分かりにくい審査基準…しかし街金ならなんとかしてくれるかも…そんな期待を持たせてくれるんです。

お金をすぐに借りるには

まとまったお金が必要なときは銀行や消費者金融会社からお金を借りるしかありません
どちらから借りるのが正解かというとやはり金利の低い銀行から借りるのがセオリーです。
お金の価値というものはどこで借りても変わりはありません。

ですから、少しでも金利の低いところから借りたほうが返済利息が低くて返済が楽になるからです。
それと消費者金融会社から借りるのはなんとか遠慮したいという心理状態もあるのです。
消費者金融会社をいまだにサラ金というイメージで捉えている人も数多くいます。

借りる人はそれほど気にしていないと思いますが、自分以上に周りのほうが神経質になっていることが多いのです。
ですから、消費者金融会社でお金を借りるとそれがバレるわけではないにしても、何かの拍子で知られてしまうこともあるかもしれません。
銀行でお金を借りているというと、前向きに捉えてくれる人がほとんどなのですが、消費者金融会社でお金を借りているということになると、お金に困っているとか、借金がかさんでいるといったように負のイメージしかもたれないことが多いのです。

ですから、消費者金融会社よりは銀行でお金を借りたほうがいいということです。
消費者金融会社がサラ金と呼ばれていた頃は、厳しい取り立てなどが連日テレビなどで報道されていました。
一家離散や夜逃げ、一家心中など暗い話題が多かったのはバブル期から2000年を過ぎたあたりまででしょうか。

一連の報道などで消費者金融会社に対する世間の風当たりが強くなったのはいうまでもありませんし、高金利なども問題視されたのです。
その結果として高金利の温床となっていたグレーゾーン金利が廃止され、上限金利が20%となったのです。
それだけではなく、過去に遡って20%以上で返済利息を徴収していたのを債務者に変換するといった過払い請求が認められたのです。

これは法律ですから、それまで法外な金利手数料すなわち返済利息を払っていた人は新しく決まった、金利手数料との差額を消費者金融会社が債務者に返還しなくてはいけなくなりました。
債務者が声をあげて請求しなくてはいけないので、テレビやラジオなどでは連日のように過払い請求を促すような放送があったのは、いまだに目や耳に新しいのではないでしょうか。
これは消費者金融会社の経営を揺るがすような大事件であったのは間違いなく、一時は3万社を越える消費者金融会社があったのですが、現在は2,000社を切るくらいに消費者金融会社の数は減少しました。

過払い請求が大きな負担になったのは間違いなく、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社も経営破綻するくらいですから、貸金業界の中でも大きなビックバンが吹き荒れた時代だったのです。
また、消費者金融会社からの借りすぎを防止するために総量規制が始まり、これは年収の3分の1間でしか借り入れできないという借り入れの上限を設けたものです。
年収の半分以上の債務のある人のほとんどが返済不能から債務整理に陥っていることを考えたら妥当な処置であったのは間違いありません。

そういったことから、消費者金融会社よりも銀行からお金を借りたほうがいいのは間違いありません。
そうなると消費者金融会社のカードローンよりも銀行カードローンということになるのですが、誰でも気軽に銀行カードローンを借りることができるわけではありません。
というのも銀行カードローンの審査基準が厳しく属性の高い人でないと審査に通らないからです。

この属性というのはお金の借りやすさや返済能力を計る指標です。
属性はさまざまな項目から構成されています。
その中でも属性の高さを大きく左右するのが雇用形態なのです。

雇用形態は正規雇用と非正規雇用の二つに大きく分けることができます。
正規雇用はいわゆる正社員ということです。
いっぽうの非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。

正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、その理由となるのは収入が多い少ないということもあるのですが、一番の理由は雇用が会社から保証されているかいないかということです。
正規雇用の人は雇用が会社から保証されています。
雇用契約を入社時に取り交わしたと思うのですが、入社していこう雇用契約の更新といったものはないでしょう。

いっぽうの非正規雇用となると、雇用契約が有期になります。
すなわち3ヵ月ごとあるいは6ヵ月ごと、さらには1年ごとといった雇用契約の更新が必要です。
会社が雇用契約を更新しなかったらそこで退職ということになります。

ですから、雇用契約を結んでいる間は雇用が保証されていてもそれが定年まで続くということはありません。
そのため、銀行から見ると非正規雇用の人は収入が安定していないと見られるわけです。
それが属性が低い理由ということですね。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、口座開設者から預かったお金が銀行カードローンの原資であることも大きいです。
大切な預かり金ですから貸し倒れに遭うわけにはいきません。
そのため銀行ではそういったリスク回避に審査基準を厳しくしているのです。

さらに、二重の対策として、銀行と提携していえる保証会社の審査も受けなくてはいけません
つまり、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の審査の他に保証会社の審査も受けなくてはいけないのです。
保証会社の役割というのは、カードローン利用者が返済不能となった場合、カードローン利用者に代わって残りの債務をすべて銀行に返済します。

その後、カードローン利用者(債務者)に立て替えたお金を請求するのです。
そのときはすでに債務整理状態になっていますから、任意整理での交渉に入り、これから、どのように返済していくのかを話し合うことになります。
また、銀行カードローンのデメリットとして、カードローンの即日融資ができないのです。

これは、従来の審査に加えて警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけないのです。
不正融資を防止する施策のためなのですが、警察庁のデータベースにアクセスし、信用情報の照会情報を得るのが早くても翌日以降ということになるので、物理的に銀行カードローンの即日融資ができなくなってしまいました。
一時はメガバンクを中心に即日融資を大々的に宣伝していたので、今はまったくそのような宣伝を見なくなったのはそのためです。

ですから、即日融資でいますぐお金が欲しいというときは頼りになるのが消費者金融会社のカードローンということになるのです。

消費者金融会社のカードローンからお金を借りる

銀行カードローンの審査に通らなかった場合は、消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。
ただし、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに大手キャッシング会社のカードローンに融資の申し込みをしてもすぐに審査落ちになってしまう場合は、申し込みブラックになっているケースが多いのです。
これは、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに他のカードローンなどに申し込みをすると、信用情報機関に審査落ちが記録されているので、その情報を照会することで、金融事故として認識されるので即審査落ちとなってしまうのです。


銀行カードローンの審査に落ちたときは6ヵ月待つと、審査落ちの情報が消えるのでそこまで待ったほうが無難です。
すぐにお金が欲しいときにかなり辛い状況ですが、いたずらに融資の申し込みをしても審査落ちになるのがオチですから、我慢するしかありません。
消費者金融会社のメリットは多彩な申し込み方法にあります。

店頭やWEBでの申し込みはもちろんなのですが、提携しているメガバンクの行内にある自動契約機での申し込みができますし、やはり大手消費者金融会社の特徴となっているのが全国各地に設置している無人契約機です。
24時間365日稼働している優れもので、即日融資にも対応していてその日の22時までに手続きを終えて審査に通ればすぐにローンカードが発行されるので、もよりのコンビニATMでキャッシングすることができます。
最近では、カードローンでありながらローンカードのないカードレスのサービスも行っています。

スマホが対応していることが条件ですが、スマホで入出金が可能になるというものです。
カードレスというのは秘匿性の意味でもかなり大きいと言えるでしょう。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社の中で、大手消費者金融会社のカードローンがもっとも審査基準が厳しくなります。
それから、中小消費者金融会社、さらには街金といった順番になります。
大手消費者金融会社でもパートアルバイトの人でもお金を借りることができるので、審査基準は十分に低いと思っている人も少なくないでしょう。

しかし、大手消費者金融会社のカードローンの審査通過率は50%ということです。
つまりは2人に1人は審査に落ちているということです。
銀行カードローンの審査に落ちた人が大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしているので、もともと属性の低い人が集まっているのですが、それでも審査通過率が5割というのはかなり衝撃的です。

そうなると審査NGとなった人は、中小消費者金融会社あるいは街金に融資の申し込みをすることになります。

ブラックでも借りれる?

中小消費者金融会社には業容に幅があります。
上は業容が大手並みのところもありますし、下は街金に毛が生えたようなところもあるのです。
一部ではブラックでも借りることができたという口コミサイトの書き込みがあります。

そういった消費者金融会社は、独自審査を行っているところです。
これは、信用情報機関を通さずに審査を行っているところで、現在の属性のみを重視している消費者金融会社です。
中小消費者金融会社でも業容の小さいところが多く、さらに街金などが独自審査を行っています。

また、借りやすい中小消費者金融会社といわれているところは、独自審査を行っているところと考えていいでしょう。
独自審査はシンプルで、電話による在籍確認が取れること、さらには収入証明書などの書類の提出ができることが条件です。
仕事をしているかどうかということで審査に通るか通らないかが決まると考えていいでしょう。

街金の審査基準は緩い?

街金の多くはホームページを開設していません
特に全国に向けて情報発信する必要もなく、街の貸金業者というスタンスでいいからです。
融資金額も最高で10万円というところが多く、これは、総量規制でも誤差の範囲で貸し出しができる金額だからです。


おおっぴらにされているわけではありませんが、総量規制にかかるくらい借りている人は、毎月の返済額も多くなっていることでしょう。
一月や二月で優に返済額が10万円になることでしょう。
そうなると、10万円は単純に新しく借り入れできるということなのです。

ですから、総量規制に関係なく、街金ではお金を借りることができるというわけです。
街金の場合審査基準が緩いと評判ですが、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点は注意したほうがいいでしょう。

ネットの声

「ネットで言うほど審査時間はかかりませんでした。申込から融資まで3日です。色々掘り下げて来ますがきちんと答えれば、しっかり応えてくれますよ。」

「ここのスタッフは本当に優しいです。電話では今まで出会ったことのない優しさでした。どんなことがあっても期日までにお支払いし信用を築きたいと思います。」

「拷問じみた内容は、法にひっかかる可能性あるよ。おれ、聞かれて、そこまで何で言う必要あるんや?プライバシー保護法てあるのしってる?て聞いたら、あっさりと、すみませんだって。」

確かに根掘り葉掘り聞いてくるところもあるんです。貸す方も不安なので、そこも乗り越えなくてはいけないのですが…。

おすすめの記事