困ったときに頼りになるのが消費者金融。

大手もいいけど、審査が不安…そんなときは街金が頼りになりますよ。

銀行と消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要な場合は、銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
両者を比べると、金利の低い銀行からお金を借りるのが得策です。
金利が低いと返済利息も安くなるので、返済が少しでも楽になるからです。

また、消費者金融会社は昔のサラ金のイメージを持つ人も少なくなく、できるだけ借りたくないという人も多いのです。
ですから、銀行か消費者金融会社かどちらかというときは、迷わず銀行から借りるといった選択肢をとるようにしましょう。
サラ金というのは、今でも消費者金融会社を表現するときの代名詞的な言葉となっていますが、今から20年前や30年前は、もっと頻繁に使われていた言葉です。

当時のサラ金、借金した人に対して取り立てが厳しくて、あまりの取り立ての厳しさから、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中と言った事件まで起こっていたのです。
日本では昔から、借金をするほうが悪い、借金をするなら自己責任でという風潮が強く、借金に対しての厳しい取り立ても黙認されていた上京も否定できません。
借金をする人のほうが悪と思われていたのです。

ですから、そういった経緯からサラ金に借金をしていても隠したい人が多く、それがまた、借金を陰湿なものとしていったのです。
それでも、契機となったのが、「内蔵を売ってでも金を作れ」といった苛烈なまでの取り立てです。
それまでも、サラ金の厳しい取り立ては問題視されていましたから、そういったことが積み重なり、「内蔵を…」といったことが契機となって、徐々にサラ金に対する取り締まりが厳しくなっていったのです。

その中でも大きな取り締まりが、グレーゾーン金利の撤廃です。
それまでは、出資法と利息制限法という二つの法律の間で、上限金利が違っていて、その金利差をグレーゾーン金利といって高利貸しの要因となっていたのです。
それを、より金利の低い利息制限法に上限金利を合わせることになったのです。

そして、それだけでは終わらずに、それまで高金利で取り立てていた、返済利息を新しい上限金利で引き直して、取りすぎていた利息分を過払い分として請求できるようになったのです。
自分から申告しなくてはいけないので、周知徹底するために、テレビやラジオなどで連日のように放送されていたので、ほとんどの人が知っていることでしょう。
過払い請求をすることで、今度はサラ金のほうが取り立てられる側にまわったのです。

そして、厳しい過払い請求に耐えられずに、経営破綻から廃業するサラ金が続出しました。
往時には3万社を超えるサラ金があったということですが、現在は2千社未満ということで、どれだけ消費者金融会社が淘汰されたのかがわかるというものです。
さらに総量規制などもはじまり、消費者金融会社は、まっとうなところしか残らなかったというのが正しいところでしょう。

銀行カードローンは、誰でも手軽に借りることができるものではありません。
銀行カードローンを借りるにも、審査が必要でその審査に通らないと、銀行カードローンを利用することはできないのです。
審査に通るには、ある程度の属性の高さが必要になります。


属性というのは、その人の信用度とか返済能力、お金の借りやすさなどを表す指標となるものです。
属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。
雇用形態は、正規雇用と非正規雇用に分けられます。

正規雇用はいわゆる正社員のことで、いっぽうの非正規雇用は、パートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、雇用形態は収入の多い少ないといったものではなく、会社から雇用が保証されているのかどうかということです。
どちらの雇用形態でも雇用契約を働く以上は、会社と労働者の間で結ぶことになります。

正規雇用の場合は、入社から定年までが雇用契約の期間となります。
つまり、雇用が入社から定年までの間、会社から保証されるのです。
いっぽうの非正規雇用の場合の雇用契約は、有期契約となります。

期間は、3ヵ月あるいは6ヵ月、1年といった期間となります。
その期間は、雇用が保証されているのですが、更新時期が来たら、会社が更新に応じなければそこで退職となります。
これを雇い止めと呼んでいるのですが、この部分を銀行から見ると雇用が安定していない、すなわち収入が安定していないということになり、属性が低く、銀行カードローンの審査に通りにくいということになるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から集めた預金ということが大きいです。
大切な預かり金を銀行は、さまざまな形で運用して収益を上げています。
そして、預金者からの預かり金は、いつでも引き出せるようにしておかなければいけないので、カードローンで貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。

そのため、リスク回避として銀行は保証会社と提携しています
ですから、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行だけではなく、保証会社からも審査を受けることになります。
当然ですが、保証会社の審査にも通らないと、銀行カードローンを利用することはできません。

保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、残りの債務の全額を保証会社は、カードローン利用者に代わって銀行に支払います。
そして、改めて保証会社が立て替えたお金は、カードローン利用者(債務者)に請求することになります。
この時点で、債務整理に入っていますから、保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入るのです。

銀行は、原資が戻ってきたのでノーリスクとも言えるのですが、返済不能以降の収益が無くなったのですから、まったくのノーリスクとはいえないでしょう。
また、銀行カードローンのデメリットとして、即日融資に対応していないことがあげられます。
一頃は、メガバンクを中心にしてカードローンの即日融資を大々的に宣伝していたのですが、今ではそういった宣伝広告を見ることはありません。

というのも、銀行カードローンは即日融資ができなくなったからなのです。
理由として、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたことがあげられます。
不正融資を防止する施策なのですが、カードローン申込者の情報を警察庁のデータベースに照会するのですが、その照会情報を得るのが早くても翌日以降になるのです。

そのため、物理的に銀行カードローンの即日融資は、不可能となったのです。
ですから、すぐにでもお金が必要だというときは消費者金融会社に頼るしかありません。

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に通らなければ、後は大手消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。
大手消費者金融会社のカードローンは、銀行カードローンの受け皿的な存在となっているのです。
大手消費者金融会社のカードローンの審査通過率は、50%とされています。

思ったよりも通過率は悪いような気がしますが、銀行カードローンの審査に落ちた、多少は属性が悪くなっている人が、大手消費者金融会社のカードローンに申し込みをするので、審査通過率が下がっているということです。
大手消費者金融会社のカードローンの申し込み方法で、話題になっているのがWEB完結です。
郵送物が一切届かない申し込み方法として、評判となっているのです。

他にはやはり、全国各地に設置されている無人契約機です。
24時間365日稼働しているもので、いつでも申し込みができるのが、最大のメリットとなっているのです。
そして、即日融資にも対応しているので、その日の22時までに申し込みを行って審査に通ることができれば、すぐにでもキャッシングができるのです。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社は、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社だけではありません。
というよりも、2,000社近くある消費者金融会社のうち大手消費者金融会社は、数社程度ですから、数の上では消費者金融会社の多くは、中小消費者金融会社と街金で占められているのです。
そして、カードローンといえば、大手消費者金融会社の専売特許と思われがちですが、一部の中小消費者金融会社も全国規模のカードローンを扱っているところもありますし、北海道の中小消費者金融会社では、北海道のみに限定してカードローンを取り扱っているところもあります。


中小消費者金融会社の範囲は幅広く、カードローンを扱うような業容の大きな中小消費者金融会社があるかと思えば、街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあります。
いずれも、特徴をもった貸金業を営んでいる中小消費者金融会社が多いのです。
街金は、街のたばこ屋に近い感覚で、昔の質屋がそのまま貸金業になった形と思ったらイメージがしやすいでしょうか。
地域に特化しているので、ホームページで宣伝する必要もないので、街金で借りるなら住所と電話番号を頼りに行くしかないようです。

審査の甘いカードローンてある?

銀行カードローンでは、激甘なカードローンというのは存在しません。
むしろ厳しいと考えたほうがいいでしょう。
いっぽうの大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社が取り扱っているカードローンも、消費者金融会社のローンの中では、審査に厳しいものです。

激甘というのがどのような属性でも、融資を受けることのできるカードローンと考えているようでしたら、激甘なカードローンというのは存在しないと考えていいでしょう。
たとえば、他のローンで延滞歴があるようでしたら、新規のカードローンの申し込みをしても、審査に通ることはありません。
そういった金融事故情報は、信用情報機関を通じて、どこからでも照会できるからです。

延滞といってもすぐに返済したけど…そういった場合でも、期日に返済できなかったのは重大な契約違反となります。
返済不能が最たる金融事故なのですが、そのはじめの一歩が延滞から始まることを考えると、延滞というのがどのように重大なことかわかると思います。
借金壁のある人は、特にその重要性がわかっているので、最後まで延滞しないように借金の返済のために借金を繰り返し、結果として最後は、にっちもさっちもいかないような借金を抱えて返済不能となってしまうのです。
いずれにしても、激甘カードローンというのは、存在しないということを認識しておいたほうがいいでしょう。

少しでもカードローンを借りやすく

カードローンの審査基準は厳しいものです。
属性に不安のある人、延滞歴のある人でしたら、審査に通らないでしょう。
それでも、少しでも審査通過率を上げる方法としては、希望融資額を出来るだけ下げるのです。

希望融資額を10万円程度にすると、カードローンの審査に通る可能性もあります
この場合は大手消費者金融会社よりも、中小消費者金融会社でカードローンを扱っているところに融資の申し込みをするようにします。
カードローンにこだわりがなければ、10万円の少額融資でしたら、通常ローンで街金などから借りることができるでしょう。
街金の融資額も10万円が基本となります。

ネットの声

「まとめる前提で大きい金額出るならスペースの一択。他は実績積まないと50万以上は出てこないよ」

「俺は散々借りるとこなくて何十件申し込んで、スペースでOKもらったぞ。ネットじゃなくて電話でお願いした」

「債務整理後でブラックOK、在籍一年未満は門前払い、破産OK、来店可なら即金だし、借りた翌日から闇金DM・090金融TELくるなどの口コミあり」

ネットでの申し込みよりも直談判のほうが効果大です。

おすすめの記事