4機種が一気にお目見えしたiPhone 12シリーズ、どれを選ぶか迷っている人も多いのでは? 

スマートフォンに詳しい専門家のみなさんが直感的に「欲しい!」と感じたiPhoneはどれなのか。

「世界最薄、最小、最軽量の5Gスマホ」に注目

いよいよ発表された「iPhone 12」シリーズ。

多くの人が直感的に欲しいと思ったのは、注目の小型モデル「iPhone 12 mini」ではないでしょうか。

とはいえ、これまでiPhone 11 Proを使ってきたこともあり、新しいProシリーズのカメラにも心を動かされるものがありました。

これまでiPhone X、XS、11 Proと乗り換えてきた人にとって、無難な買い替え候補は「iPhone 12 Pro」です。

スマホを胸ポケットに入れて持ち歩くことが多い人は特に、サイズ感としては第2世代iPhone SEなど4.7インチモデルのほうが良いのですが、画面の小ささが難点です。

これに対してiPhone 12 miniは、4.7インチiPhoneより画面が大きくなったにもかかわらず、本体サイズは小型化を実現。

角張った見た目も相まって、第1世代iPhone SEをひとまわり大きくしたイメージでとらえています。

日本では74,800円(税別)からという手ごろな価格も魅力です。

世界最薄最軽量

さらにアップルによれば、iPhone 12 miniは5Gスマホとして世界最薄、最小、最軽量とのこと。

5Gスマホといえば、アンテナや冷却機構のスペースを確保し、バッテリーは増量するなど大きくなりがちですが、

そこを逆に小さくするのは驚異的といえます。

残念だったのは、指紋認証のTouch IDが復活しなかったこと。

iPhone 12の仕様が固まったころには想定していなかった事態として、仕方のない面ではあるものの、

マスクを装着した状態では不便が続くことになります。。

悩ましい存在のPro

悩ましいのがProシリーズの存在です。

iPhone 11 Proの望遠カメラは取材の仕事に重宝してきましたが、iPhone 12 miniは広角と超広角の2眼です。

欲を言えば、「iPhone 12 Proのminiバージョン」というのが大方の意見ではないでしょうか。

予想外に面白かったのが、ワイヤレス充電の「MagSafe」対応です。

特に目を引いたのは、磁石の力でくっつく「レザーウォレット」。

最近、Apple PayがPASMOに対応したことで財布の中身を減らすことができたという人も多いでしょう。

これがあれば財布を持ち歩くこと自体も不要になるのではないかと期待しています。

5Gエリアはこれから

目玉である5G対応は、日本ではまだエリアが狭く、そもそも外出の機会も減っていることからあまり重視する人はいないでしょう。

5Gについて考えるのは来年のiPhone 13(という一部の文化圏で不吉とされる数字を使うかどうかは分かりませんが)以降でも遅くないでしょう。

おすすめの記事