4月に入っても、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国的なマスク不足が解消されていません。

国内メーカーがそろって増産し、大手家電メーカーまで生産に参入する中、どうしてマスクはいまだに「買えない」のでしょうか。

24時間体制で増産

経済産業省によると、国内メーカーは24時間態勢で通常の3倍の増産を継続。

3月は中国などからの輸入を含め6億枚超の供給量を確保し、4月は7億枚超の供給を見込んでいます。

異業種のシャープも参入し、液晶ディスプレー工場のクリーンルームを使って1日約15万枚を国内生産しているのです。

一時横行した転売目的の買い占めは政府の規制で鳴りを潜め、ウイルス拡大で急減した輸入も順次回復。

全国マスク工業会によると、店舗への入荷頻度も増えているということです。

それでも店頭でマスクを見掛けない最大の理由は、際限のない需要増大です。

店舗に朝から行列ができる風景も珍しくなく、「売り場に置くと瞬間的に売り切れる」(同会担当者)状況が続いています。

生産・輸入されたマスクの全てが店頭に並ばないという事情もあるでしょう。

厚生労働省マスク等物資対策班の担当者は、「医療機関や高齢者向け施設、公共交通機関などマスクを優先的に必要としている所が多く、店頭販売に回るマスクは限られてしまう」と説明。

近く政府が全世帯に配る布マスクの活用を呼び掛けている状況です。

平時より高額なものの、「楽天市場」などの通販サイトでは、マスクの予約販売を受け付ける店舗も出てきています。

在庫を1枚当たりの価格で安い順に表示する「在庫速報.COM」というサイトも登場。

5日時点では、4月中旬発送で1枚50~70円程度が「相場」となっています。

自衛隊拠出の100万枚のマスク戻らず

河野太郎防衛相は3月27日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新品での返却を前提に自衛隊が民間に提供したマスク100万枚について、期限だった同日までに返却されていないことを明らかにしました。

防衛省幹部によると、災害派遣などの今後の活動に影響が出る可能性もあるため、自衛隊が自らマスクを製造する案も浮上しているということです。

河野氏は災害派遣など緊急時の対応について「大がかりな要請があった時は、考えなければいけない」と指摘。

自衛隊は保有する155万枚のうち、災害派遣の初動に必要な55万枚を残し、厚生労働省を通じて医療機関などに拠出していました。

返却は4月以降になる見通しということです。

布マスクには異論噴出

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、安倍晋三首相が表明した全世帯への布マスク2枚の配布について、河北新報社は3日、会員制交流サイト(SNS)の無料通信アプリ「LINE」を使い、読者らに意見を尋ねました。

送料を含め200億円を超す税金の使い道には異論や反論が相次いだのです。

「布マスクであれば家庭でも作れるし、世帯ごとに人数も異なる。置かれている実態と施政の乖離(かいり)が大きすぎる」

仙台市太白区の60代男性はこう疑問を投げ掛け、「まずは医療崩壊を防ぎ、地域の飲食店や非正規労働者など経済弱者の救済をしてほしい」と訴えたのです。

回答には、2枚という数と配布先について「病院や介護施設に回すべきだ」などと疑問の声も上がりました。

「「6人家族にたった2枚のマスクなんて要らない。人工呼吸器の購入など医療関係を少しでも補助して」
「マスク増産に充てて」
「緊急事態宣言を先に出してほしい」

など、優先順位が異なるとの声が多かったのです。

宮城野区のタクシー運転手の男性(39)は「お客さんが減って売り上げががた落ち。給料も減り生活に影響している」と一刻も早い手厚い支援を求めています。

「エープリルフールかと思った」「失望した」「愚策」という厳しい意見も多く、青葉区の男性会社員(61)は「ばらまき政策もここまで来ると喜劇。志村けんさんがわが国のリーダーに向かい『大丈夫かぁ』と叫ぶ声が聞こえそうだ」と皮肉っています。

一方、福島市の男性(71)のように「店に並んでも買えない状況のため、繰り返し使えるマスクは2枚でも大変ありがたい」と賛同する声もありました。

調査は「読者とともに 特別報道室」のLINEでお友だち登録している人に質問を送り、115件の回答。

施策目的 明確に/国立病院機構仙台医療センター(仙台市宮城野区)の西村秀一ウイルスセンター長の話

『布マスクはウイルスを含む細かい微粒子などを防ぐ機能は弱いが、(着用した人からの)飛沫(ひまつ)の広がりを抑える効果はある。ただ必要な対策が山積しており、今打ち出す施策として正しいかは別問題。何の目的でやるのか明確に示してほしい。』

ネットの反応

「単純計算で月36億枚なければ、毎日1人1枚使えるようにはならない。6億枚で同じ使用頻度が許容されるのは2,000万人。医療従事者はおよそ320万人。残り1,700万人には介護や保育の従事者、自衛隊員など優先使用すべき人達がいる。自分のところになど回ってくるはずもない。6億枚とはその程度だと理解している。」

「今日もドラッグストアには開店前から長蛇の列。国民に、たった2枚のマスクを配布するより買い占めの規制をするべき。台湾は政府が購入できるマスクを1人2袋として、購入する際に実名を書くようにし、買い占め防止の対策をしてました。それぐらいやらないと普通に仕事をしてる人は開店前から並ぶことなんてできないから、いつまで経っても、必要な人のところにはマスクがない状態が続くことになっていくと思います。」

「配ることは有難いが一世帯に2枚じゃあどうしようもないと思う。それならその分のお金をマスク製造の工事建築等の今後安定に提供できる環境に回して欲しい。今回終息してもこの先マスクは必ずの必需品になるだろうし。目先も大事だけど数年先も見据えないとまた同じ状況になり得る可能性は大きい。」

欲しいマスクすら手に入らないのですから、政府が何をしても文句が出るのはしょうがないところでしょうか。

現金給付はもう少し詳細がわからないと何とも言えないですね。

おすすめの記事