多目的トイレ利用者のマツコ 『あえて選ぶ理由』

2020年6月18日放送のバラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建の不倫現場について触れた、タレントのマツコ・デラックス。

多目的トイレの利用者層について考えさせられる発言が、話題になっています。

一般のトイレで大丈夫そうな人に見えても?

新型コロナウイルス感染症が流行してから、およそ3か月ぶりの収録となった同番組。

番組冒頭では、いろいろなニュースがあったとして多目的トイレが話題に上がりました。

普段から多目的トイレしか使っていないというマツコは、

「だって、私が男子トイレ・女子トイレに入るほうが事件になるからね」とコメント。

番組MCの矢部浩之から

「マツコはそうや、身体がおっきいからな」と返されると、マツコは…。

身体がおっきいからじゃないわよ!

入るわよ普通のトイレ!

普通のトイレに入れないから入ってるんじゃないわよ!

男子トイレに行っても女子トイレに行っても、誰かと出くわしたら驚かれちゃうじゃない。

体形の問題だと勘違いされたマツコは憤慨!

人に迷惑をかけないように

女装家の男性同性愛者であるマツコ、

「男女どちらのトイレに入っても問題があるだろう」と考え、

人々に迷惑をかけないよう多目的トイレを選択しているようです。

多目的トイレが話題になってから、SNS上では「必要のない人は多目的トイレを利用しないで」という声が噴出。

「以前、健康そのものな人が多目的トイレから出てきた」との目撃情報が複数上がっていました。

しかし、利用者の中には見た目では分からない疾患を抱えた人のほか、

マツコのような理由から多目的トイレを選択せざるを得ない人もいるのでしょう。

着替えや化粧、休憩など目的外の利用に怒りが湧くのは分かります。

しかし、『一見、何も問題がないように見える利用者』を攻撃するのは違うように思われます。

ネットの声

「多目的トイレを使うのは障がい者だけではないんだよね。もっとみんなで意識しないとね」

「1人で使うわけではなく、2人で多目的トイレを利用してもおかしくはない(介護なんかで)。そういうところも渡部はうまいとしか言いようがない。それだけに複数人で使いにくくなった渡部の罪は重いね」

「ほんとうにいろいろな事情の人がいる。だからこその多目的トイレ。それでもしばらくは色眼鏡で見られそうだね」

多目的トイレを必要としているのはどのような人々かを知った上で、問題の改善につなげられるといいですね。

おすすめの記事