ミルクボーイ内海、婚姻届提出日の偶然の重なりに感動

6月14日(日)、お笑いコンビ・ミルクボーイが、ニッポン放送『日曜日のそれ』に生出演し、“偶然”の重なりのエピソードで鶴瓶を驚かせました。

自宅から電話出演

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、大阪のニッポン放送関西支社にいる鶴瓶と、東京有楽町ニッポン放送にいる上柳昌彦アナウンサーとのリモート二元中継の形で放送。

お互いの姿はSkypeを使ってオンラインでPC越しに確認しながらの進行でした。

そして、『M-1グランプリ2019』王者のミルクボーイの2人はそれぞれの自宅から電話出演したのです。

釣瓶とミルクボーイ

『M-1グランプリ』(ABCテレビ/テレビ朝日系)の決勝戦を見て、自身主催の『帝塚山・無学の会』にぜひ出演してもらいたいとコンタクトを取ったことがきっかけでミルクボーイと親交を持った鶴瓶。

そして6月19日放送の『A-Studio+(エー・スタジオ・プラス)』(TBSテレビ系)のゲストがミルクボーイということで2人のことを「調べ尽くした」と語ります。

「彼らのことを関西で1番よく知っている」と自負していました。

様々なエピソードを紹介

今回の『日曜日のそれ』では、そんな鶴瓶の“調査結果”も交えてミルクボーイの様々なエピソードを紹介。

それぞれの奥様の話や『M-1アナザーストーリー』(ABCテレビ)での涙の裏側、

ミルクボーイのネタ作りを支えた喫茶店『サモア』への感謝など、幅広い話題が展開されたのです。

そんな中、6月1日に婚姻届を出した内海から、驚きのエピソードが飛び出しました。

「月のはじめだし縁起が良いかな」程度の気持ちで「6月1日」を選んだとのこと。

寄せられたSNSのコメントではお祝いの言葉とともに「『世界牛乳の日』に結婚なんて粋ですね!」とあったというのです。

“牛乳=ミルク”ということで、そんな日があるのかと驚いて自分でも調べてみた内海。

なんと6月の第1月曜日は「寄席の日」、さらに6月1日が「サモアの独立記念日」でもあったことが発覚。

偶然にも、ミルクボーイにとって縁のある日を選んでいたことに感動していました。

嘘のような偶然の出会いを日頃から繰り広げる“引きの強い”鶴瓶も、さすがにこのエピソードには驚いていたのです。

ネットの声

「安易に東京に進出せず大阪で頑張る姿勢がすきです。」

「ミルクボーイもコンビ仲が良さそう」

「不思議な偶然といっても、やっぱり何か持ってるんだろね」

芸風は今のところ一つでありながら、誰も一発屋と言わないところに、ミルクボーイの実力を誰もが認めているんだと思います。

それにしてもすごいエピソードですね。

おすすめの記事