お金を借りるには誰もが真っ先に銀行が頭に浮かぶのではないでしょうか。
銀行よりも先に消費者金融会社を思い浮かべる人もいないでしょう。
しかし、銀行からお金を借りるのは意外と難しいというのは誰もが思っていることではないでしょうか。

お金を借りるには

銀行カードローンは金利も低く借りやすいローンでもあるのですが、借りるにも審査があるのでその審査基準が銀行カードローンでは厳しいとされているのです。
銀行も商売ですから、お金を貸したいと考えています。
しかし、信用力の低い人には貸せないといのが銀行のポリシーとも言える部分なのです。

信用力というのは業界用語的な言葉で属性という言葉で表すことがあります。
この属性が高いと銀行もお金を融資しやすく、属性が低いと融資をしてくれないのです。
属性の高い低いというのは、勤務形態や勤務しているところ、さらには勤続年数などによって大きく変わってきます。

例えば、大企業に勤務している、あるいは公務員であれば属性は高くなります。
これはかなり高いといってもいいでしょう。
また、勤務先は中小企業であっても勤続年数が長くて収入が安定していればこれも属性が高くなります。

また、年齢が若い、自宅が持ち家なども属性に関わってきます。
一方で他に借入れがある場合は属性が低くなります。
特に消費者金融会社のカードローンが3件以上あれば属性が低いどころか融資を受けることはできないでしょう。

銀行はお金を貸したいのですが、属性を特に重視しています。
その理由の一番は預金者からお金を預かっている関係上、貸し倒れを極端に恐れているという事情があるのです。
貸し倒れはそのまま損失になりますし、銀行は信用が第一ですから、貸し倒れが多くなると信用度も大きく下がってしまいます。

そのようなことから銀行カードローンなどは審査基準が高く、属性の高い人でないとなかなか審査に通ることができないのです。
このあたりの事情はしっかり頭に入れておいたほうがいいでしょう。
もっとも、他に借入れが無く、カードローンの申し込みが初めてというのでしたら、銀行カードローンの一択となります。

属性も低くありませんから、まず始めに借りるとなると銀行カードローンになるのは間違いありません。
銀行にとっては、属性の高い人ほど返済リスクの少ない人となるのです。
そのあたりもしっかり頭に入れて、最初の融資の申し込みは銀行カードローンにしたいところですね。

頼りになるのは消費者金融会社

銀行からお金を借りるのが難しいときに、借入れできるところとしたら消費者金融会社のカードローンになるでしょう。
もちろん借りるにも銀行と同じように審査が必要になります。
この審査ですが、消費者金融会社の多くも銀行と同じように信用情報機関に加盟していて、その信用情報機関に融資の申込者の与信情報などを照会して、得た信用情報から審査を行っています。

その信用情報にはどこそこからいくらかりて、月々いくら返済しているといった情報もわかるようになっているのです。
ですから、他からの借入れがどのくらいあるのかということもわかりますから、多重債務者など他社借入れが多い人は審査に不利となるのは間違いありません。
すぐにでもキャッシングしたいというときに属性が低ければどこも融資をしてくれないということになります。

多くの人は属性に良いときに銀行ローンなどを利用していることだと思います。
そのときの借入審査も問題なく通ることでしょう。
他からの借入れがあるのは嫌がられるのですが、唯一住宅ローンは不問とされています。

まるっきり気にしないということでもないのですが、住宅ローンの場合は保証会社などが債務を肩代わりしてくれること、保険に入っているなどの関係で、多重債務の借入件数の中に含まれないのです。
また、消費者金融会社の中には事故情報のあるいわゆるブラック状態の人にも融資をしてくれるところがあります。
前述した信用情報機関に加盟していない消費者金融会社も少なくなく、現状の属性のみの独自審査で融資を行っている消費者金融会社があるのです。

実際にブラックの人の借入審査で審査に通った人もいます。
そういった情報は口コミサイトなどで目にすることができます。
ブラックで審査に通った人は融資を受けた消費者金融会社の名前を出していることもあるので、属性が低くてどこからも貸してくれない人でしたら、そういった口コミ情報を頼って消費者金融会社に連絡するのもいいでしょう。

消費者金融会社などの貸金業者には総量規制という借金の金額の規制があります。
これは年収の3分の1までしか借入れできないという規制です。
例えば年収が300万円の人でしたら、消費者金融会社からの借入れのトータルは100万円を超えてはいけないことになっているのです。

この場合においても銀行から借りる分には関係なく借りることができます。
ですから、銀行ローンは関係ないので、消費者金融会社からお金を借りる前にはできるだけ銀行カードローンからお金を書いておいたほうがいいのです。

消費者金融会社なら貸してくれる

消費者金融会社にも大手と呼ばれる消費者金融会社から中小消費者金融会社、もっと小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社があります。
知名度の高いアコムやプロミス、アイフルにレイクなどは全国的な知名度もある大手消費者金融会社になります。
そういった大手消費者金融会社となると、審査基準も消費者金融会社全体の中でも厳しい部類となります。

銀行ほど厳しくはないという人も多いのですが、総量規制の問題もあって、大手消費者金融会社からは借りることができなくても、銀行カードローンの審査に通ったという人もいるのです。
一般的には銀行カードローンの審査に通らない、つまり銀行からお金を借りることができない人は消費者金融会社のカードローンや通常のローンに頼らざるを得なくなります。
消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社は銀行ほどではないにしても審査が厳しいので、そこで借りることができない人はさらに中小消費者金融会社、さらには街金に頼ることになるのです。

実際に街金でお金を借りるといった契約書を結ぶとなると、その人の属性はかなり低いことが予想されます。
銀行や大手消費者金融会社などの借入れ額が限度額一杯になっていたり、延滞や滞納を繰り返している人です。
延滞から返済不能になった場合は例外なく事故情報として取り扱われるのでその人はブラックということになります。

そうなるとますますどこの消費者金融会社でもお金を借りることはできないでしょう。
唯一中小消費者金融会社の一部や街金がお金を貸してくれる程度となるのです。
全ての人がそうというわけではありませんが、街金からお金を借りている人はそういった人も少なくありません。

属性に問題がなければ大手消費者金融会社で借りるほうが金利が安いですから街金で借りる必要はないのです。
お金の価値は銀行でも大手消費者金融会社でも街金でも変わりません。
ですから、どこで借りてもいいのでしたら金利の低いところから借りるのが一番いいからです。

街金は上限金利一杯で貸し出すことが多く、ほとんどの街金は年利が20%で貸し出しをしているのです。

クレジットカードやローンカードは作れる?

ローンカードというのはカードローンを借りている人に付いてくるカードです。
銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンにはもれなくローンカードが付いてきます。
消費者金融会社のカードローンは大手消費者金融会社と中小消費者金融会社の一部で取扱が行われています。

このローンカードやクレジットカードといったカードを手に入れるには、審査が必要になります。
そのため、街金でお金を借りている自体はいいのですが、その過程が問題となるのです。
通常街金でお金を借りるということは、銀行や大手消費者金融会社、さらには中小消費者金融会社などからお金を借りることができなかった人が街金を利用するのです。

ですから、カードローンなどの審査をするときに、信用情報機関に照会し、申込者が街金からお金を借りていることがわかると、場合によってはその場で審査打ち切りとなる場合もあります。
これは、審査対象者が審査に落ちた理由を銀行などの金融機関、さらには消費者金融会社などの貸金業者は公表していないので、わからないのですが、街金で借りていると言う自体がすでに事故情報と判断されるか、融資する側、いわゆる債権者側の心証が悪くなるからです。

お金を融資する場合では、信用がとても大切になります。
申込者については返済能力を求めるのですから、街金で借りていることがそのまま返済能力が低いのではということになってしまい、審査に落ちることとなるのです。

街金で借りていると不利になる

街金で借りるという場面を想像してみると、商店街の一画に街金があって、普通のサラリーマンがふらっと街金に入ってお金を借りると言う場面は想像できないのが一般的です。
お金を借りるのでしたら、街金よりももっと上の消費者金融会社ですし、銀行であったりするのです。
ですから、カードローンの審査をしているときに街金からお金を借りているというのは、ネガティブな情報として心証も悪いですし、その場で審査打ち切りとなる可能性はとても高いです。


くれぐれもヤミ金には注意してください。

現在の属性が良くても延滞情報があったり、それ以前の履歴が消えている場合は、過去に金融事故があったのではという疑いもかけられてしまうのです。
街金でかりているというネガティブな情報でしたら、少なくとも銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。
以上のことから、街金でお金をかりている場合はカードを作ることはできないと考えたほうがいいです。

同様にクレジットカードを作る場合でも、街金で借りていたというのがネックとなってそこで審査打ち切りとなる場合が多いでしょう。

おすすめの記事