17日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、本日から東京都内で配布が始まっている「布マスク」について説明。

批判の声も決して少なくない政策…。

このことについてコメントしたフジテレビ・佐野瑞樹アナウンサーのコメントに称賛の声が上がっています。

布マスクについて解説

番組では、新型コロナウイルスに関するコーナーの一部で、12日週後半以降に感染者数が多い都道府県から順次配布されている「布マスク2枚」について紹介しました。

主に、布マスクの洗い方や、どのような状態で自宅に届くかなどを説明。

また、「サイズが小さい」という声も上がっていますが、人によってはスッポリと顔を覆えるサイズであることを実際にマスクをあてがって見せたのです。

批判・疑問が相次ぐが…

布マスクの配布については、批判や疑問の声も多く上がっています。

しかし、佐野アナは全国で感染が拡大している状況をふまえ、

「多額の税金を使っての政策に、疑問の声も上がっておりますけれども、間違いなく言えるのは、このマスクを感染拡大防止を願って作ってくださったかたがいるということです。マスクが簡単に手に入らない今、感謝の気持ちを持って使うことも大事なのではないでしょうか」

と、製作者側に目を向けたコメントを残したのです。

称賛の声が殺到


佐野アナのコメントに対して、SNSには

「ホントその通りだわ」
「文句ばかり言わずに大切に取っておこうかな」
「忘れがちなことだけど大事だよねー」

と共感や称賛の声が殺到。

また、感染リスクを背負いながら働いてくれている人に改めて向き合い、

「確かにそうだ それを配達してくださる人もいるしね」
「リスクを抱えて仕事をしてくれている人がいる事は忘れたらあかん!」

とコメントする人も。

厚労省ホームページでQ&A

布マスク2枚の配布ついて、厚生労働省はホームページ内に「布マスクの全戸配布に関するQ&A」というページを作成。

よくある質問に回答。布マスクを配布するにあたった背景や、布マスクの効果や洗う頻度などについて詳しく解説しています。

さらに、都道府県別の配布状況がわかるページも設置。

東京都内は、本日から布マスクの配布がスタートしていることが確認できます。

この布マスクが、新型コロナウイルス感染拡大を防いでくれることを願うばかりですね。

ネットの反応

「普通にマスクが手に入らない状況で、みんなどこでマスクを手に入れているのでしょうか。このマスク2枚の配布は必ず評価されますよ」

「配布が始まったみたいで、待っている人は多いはず。」

「こういうときにこういったニュースはうれしい。批判ばかりのニュースは聞き飽きた。」

マスク2枚の配布は素直に称賛できますけどね。

おすすめの記事