米歌手のマドンナがSNSへの投稿で、新型コロナウイルスの感染拡大に言及。

あらゆる人々が分け隔てなく感染することで「平等」がもたらされているとの見解を示しました。

これに対してファンからは、現実にそぐわない認識だとして批判する声も上がっています。

SNSで動画を公開

動画付きのこの投稿は22日、インスタグラムとツイッターのアカウントで公開されました。


その中でマドンナは、バラの花びらを浮かべた乳白色の湯につかりながら、目下のパンデミック(世界的な大流行)に対する思いを物憂げに語っているのです。

「新型コロナウイルス感染症(COVID―19)で重要なのは」と、ピアノの曲をバックにマドンナは言っています。

「金持ちだろうと有名人だろうと関係がないこと。面白い人でも、頭が良くても、どこに住んでいても、何歳であってもかかる。どんなにすばらしい話を語れたところで意味はない」「すべてを平等にするのが素晴らしい。(ウイルスの)恐ろしさが素晴らしさになる」

マドンナはさらに「私たちは皆同じ船に乗っている」「船が沈むときは、全員がともに沈む」と付け加えた。動画のキャプションには「差別せず、COVID―19」などと書かれている。

新型コロナウイルスによる感染症では、これまで全世界で1万4700人以上が死亡しています。

動画を見たファンからは、マドンナのことは好きだけれどウイルスが平等だという考えには同意できないとする声が相次いで寄せられているのです。

ファンの1人は「私たちは同じ病気で死ぬかもしれないが、貧しい人々が最も苦しむだろう。悲劇を美化しないで」と指摘していました。

別の1人は「あなたの豪邸の外では、事情がずいぶん異なる。安全に過ごしつつ、恵まれない人たちにもほんの少し心を寄せてほしい」と訴えたのです。

こちらの動画も

マドンナはウイルスの感染拡大が始まってから定期的にSNSを更新。


「#becreative(クリエイティヴであれ)」「#staysafe(どうか安全なままで)」

といったハッシュタグを使いながらタイプライターを打つ動画や髪をブラッシングしながら歌う動画などを投稿してきました。

彼女の最新アルバム『Madame X』は昨年リリース。

それに伴うツアーを昨秋より続けていたが、コロナウイルスの猛威により最後の2公演を中止せざるを得なくなったのです。

公演は3月10日と11日にパリは「Le Grand Rex」にて行なわれる予定でした。

チケットは払い戻し対応中ということです。

銃規制でも炎上…

2019年6月26日(水)に新曲「God Control」のミュージックビデオをリリースしたマドンナ。

描写が無神経だという批判の声が上がる中、この作品で銃規制の重要性を主張したかったと語っています。

クラブやコンサート会場、学校や教会などを狙った銃撃事件が多発するアメリカ。マドンナの新曲「God Control」の一部ではクラブで銃撃事件が発生、人々が逃げまどい殺される様子が映し出されているのです。

ビデオの冒頭には注意書きが掲げられている。「これから流れる物語はとても心を乱されるものです。

でもこれはあらゆるところで起きていることであり、撲滅しなくてはならないことです」。
マドンナは雑誌『ピープル』にこのビデオを作った意味について語っています。

「対処するべき危機に注目を集めたかったからこのビデオを作った。私はこれが今のアメリカで最大の問題だと思う。もうこれ以上我慢はできません」

と多発する銃乱射事件と銃規制問題について言及したマドンナ。

「現実を見ること、残虐な行為を見ることで目が覚めるのです。これは本当に起きていることです。まさにこの通りなのです。「これを見て気分が悪くなる? それでいい。なぜならあなたもこれに対して何か行動を起こすでしょうから」。

またマドンナは母親として銃問題を心から不安に思っているとも語っています。

「今の時代の母親が抱いている恐怖を私も感じながら、子どもを学校に送り出している。母親としてこの世界のすべての子どもを守りたいと思い、責任を感じる。私たちが集まり、信仰し、学ぶ、かつては安全だった場所が銃撃の標的になっていることはとても怖いこと。安全な人は誰もいない。だから当然、私は母親として不安を感じます」。

一部のファンやマスコミからは

「描写が残酷すぎる」
「実際に銃撃事件を体験した人たちに対して無神経だ」

という批判の声も上がっています。

しかしマドンナは

「人が撃たれたときには、こういう状態になるということが言いたい。これが実際に起きるのだということを理解して。銃は人を殺すのです。弾はあなたの体を引き裂き、床に打ちのめし、あなたの命を奪い、死に至るまで血を流させるのです」。

ネットの声

「マドンナなの?!顔が、あまりにも変わり過ぎてて…悲」

「ウイルスの感染は平等かもしれないけど、かかって重症化した時に適切な医療を受けられるかどうかについては平等ではないと思う。」

「豪邸にこもって万全の対策ができる人と、感染が避けられない環境の人とでは平等とは言えない。最前線で慈善活動でもしてみたらそんなことは言えないはず。」

批判が多い…新型コロナウイルスは誰でも罹患する可能性があるから助け合って乗り越えよう…というメッセージだと思うのですが。

バスタブからのメッセージがマドンナらしいですね。

「God Control」は衝撃的でした。

おすすめの記事