「#検察庁法改正案に抗議します」芸能人がわらわらと参加してるけど…松ちゃんと指原は違ってた!

お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(56)とタレント・指原莉乃(27)が17日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、「#検察庁法改正案に抗議します」の動きについて語っています。

そこまでの信念がない

今回、多くの芸能人が政治に関する問題に意見したことに、

指原は「知っている人が広めてくれ、勉強する、関心を持つということでいいなと思ったと。自分も関心を持てた」とする一方、

自身が発信しなかった理由については「正直、この件に関して、私はそこまでの信念がなかった」と説明したのです。

続けて「来てました。どう思うんですか?という感じで」と「#検察庁法改正案に抗議します」を促すメッセージが届いていたことを明かすと「でも、私はこれについては不勉強で」と話していました。

今回だけで終わらない…

松本は「俺には来ないね。#の使い方も分からない」と「#検察庁法改正案に抗議します」を促すお願いは来なかったと告白。

芸能人が政治的な意見を述べることについては「全然いいと思う」としたのですが、

自身については「1回やると、次もやらないと、なんで今回はやらないのかとなる。これが大変で、やりたくない理由かな」と説明していました。

「検察庁法改正ハッシュタグ依頼あった」はミスリード

指原莉乃が5月17日に放送されたテレビ番組『ワイドナショー』で、

5月10日ごろにネット上で話題になっていた「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグをツイートして欲しいとの依頼があったと語っていたとする情報が拡散しています。

しかし、この「依頼があった」はミスリードです。

指原梨乃は「依頼があった」とは言っていません。

発信力のある人の言葉を利用するのはネット拡散の常套手段ですが、「言ってない」のち「言った」とされてしまうとは…。

ネットの反応

「指原さんがよく明らかにしてくれた。芸能人が政治に口出し云々言われているが、そんな事よりタレントの知名度を悪用して民意をねじ曲げる工作活動を芸能界がしている事の方がよほど大問題。」

「指原さんが明かした「促すメッセージが届いた」という内容は、煽動する大元が実際にいたと言っているようなものだし、いずれにしても、ねずみ講、マルチ商法の手口にそっくり。法改正の是非以前にその手口自体が悪質だし、それを「芸能人にも政治に意見を言う権利がある」という違う論点にすり替えて「政治発言したら叩かれた」という被害者のような顔するのは卑怯だと思う」

「秋元才加のTwitterみたら#検察庁法改正案に抗議しますとしか書かれておらず、後付けで対して理由も書いていない。二つ疑いがあるんだけど、一つは誰かからまわされてきて、もしかしたら指原にもまわしたんじゃないかと。もう一つは自分の意見がないということは勉強して発言してるのかなと?芸能人だろうが素人だろうが発信するのなら賛成でも反対でもいいから理由くらいは話そう。変に周りに影響させるされるのは良くない」

そんなハッシュタグが回ってきたとか回ってこなかったとか…神田白山流に言えば「回ってこなかった」のかもしれませんけど、こういうのでもネットがざわついてます。

どちらにしても、今回(だけ)の芸能人の騒ぎはどうしたんでしょうね。

おすすめの記事