mineoの新料金プラン「マイピタ」最安の1180円から

mineoが新プラン「マイピタ」、音声通話つき1GBで1180円から

オプテージは、MVNOサービス「mineo」の新プラン「マイピタ」を発表しました。

2月1日から提供を開始します。

容量は4段階でシンプルさ追求

改定後の料金プランは、1GB、5GB、10GB、20GBの4種の容量をラインアップ。

従来のプランでは、キャリアごとに同じ容量でも料金が異なっていたのですが、改定後は容量が同じであれば、どのキャリアの回線かに関わらず料金は統一されます。

料金は、1GBで1180円、5GBで1380円、10GBで1780円、20GBで1980円となります。

10分以内の国内通話かけ放題、パケット放題、フリータンクやゆずるね、5Gオプションなどは継続して提供されます。

わかりやすさを優先

ユーザーニーズに合わせて選択肢をあえて絞り、価格の統一を図ることででわかりやすさを優先しました。

現行のプランについては、既存ユーザーは引き続き利用できますが、新規の受付けは終了するとのことです。

mineo(マイネオ)

データ通信プランも用意

音声通話プランに加えて、データ通信プランも同じく改定します。

音声通話は不要でデータ通信のみ利用したいというユーザーの声に応えたもの。

利用できる容量は、音声通話プランと同じく1GB、5GB、10GB、20GBの4種類。

利用料金はそれぞれ、800円、1150円、1550円、1750円。

総務省の調査によれば、20GB以上のプランを契約するユーザーは全体の4割に上りますが、実際に20GB以上の通信を利用するのはそのうちの1割程度ということです。

mineoの場合もユーザーの9割超が10GB以下の契約で利用しており、ユーザーからの「よりシンプルにしてほしい」という声を受けて今回のプラン全面刷新に至りました。

ネットの声

「低速ならパケットが減らないし高速なら使用量が少ない私にはあっている為、数年前から利用していて大きな問題は無い。今でも安いけれど、さらに安くなりそうなので検討したい。」

「悪くない料金設定だと思う。キャリア対応プランを一番最初に発表したのも好感が持てる。単純な容量だけでなく、速度切替や繰越や低速アップオプションやフリータンクやバースト機能や音声なし等の独自サービスも評価できる。マイネオにはeSIM対応・IoT強化・更なる低速アップにも期待したい」

「20GBで1980円とは思い切った金額だな。MNOより1000円も安くするとは。余れば翌月に繰越できるし悪くないプランだわ。」

既存ユーザーにもかなりお得なプランになりますね。

mineo(マイネオ)

おすすめの記事