松本人志が若手芸人に大盤振る舞い!無利子で100万円!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活苦となっている芸人…。

その救済に立ち上がったダウンタウン松本人志(56)のプランがお笑い界で「太っ腹すぎる」と話題を呼んでいます。

1人上限100万円を無利子で貸し付けるもの。

面識のある後輩は1000人にも上るとみられ、お願い次第では最大10億円の“持ち出し”覚悟の大盤振る舞いとなります。

返済期間は無利子で5年

驚きの松ちゃんファイナンス。

テレビ局関係者によると、後輩芸人らにポケットマネーで1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるプランで、返済期間は5年間というのです。

所属の吉本興業では3月から全劇場を休館。

当初は無観客ライブ配信も行っていたのですが、政府の緊急事態宣言により、それもままならなくなったようです。

「テレビの収録も劇場もない。給料もないのないない尽くし」(中堅芸人)との悲鳴が上がる中、松本がひと肌脱いだ形となりました。

公にはしていないのですが、4月中旬にスタッフを通じて、親交のある後輩芸人に緊急メールで呼び掛けたそうです。

「コロナで収入が減った芸人に松本人志が金貸します。条件。おもろいやつ」

との内容で、貸し付けの“条件”でハードルは上がっているのですが、これは将来性のある後輩への投資との意味を込めてでしょう。

危機的な状況で動いてきた

これまでも自然災害が起こった際、水面下で寄付を行うなど人が困っていると動かずにはいられない性格。

周囲によると「後輩の将来が閉ざされるのは悲しいので貸し付けを決めた。返済を催促することもないでしょう。何かできることはないかとすぐに動いたようです」ということです。

吉本には6000人が所属しています。

松本と面識のある後輩を考えると、貸し付けが1000人ほどまで広がる可能性もある。

そうなると、総額10億円に上りますが「松本さんは数億円単位になることも覚悟している。それこそ10億円ということも考えているのでは」(放送作家)と大盤振る舞いの救済策となるようです。

昨年、所属芸人が特殊詐欺グループとの間で行った闇営業問題で吉本が分裂危機に陥った際はツイッターに「後輩芸人は不安よな。松本、動きます」と投稿して事態の収拾に奔走。

闇営業で謹慎中の芸人が生活に困っていると、タイガーマスクに扮し、スタッフを通じて計数百万円を援助したこともあったそうですよ。

借りる?借りない?

後輩からは「恐れ多くて借りてもいいのか迷う。“おもろいやつ”という条件で5万円くらいしか借りられなかったらどうしよう」と悩む声がある一方…

「お願いするつもり。生活が干上がりそうです」と借りる気満々の猛者まで、それぞれとなっているようです。

生活困窮組には願ったりかなったりの夢プラン。

タイガーマスクの主人公ではありませんが、お笑い界の伊達直人から素敵なプレゼントとなるでしょう。

ネットの反応

「昨日、ある動画で「芸人は元々貧乏だった人が多い」と言ってました。松っちゃんもそうですよね。だからこそ、若い時からお金を貯め込んでたと聞いたことがあります。だからこそ、本当の使い方を知ってるのでしょうね。」

「ただお金を配るのでなく、無利子貸し付けというのがいいと思う。くださいとは言えなくても貸してもらうなら多少言いやすいし、お笑い芸人という性質上返せない人も出てくるかもしれないけど、ここで受け取った人が松本さんに恩を返したいと、お笑いの世界に留まるきっかけにも今後頑張るモチベーションにもなる。松本としてはお金が返ってくるより、貸した中からお笑いを盛り上げる人が一人でも多く出てくることを望んでいる…と思う。」

「まっちゃん、凄くいい事や。多くの芸人さんは儲けても銀座や新地などで豪遊する方もいるが、お金も使わなければ、沢山貯蓄もあるでしょう。でも、なかなか、ここまでは出来ないよ。こんな時に助けてもらった人は一生感謝するでしょう。いいニュースを見ると元気が出ます。」

ダウンタウンのデビュー当時を知る人は、このコンビに挫折があったのかと思うくらい、最初の頃から人気がありました。

それでも、ずっとトップを張り続ける苦労は並大抵ではなかったでしょう。

それだけに、若手芸人への思いも強いのでしょう。

おすすめの記事