メルカリが2月6日に発表した2019年7~12月期(2020年6月期第2四半期)の決算は、最終的なもうけを示す純損益が141億円の赤字でした(前年同期は44億円の赤字)。

スマホ決済「メルペイ」への投資がかさんだことが要因です。

そしてメルカリはドコモと提携したのです。

本業は堅調

売上高は38.7%増の329億円。

メルカリ事業は堅調に拡大しており、同事業の10~12月期は売上高(144億円)、営業利益(45億円)とも過去最高でした。

メルペイ事業では、普及促進に向けたキャンペーンなどを積極的に展開し、メルペイのユーザーは19年10月時点で500万人まで拡大しています。

メルペイへの投資を積極的に進めた結果、販管費がかさみ(18年7~12月期:224億円→19年7~12月期:374億円)、もうけを示す営業損益は139億円の赤字(前年同期は36億円の赤字)と、前年同期から赤字幅が拡大しています。

19年6月期通期は営業赤字が121億円、最終赤字が137億円だったので、今期は半年の時点で前期1年間の赤字額を超えていることになります。

ただ、メルカリは連結業績予想は「合理的な算定が困難」として開示していません。

メルペイ事業などが投資フェーズにあり、戦略的な投資により短期的な赤字額が拡大する可能性があるためと説明しています。

origamiの買収

事実上の経営破たんだったと報じられたOrigamiの買収ですが、今後Origami Payのメルペイへの統合によるコスト削減や、組織のスリム化などによる固定費削減などを図ると説明しています。

また、Origamiの買収とNTTドコモとの提携の効果として、以下の3点を挙げています。

  1. ユーザー獲得の効率化による広告宣伝費の負荷軽減
  2. メルペイ単独での小規模加盟店開拓の停止
  3. 人員数のコントロール──を挙げています。

Origami Payは「メルペイ」に統合へ

キャッシュレス決済サービス「メルペイ」を提供するメルペイは、「Origami pay」を提供するOrigamiの全株式の取得によって、同社がメルカリグループに参画することを1月23日に発表しました。

株式譲渡は2月25日を予定し、これをもってOrigamiはメルペイの子会社に、また、フリマアプリ事業を展開するメルカリの孫会社となります。

メルカリとドコモが提携

メルカリとNTTドコモは2月4日、業務提携することで合意したと発表しました。

両社のIDを連携することで国内最大級のユーザー基盤を実現し、メルカリの利用でdポイントが付与されるようになるほか、両社のスマホ決済「メルペイ」「d払い」で残高を連携させるといったことも予定しています。

メルカリはフリマアプリとして月間約1450万人、年間流通総額は5000億円を超えていて、スマホ決済のメルペイは1月で600万人を突破。

ドコモは携帯キャリア最大手として7345万を超える会員基盤を持ち、スマホ決済のd払いとポイントサービスのdポイントを展開しています。

スマホ決済を巡っては、最大手PayPayを展開するソフトバンクとヤフーが、ヤフーとLINEの経営統合により、LINE Payを同じ陣営に引き込むことに成功しています(具体的な方針は現時点では不明)。

KDDIは「au PAY」のポイント制度を5月以降Pontaに統一し、会員基盤を1億超に拡大する見通しです。

こうした中、携帯キャリア最大手のドコモが「Origami」の買収を果たしたメルカリ・メルペイ勢と手を組むことになったのです。

さまざまな事業者が激しく競い合ってきた国内のスマホ決済サービスですが、その勢力図はおおむね定まりつつあると言えそうです。

ネットの反応

「手数料が高いとか、先行投資とかの問題よりも、違法出品を取り締まらないのは、アマゾンやYahoo!も含め、インターネットに関する法律を作りで取り締まらなければ小売店などの商売が成り立たないと思う。」

「スマホ決裁については淘汰の時期に入ってきた印象です。統合や買収が進んで2,3社くらいになったらいいですね。」

「DOCOMOとの提携話が本決まりする前に報道されてたけど、これってメルカリ側のリークだよね。もうDOCOMOとくっつかないとどうにもならない状態に追い込まれてると思う。そもそも、メルカリ単体の資本力ではペイペイ・ラインペイなどと戦うには脆弱すぎる」

PAYPAY一強時代に待ったをかけたかっこうです。しかし、ドコモはよくメルカリと組んだなといった印象ですけどね。

おすすめの記事