街金と聞くと消費者金融会社の中でもさらにイメージが悪そうです。

しかし、街金はすごく頼りになるんですよ

お金を何とかして調達したい

すぐにでも、お金が必要なときはどうしたらいいでしょうか。
必要なお金が3万円程度でしたら、友人知人からお金を借りるのが一番手っ取り早いでしょう。
もちろん、友人知人がお金を貸してくれなければどうしようもないのですが、3万円程度のお金でしたら、財布の中に入っていても不思議ではありません。

友人から借りるのですから、ATMでわざわざ引き出してしまで借りることは避けなければいけません。
あくまでも、財布の中にあるお金を借りるようにしましょう。
いわゆるポケットマネーというものです。

昔ながらの友人ですから、困ったときはお互い様です。
いつでもどこでも、友人が困っていたら、すぐにお金を用立てしてくれることでしょう。
借りる側は、借用書を用意するようにしましょう。

普通でしたら、貸す側が借用書を用意するのですが、友人への貸し出しですから、気が引けてしまうのです。
そういう気持ちを察して、借りる側で借用書を用意しましょう。
何を水くさいと言われそうですが、親しき仲にも礼儀があったほうがいいです。

そちらのほうが、後々困ったことがあったときでも円滑に対応できるでしょう。
借用書には、次の給料日に一括で返済する旨の文言を書いておきましょう。
間違っても、分割で返済するようなことを書いてはいけません。

友人がすぐにお金を貸してくれたのですから、借りる側も最優先で一括で返済するようにしなくてはいけません。
それが、すぐに用立てしてくれた友人に対する最低限のマナーなのです。

3万円程度のお金が必要だったら、家にある不要品を買い取りしてもらうようにしましょう。
買取り業者を家に来てもらって、不要品の買取りを依頼するのです。
不要品ですから、買取値も安いものでしょう。

中には、買取値が付かないものもあると思います。
そのときでも、不要品を処分してくれるので、不要品の処分のほうを優先してもいいでしょう。
数多く買取してもらうと、それだけでも1万円あるいは2万円程度にはなるでしょう。

それでも、まだまだ目標金額には届いていませんから、そのときは書籍やコミックの買取をしてもらいましょう。
人気コミックの全巻が揃っているようでしたら、それだけでも高価買取りとなります。
また、書籍についても、ベストセラーよりもレア本の方が高価買取りとなります。

書籍やコミックを多く買取してもらうだけでも、目標金額の3万円に楽々届くことでしょう。
いずれにしても、書籍やコミックの買取は、本の価値の分かる古本屋などに依頼するようにしましょう。
買取りはかなり有効なのですが、何度も利用できないのがデメリットなので、ここ一番というときに利用するようにしましょう。

3年から5年くらいしたら、また不要品や書籍も増えるでしょうから、またそのときに買取りをしてもらうようにしましょう。

友人からの借り入れや不要品の買取りがうまくいかないときは、自分の力でお金を稼ぐようにしましょう。
すぐに必要なので、日払いのバイトをするしかありません。
男性でしたら、ガテン系のバイトくらいしかないのですが、建築現場などの肉体労働になるので、体力勝負となります。

体力に自信がないとバイトもうまくできないので、体力に自信のないひとはガテン系のバイトはパスしたほうがいいでしょう。
また、仕事をする場合は、ヘルメットや作業着、安全靴などは自前となります。
一見無駄なようにみえますが、災害の多い国ですから、ヘルメットに作業着、そして安全靴はあったほうがいいでしょう。

すぐにバイトもできますし、ボランティアにもそのまま出かけることもできます。
ガテン系のバイトですから、ケガにも十分注意するようにしましょう。
労災保険の加入や雇い主の義務なのですが、日払いのバイトにはかけてないこともあるので、事前に労災保険に加入してくれているのかを確認しましょう。

慣れないガテン系のバイトで、ケガをして労災保険に入っていなければ、治療費は自分持ちとなります。
バイト料よりも高く付く場合もあるので、労災保険の加入の確認が取れないときは、バイトを断念したほうがいいでしょう。

他には、クレジットカードがあれば、クレジットカードのキャッシングを利用します。
クレジットカードのキャッシングは、利用したことがないという人も少なくないと思います。
コンビニATMなどで、キャッシュカードと同じように利用することができるので便利です。

気をつけたいのは金利手数料です。
ショッピングが翌月一括払いで、金利手数料がかからないので、キャッシングも同じと思ってはいけません。
キャッシングの翌日から金利手数料が発生します。

ですから、それを見越した金額を引き落とし口座に用意しておきましょう。
人によっては、口座には毎月光熱費などの引き落とし分しか、用意していない人も少なくありません。
それでは、急なキャッシングの利用分が、引き落としできないかもしれません。

うっかりミスなのですが、それでも延滞は延滞となるので、クレジットカード会社によってはすぐに利用停止とする場合もあります。
そうならないためにも、口座管理はしっかりとしておきましょう。
クレジットカードのキャッシングの金利手数料は、高いのでできるならキャッシングは利用したくないのが本音です。

銀行と消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要なときは、銀行か消費者金融会社からお金を借りるしかありません。
どちらかいっぽうということになると、やはり金利の低い銀行から借りるほうがセオリーです。
もっとも、銀行カードローンは審査基準が厳しいので、誰でも気軽にお金を借りるということができません。

審査に通るには、ある程度の属性の高さが必要になるからです。
この属性というのは、信用度やお金の借りやすさ、返済能力を測る指標のようなものです。
属性が高いと審査に通りやすく、属性が低いと審査に通りにくくなるのです。

属性は様々な項目で成り立っていて、たとえば居住状態だと、持ち家と借家で属性が違いますし、雇用形態も正規雇用と非正規雇用で違ってきます。
同じ正規雇用でも、勤続年数によって属性に差が出てくるのです。
こういったように多くの項目で属性が決まってくるので、項目を数値化して属性を数字で表すことをスコアリングと呼んでいます、この数値がある程度の数だと審査に通り、低いと審査に落ちるといった審査方法をとっているのです。

銀行カードローンの審査基準が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいです。
大切な預かり金をカードローンの原資にしているのですから、貸し倒れに遭うわけにはいきません。
ですから、審査を厳しくして貸し倒れに遭わないようにしているのです。

さらに、リスク回避として保証会社と提携しています。
銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の他に保証会社からの審査も受けるようになるのです。
当然ですが、保証会社の審査にも通らないと、銀行カードローンを利用することはできません。


保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能になると、保証会社が残りの債務の全額をカードローン利用者(債務者)に代わって銀行に支払うのです。
後で立て替えたお金は、保証会社(債権回収会社)が債務者に対して請求することになります。
すでに債務整理に入っているので、そこから債権回収会社と債務者の間で、任意整理の交渉が始まるのです。

こうしてみると、銀行はまったくのノーリスクに見えます。
しかし、原資の回収はできても、返済不能以降の返済利息による収益がなくなるので、まったくのーリスクというわけにはいかないのです。
銀行カードローンのデメリットとしては、即日融資ができないことです。

一頃の銀行カードローンは、メガバンクを中心にして即日融資を大々的に宣伝していました。
しかし、現在はそのような宣伝を見ることはできませ。
というのも、即日融資ができなくなったからですが、その理由は、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたからです。

不正融資を防止するための施策なのですが、銀行カードローンの融資の申し込みを受けると、警察庁のデータベースに利用者の情報を照会します。
その照会情報を得るのが早くても、翌日以降になってしまうのです。
ですから、物理的に銀行カードローンの即日融資は、不可能になったということです。

すぐにでもお金が必要なときは、消費者金融会社に頼るしかないということですね。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンからお金を借りることができない場合は、大手消費者金融会社のカードローンに頼るようにしましょう。
銀行カードローンと比較して、審査基準も緩くなっていますから、属性に不安のある非正規雇用の人でも審査に通ることは可能です。
大手消費者金融会社の特徴は、多彩な申し込み方法にあります。

WEBや店頭での申し込みはもちろん、電話での申し込みもできます。
メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置されている自動契約機からカードローンの申し込みができます。
さらに、大手消費者金融会社の大きな特徴が、全国各地に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働しているすぐれもので、即日融資にも対応しています。
当日の22時までに申し込み手続きを済ませて、審査に通ればローンカードが発行されるので、それをもって最寄りのコンビニATMに行けばキャッシングできるのです。

中小消費者金融会社や街金で借りる

消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社のカードローンは審査が厳しいです。
延滞歴もある人やさらにブラック多重債務者などは、審査に通ることはできないでしょう。
ブラックというのは、債務整理に陥っている人のことで、債務整理になるということは返済不能になったということですから、そういった人は大手キャッシング業者の審査には通らないのです。

中小消費者金融会社は審査基準が緩く、大手キャッシングの受け皿的な存在になっているので、審査に通りやすいでしょう。
それでも、ブラックとなるとすぐに審査NGになる中小消費者金融会社があるかと思えば、少額融資なら対応してくれる中小消費者金融会社もあります。
それは、信用情報機関を通さない独自審査を行っているところです。

一部の中小消費者金融会社や街金は、独自審査を行っているので、審査内容もシンプルで、電話による在籍確認は収入を証明できる書類提出で審査に通り、お金を借りることができるのです。
もっとも、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意が必要です。

街金はブラックでも借りれる?

消費者金融会社の中でも、末端に位置するのが街金です。
文字通り町の貸金屋といった風情なのですが、こういった貸し金業者だったら、どんな属性の人でも、例えばブラックでもお金を貸してくれそうです。
そういった先入観を持っている人は多いでしょう。


実際に、ネットの口コミサイトでも街金なら、ブラックでもお金を貸してくれるという投稿が多いです。
また、総量規制にかかっていても、お金を貸してくれたという人もいます。
ブラックの場合でもお金を貸してくれるのは、きちんとした仕事に就いていて安定した収入のある人です。

ですから、電話による在籍確認が取れないと街金といえども審査には通りません
ですから、ブラックでも、必ずお金を貸してくれるというわけではありません。
返済不能になったという事実は、街金にも情報が入っているので、そういったことももちろん加味されます。

ただし、多重債務中の人よりも、債務整理になっているほうが多少でも返済が楽になったり、自己破産で借金が帳消しになっている人でしたら、現在の属性は働いてさえいれば、むしろ高いくらいですから、審査に通りやすいといえるでしょう。

ネットの声

「母の葬儀のお布施代のためにはじめてのキャッシング。その後、生活費や遊興費のためにキャッシングを繰り返していたものの、とうとう返せなくなり、結果的に借金を踏み倒してしまった…なんてことはできません。」

「大手の「無人契約機」と言ってもコンピュータ相手ではないんですよね。改めて緊張しました。電話で対面して申し込み手続きをするんです。間違えてもその場で修正できるのは安心でしたよ。向こうの指示する書類を書き、それをまた指示通り、トレイのようなところに置きます。そして回収されるんです。時間にして10分くらいで終わりました。」

「どうしても生活費が1万円だけ足りなくて困ってカードローンに頼りました。親にも友達にも頼めないし、最後の頼みの綱としてプロミスへ申し込み。すぐに審査の結果が出て上限は30万円になりました。」

無人契約機は本当に便利です。不安な人は窓口で実際に対面して行ったほうがいいですね。

おすすめの記事