“住みたいかというとそうでもない”恵俊彰が京都市民を怒らせた…

京都は「住みたいかというとそうでもない」恵俊彰の発言に住民から怒り「看過できない」「失礼」

6月16日放送の『ひるおび』(TBS系)でのMC恵俊彰の発言がネガティブキャンペーンではないかとしてネットから疑問の声が集まっています。

財政難の京都市

問題となっているのは、京都市の財政難について取り上げている際の一幕。

絵界屈指の観光都市である京都市ですが、試算では2021年度の支出が4820億円に対し、収入は4320億円と、500億円の赤字になるとのこと。

原因のひとつとなっているのは、納税義務者の割合の低さ。

38の大学・短大が立地していることから、人口の1割に当たる15万人が学生とのこと。

さらに高齢者も多く、納税義務者の割合は政令市で最も低い43.1%となっていることが報じられたのです。

住んでみたいかって言われると…

この状況に恵は、

「学生さんが多かったりとか、高齢者。これは日本全国の問題かもしれませんけど、(京都は)納税者が少ない、という」と改めて指摘しつつ、「だから、行ってみたい街ではあるけど、住んでみたいかって言われると……そうでもないかもしれない」

と自身の考えを明かしたのです。

京都市民に失礼

しかし、この発言に京都市民を名乗るネットユーザーを中心に、「京都市民に失礼」「ネガキャンひどすぎる」「看過できない由々しき発言」という批判が噴出。

訂正を求める声も上がっていました。

なお、京都市は財政難でも市民への手厚いサービスを維持しているとのこと。

番組でも、小学生の虫歯治療費全額助成、保育士の処遇改善策などが紹介されていました。

140万人以上の人口を誇る京都市。

市に住んでいる人をおとしめかねない発言だとしてネットからはクレームが集まってしまったようです。



おすすめの記事