同じ価格帯のプロ用PCよりも低容量。

4テラバイトにする場合は1400ドル上乗せされます。


今後は8テラバイトへのアップグレードも可能になるということですが、価格は発表されていません。

RAMメモリーを32ギガバイトから1.5テラバイトに増やすと、2万5000ドル余分にかかります。

これが価格を5万2000ドル超に押し上げる主因となっています。

また、マック・プロにはディスプレーは付属しません。

アップルは10日に4999ドルで新しい「Pro Display XDR」を発売しました。

アップルカードも

アップルのハードウエア購入にアップルカードを利用した場合。

キャッシュバックを年内は従来の2倍の6%にすることも明らかにしました。

これでほんの少し、買いやすくなるかもしれません。

米Appleが発表したクレジットカード「Apple Card」。

FILE- In this March 25, 2019, file photo, Jennifer Bailey, vice president of Apple Pay, speaks about the Apple Card at the Steve Jobs Theater during an event to announce new products in Cupertino, Calif. Apple tried to make the new Apple-branded credit card attractive, copying the heft and sleekness of higher-end cards like the Chase Sapphire. But cardholders are discovering that with such a design, they’ll have to give it special care. (AP Photo/Tony Avelar, File)

セキュリティを強く配慮した設計など、Appleらしい「クレジットカードの再定義」が話題になっています。

iPhoneを使ったApple Payでの利用を前提としていますが、Apple Payが使えない環境での利用も想定して、物理カードも用意されています。

この物理カード、なんと金属製、それもチタン製なのだそうです。

Apple Cardについてのおさらいです。

基本的にはiPhoneを使ったApple Payによる決済での利用を想定しています。

申し込みは「Wallet」から簡単にでき、支払い履歴はアプリ上から分かりやすく管理できるようになっています。

カード番号はデバイスに対して付与され、利用時には指紋認証(Touch ID)か顔認証(Face ID)を必須とするなど、安全な利用を強く意識したものになっています。

使うたびに利用額の2%をキャッシュバックするというのも驚きです。

国際ブランドはマスターカードで、米ゴールドマン・サックスが一般消費者向けに初めてイシュアとして発行するクレジットカードです。

当面、クレジットカード大国である米国のみとなり、今夏から発行が始まるとのことです。

ネットの反応

「1.5TBのメモリなんて普通では使いこなせない。でも毎回思うが、こんなハイスペックな機種でも何十年後には数十万円、下手したら数万円になっていると思うと、技術の進歩って思っているよりずっと早いと思う。」

「いつの時代もこんなハイスペックマシン誰が使うんだ?需要があるのか?専門職の人たちだけだろ、と思うのですが、数年後には一般家庭の通常になっています。クワッドも昔はほんと高かった。。。」

「ドライヤーを延々と使用したままにしてる感じの消費電力…恐ろしい。というか12枚のメモリを積める母盤があるのにちょっとびっくりしました」

価格的には原点回帰ですね。誰にでも優しい操作感を前面に押し出しながら、価格は??というのがアップルらしいです。でもステータス性は昔も今もピカイチです。このブランド力はさすがですよ。

おすすめの記事