バスとバイクがすれ違うとき、何が起こりうる? 1枚の画像にライダーが震えた。

『全てのライダーさんに届きますように』

一枚のツイッター投稿画像

コメントを添えて…チャイ@坂の上3丁目173番地(@sunaotch)さんが投稿した、1枚の画層に注目が集まっています。

最大級の警戒を

「その通りです。我々バイク乗りという存在は『正しく道路を走っていたとしても死亡する危険が他に比べ大いにある』存在です。それなのに何故か法規を破っても問題ないかのように振る舞う人もいるらしいですが...速度制限無視とか。」

「大型トラックがこめかみをかすめていった時「あ 今 死んだ」って思いました 教官の「絶対死なないでくれよ」って言葉がリフレイン。キープレフトをお願します」

万が一の際、放り出されるのは生身の体。

自分の命のためにも、相手の人生のためにも、最大限の警戒心を持たなくてはなりませんね。

コーナーの曲がり方

多くのライダーは、コーナーの曲がり方を「アウトインアウト」で習ってきました。

この方法を指導する人も多く、確かにサーキットなどではプロのライダーの曲がり方は、綺麗なアウトインアウトです。

しかし、公道ではどうでしょうか。

特に右コーナーでは対向車が膨らんでセンターラインを少しでも超えたら、ライダーの頭を直撃するでしょう。

そのため、アウトセンターアウトが正解です。

公道ではできるだけインには寄らないようにしましょう。

ネットの声

「ああ、これは分かりやすいですね。センターギリギリは危険です。車でも危険ですがバイクだと傾く分だけ頭が内側に入るので」

「これ、大型車を引き合いに出してるけど、普通車でも少しセンターライン寄りに走ってきたらぶつかるし、大型車ならライダーの首が物理的に吹っ飛ぶやつな」

「大型車のオーバーハングというとリヤの振り出し(車両が通る軌跡より車体がハミ出る)がよく知られていますが、フロントオーバーハングによる振り出しも観光・高速バス(路線バスより前ドアが大きい)や前2軸のトラックはかなり大きいものになります。走行する道路幅によっては大きく振り出さざるをえません。」

「これ大型運転したこと無い人がわからない部分を目で見てわかるようにしてくれてる非常に有用な画像だと思うんだけど、これでもなおバスがセンター超えてるのがなんちゃら言ってるやつがいるくらいだから、譲り合いとか事故の無い社会って幻想なんだなって現実を見た気がする。」

ハッとさせられるツイートに、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

おすすめの記事