24時間テレビでトラブル発生…いのっちのフォローが良かったよ!

生放送中にトラブル発生 井ノ原のフォローに「最高すぎる」「これぞプロ」

2020年8月22~23日に放送されたチャリティ番組『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)。

ジャニーズ選抜がMCを

同年のメインパーソナリティは、アイドルグループ『V6』の井ノ原快彦や『NEWS』の増田貴久、

『Kis-My-Ft2』の北山宏光、『ジャニーズWEST』の重岡大毅、『King & Prince』の岸優太という、

異なるジャニーズグループから選出された5人です。

23日の生放送中に起きたトラブルに対する、メインパーソナリティたちの行動が話題になっています。

マイクのトラブルで歌えなくなった重岡大毅に…

番組では、メインパーソナリティが一人ひとりソロで、夏の定番ソングを歌うという企画『おうちでサマー!テッパン夏ソングメドレー』を披露。

メインパーソナリティの1人である、重岡が、ロックバンド『プリンセス プリンセス』の人気曲『世界でいちばん熱い夏』を歌っていた時のことです。

重岡が持っているマイクの音が切れてしまい、歌声が途切れるというトラブルが発生しました。

すると、横にいた増田がすぐさま自分のマイクを手渡し、重岡さんは無事に歌い切ることに成功。

トラブルにみんなが対応

マイクを差し出そうとしたのは、増田だけではありません。

テレビ画面には、同じように重岡の元に駆け寄る、北山や岸の姿も映し出されていたのです。

また、重岡の次に歌唱予定だった井ノ原は、マイクを差し出そうとして踏みとどまり、周囲のメンバーの動きを即座に把握。

その場を動かず、様子を見ていました。

重岡が歌い終わると、次にソロとして自分が歌うのが歌手・あいみょんさんの楽曲だったため、いのっちは「いのみょんです、よろしく!」と笑いを交えてコメント。

「全員でトラブルのフォローに回った姿が、ほほ笑ましくてグッときた。」

「パッとマイクを差し出した増田さんはさすが。ほかのメンバーも駆け寄っていて、優しいなと思った。」

「トラブルに対して、一切顔に出さずニコニコと対処する井ノ原さんはすごい。」

「後先考えずに動かず、あえて動かないという判断をした井ノ原さんが、キャプテンそのものだった。」

マイクトラブルの動画はありませんがMCみんなのチームワークが良くて意外とまとまった24時間テレビでした。

特にいのっちが大活躍でしたね。

おすすめの記事