松本人志のスマホゲームへの課金の悩みにダルビッシュがマジ回答

スマホゲーム「課金はいくらまで?」松本の問いにダルビッシュがマジ回答!

先日、ダウンタウンの松本人志がTwitterで「スマホのゲームにハマってもうた」と明かした上で「課金はいくらまでが妥当ですか?」と疑問を投げかけました。

ネット上のスマホゲーム課金者たちが「松本さんの財力なら」と大喜利状態になり盛り上がる一幕があったのです。

ダルビッシュが反応

これに「あえてマジレスします」と松本の疑問への本気の解決に名乗りを上げたのがダルビッシュ有。

ダルビッシュは野球界屈指のゲーマーで、自身の配信するYouTube「ダルビッシュのゲームチャンネル」は登録者数27万人を越えています。

ゲーム内のガチャに1度に30万円を使うなどその課金額のデカさが度々話題になっているのです。

ダルビッシュはNow Voiceで配信を行い「携帯ゲームの課金について」と題した音声データで自身の意見を語りました。

自己満足で支払う

「よく課金額のことで話題になるんですけど、たとえば10万円かけたガチャで実況動画を配信して、その広告収入で20万とか稼いでるわけです」

「ゲームチャンネルで登録者数何十万人もいて再生回数も取れる場合はマイナスじゃないんですよ、プラスになるんですよ」

と、自身の多額の課金はゲーム実況動画を配信するための投資であることをファンに説明。

その上で一般のゲームユーザーの課金についての持論を展開しました。

「松本さんみたいな頭のいい人はわかっていると思いますけど、ゲームの課金は完全に自己満足。その人にとってゲームに課金して楽しむことがストレス解消になるのならいいことですよ。課金をするっていうのは自己満足の為だから、課金額と自己満を天秤にかけて釣り合っているなら課金したらいいんです」

ネットからも賛成の声が

この回答にネット上は

《お金持ちなのに庶民の感覚分かってる・・・ダルビッシュさんの価値観に共感です》
《あのダルビッシュでさえ課金は自己満って割り切ってるんだから、身の丈にあった課金におさえなきゃヤバイよな》

と共感の声が多くあがりました。

実は松本は「ピクミン」や「バイオハザード」などのゲームへの愛を語ったり、大手メーカーの有名プロデューサーとゲームについて語り合ったこともあるほどのゲーマー。

今回“ハマってもうた”スマホゲームが何かは明かされていません。

ダルビッシュの「ゲームは課金額がすべてではない」という考えは同じゲーマーである松本にもきっと理解されることでしょう。

ネットの声

「私は、友人からスマホゲームの紹介が度々ありましたが、怖くてやってられない止まりです。」

「もう何日も前から10万円を何に使うかずっと悩み中ですwどうないしよw 全力でスマホゲームに課金するか?それとも欲しいノートパソコンを購入するか!それとも新型iPhoneSEを購入するか!悩むなぁ♪」

「今日も暑いのに通院日です。待合で、前に同じ病室だった方に会って、無事の再開を喜んだ後相談をされました。命に関わる病気で人の命は分からないものだと思ったの。思い残しの無いように生きたいけど今の悩みは、スマホゲームに課金するかどうか。どう思う?って、そんな難しい質問されても…。」

たかがゲームなのですが…されどゲーム…という人が多すぎて。

おすすめの記事