運転免許証もデジタル化…これってドライバーにメリットあるの?

運転免許証の「デジタル化」が現実的になるも「ドライバー」にとっての「メリット」は見当たらない!

住所変更や更新時の手続きにかかる時間の短縮などがメリット

今年9月16日に発足した菅内閣は、行政のデジタル化を看板政策の一つに掲げました。

「デジタル庁」の創設、そして運転免許証のデジタル化についても菅総理から強い指示があったとされ、

警察庁は運転免許証のデジタル化について、運用開始時期を含む工程表を年内にまとめる方向で動いています。

こうした運転免許証がデジタル化されると、我々ドライバーにとって、何かメリットはあるのでしょうか。

運転免許証がデジタル化されると以下のようなメリットがあるとされています。

  • 住所などの変更がオンラインで出来るようになる
  • 更新などの事務手続きの簡略化
  • スマホと一体化することで免許証の携帯が不要
  • 免許更新の時間短縮

マイナンバーカードの普及が透けてみえる

政府が躍起になっているのは、まったく普及が進まないマイナンバーカードでしょう。

デジタル運転免許証を紐付けすることで、マイナンバーカードの普及率を高めたいからとしか思えないのです。

しかし、マイナンバーカードが普及しないのは、政府が喧伝するマイナンバーカードを持つ利便性が感じられないためで、

それはデジタル免許証と一体化されても変わらないという見方があります。

それどころか、個人情報の流出のリスクや、偽造免許証、なりすまし等の悪用などを考えると、

ますますリスクが増えるだけでしょう。

日本年金機構の個人情報漏洩をはじめ、日本のデジタル情報の管理には、まだまだ不安な要素が多いからです。

そして、先の持続化給付金事業での電通への丸投げ、中抜きのように、

メリットがあるのは、デジタル化を構築、管理、運用する組織だけなのです。

全体としては膨大なコストがかかり、その負担は国民に回ってくるというという可能性は否めません。

今年9月に、警察庁が優良運転者の免許証更新の時間を短縮するため、講習をオンライン化する方針を決めたという発表がありました。

講習はオンラインでも視力検査など、その他の手続きは従来どおり試験場などに行く必要があるとのことです。

更新の手間暇は変わらない

免許証のデジタル化が進んでも、更新の手間暇は大して変わらない見通しです。

おまけに災害にあったあと、身分証明が必要な場面では、スマホが使えなかったり、アプリが起動しなかったり、

電源が失われたりして、まったく役立たないということもあるわけです。

スマホを持っていない人や、マイナンバーカードの交付を望まない人もいるので、

警察庁はデジタル化を進めても、従来の免許証の発行は継続する方向です。

そのため、少なくとも当面の間は、デジタル免許証のメリットは感じられそうもありません。

ネットの声

「車のカギとして使える様にして、無免許運転を防止と、運転制御装置による老人ドライバーの制限とか出来れば良いと思う。」

「本籍地とか、一部しか表示されていないが、警察は知っているので、既に免許証はチップが入っており、情報はDB化されている。全国の警察署でも見れるので、ネットワーク化もされている。既存の物を改修すればやりたい事はほとんど出来るが、マイナンバーと一緒にするメリットはどこにある?マイナンバーカードの方が他のデータとの関連が高くなり、持ち歩く方が個人としてのデメリットが高いのでは?」

「デジタル化には賛成ではあるけど、セキュリティーが国際的に底辺に位置する日本ではまだ早い気がします。
有名なハッカーなどを大臣に起用したり、対策本部長などにして、セキュリティーの技術を習得してからではないでしょうか?デジタル庁で働く人達、採用された人達は大学で何を専攻してた人達?試験はどんなものを?大臣はパソコンに詳しい?
ド素人が対策考えても、何も意味はないですよ。それをデジタル化を進めるといえば、喜ぶのは日本の情報を盗みたい海外ですよ。」

デジタル化で心配になるのは個人情報の流出です。

しっかり対策をとってほしいですね。利便性は上がると思います。

おすすめの記事