運転免許証の発行・更新が全国で可能に…2022年から

政府が推し進める運転免許証のデジタル化に向けた工程表がJNNの取材で明らかになりました。

2022年から運転免許証の管理システムを順次全国一元化するほか、免許証とマイナンバーカードの一体化を進めます。

全国どこでも発行・更新

複数の政府関係者によりますと、政府は47都道府県の警察当局が個別に運用している運転免許証の管理システムについて、

「クラウドサービス」を遅くとも2022年までに導入し、順次運用することで全国で一元化する方針を固めました。

一元化によりコスト削減が見込めるほか、運転免許証の発行・更新を全国どこでも行えるようになるということです。

365日24時間対応

「今は免許証も検討に入ってますから。マイナンバーカードがあれば、役所にわざわざ行かなくても24時間365日(手続き)できるような、そうした方向にしたいというふうに思います」(菅首相〔先月14日〕)

マイナンバーカードと免許証の一体化

また、これまで政府が検討してきたマイナンバーカードと運転免許証の一体化については、可能かどうか速やかに結論を出すとしています。

一体化が実現した場合には、マイナンバーカードのICチップを専用端末で読み取って運転資格を確認する方法などが想定されていて、

運転免許センターでもマイナンバーカードの発行ができるよう調整が進められています。

河野行政改革担当大臣と平井デジタル改革担当大臣、小此木国家公安委員長が今週中に会談し、

こうした方針を確認することにしています。

ネットの声

「保険証もIC早くして欲しい。全国どこの病院にかかっても、現病歴はじめ服用の履歴や手術歴など、持病などすぐわかるシステムの構築を。例えば救急車に乗ったらそのカードをスキャンすればすぐにわかる仕組みなど。お薬手帳とか、もうオワコン。」

「セキュリティ面など少し心配でもありますが、異常に混み合う免許センターでの更新を、複数全国で行えるようになるのはありがたい。にしても、良くも悪くも菅政権になってからのスピード感がすごいですね。
個人的には電話通信料の料金も、はんこも今回の免許も国民の生活の負担を減らそうと言う動きは好感ですけどね。」

「免許証用の写真を撮ったり、証紙を購入するだけのために利用している”交通安全協会”って怪しげな組織は、無くしてほしい。全て警察署内で完結してほしい。その組織も当然警察の天下り先だろうが全く無用としか言いようがない。」

一枚になるとそれがすごく大事になりますね。セキュリティも心配です。

ただし、それを言っていたら前に進まないので国にはしっかりと迅速に実行してほしいです。

おすすめの記事