宮迫がドライブ中に大物俳優と遭遇…親友だったの!?

宮迫博之、ド派手に改造された愛車「BMW i8」でドライブ 大物俳優に遭遇で「奇跡が起こりました」

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が10月10日、自身の公式YouTubeチャンネルで、ド派手な宣伝カーに改造された自身の愛車でドライブする動画を公開しました。

宮迫の愛車は「BMW i8」

1970年生まれの「スーパーカーブーム直撃世代」として、宮迫が憧れ続けたガルウィングタイプのドイツ製スポーツカー。

しかし9月29日に更新された動画の中で、その自慢の愛車がドッキリ企画の餌食に。

“激ヤバ宣伝カー”に変貌を遂げたのです。

その際、宮迫は困惑した後に、「開き直るよ。せっかくここまでやったから。もったいないから。元取るぞ」とやけくそになって、自身のチャンネルをPRすべく公道を走らせたのです。

今回はそんな激ヤバ宣伝カーに乗り込み、東京・代官山~渋谷~表参道~原宿をドライブしながら自身のYouTubeチャンネルをPRすることとなりました。

宮迫は終始、宣伝カーの派手さに嫌な素振りを見せながらハンドルを握っていたのですが、

やはり黄色のカラーリングと独特のデザインが相当目立つようで、街の人は宮迫の車に興味津々な様子だったのです。

ランボルギーニが併走

すると渋谷に向かう途中でスーパーカーのランボルギーニと宮迫の車が並走する場面があったのです。

ド派手なカラーリングが施されたランボルギーニだったのですが、

宮迫は「向こうも結構カラーリングやっとるな。でもこの車が完全に勝ったな。これは優越感ですわ。ランボルギーニを力でねじ伏せたね。この車ド派手やもん。目立ってるわ~」と謎の優越感に浸ります。

しかしその後で「そういう発想の人間やったら、今めっちゃ気持ちええと思うわ。ただ、俺はちゃうからな。無理やりそのモードに入ろうとしてみただけや」と正直な気持ちを伝えていました。

人の多い、渋谷のスクランブル交差点や表参道を通るも、なかなかYouTubeの宣伝には繋がりません。

この現状を打破しようと宮迫は原宿駅の近くで停車し、アピールすることにしました。

すると、この作戦が功を奏し、車の近くには続々と人が集まってきたのです。

宮迫と写真撮影を求める人々。その人たちは写真を撮影した後、車に描かれたYouTubeチャンネルへと飛ぶQRコードを読み込んでいきました。

中には宮迫の大ファンだという若者も登場。

一緒に記念写真を撮影する場面も。その若者は感極まった様子を見せていました。

このようなやり取りを経ていく内に、宮迫もうれしそうな表情に。

動画の冒頭では運転すること自体を渋っていた宮迫だったのですが、最後には「原宿来てよかったな。全国これで周ろうか?」とスタッフに対し提案していました。

もしかしたら近々、そのような動画がアップされるかもしれません。

動画の最後にサプライズが

そして動画の最後には大きなサプライズが待っていました。

なんと宮迫の親友であり、俳優の北村一輝が登場したのです。

ドライブ中、宮迫は偶然北村の話題を出す場面があったのですが、この奇跡的な状況にスタッフは

「ヤバくないですか!?」
「この状況は凄過ぎる」

と興奮気味。

宮迫も「原宿ではたくさんYouTubeチャンネルを登録してくれる人がいましたし、大親友の北村一輝くんも出演してくれました。今回、本当にいろんな奇跡が起こりましたね」と満足気な様子でした。

ネットの声

「全てやらせでしょう。それを奇跡と呼ぶのがYouTube。題目で期待させるだけさせて実はやらせでしたなんて言うのは常識化してきている。」

「皆さんが思うように、YouTubeは見たい人が見ればいいのであって興味がない人からしたら内容によってはとても不快に思う人も多いのです。あまり宣伝みたいなしつこいタイトルや記事を出されるとイライラするのでやめてもらいたいです。」

「YouTuberに芸能人や元芸人の方が参戦して来て、プライベートや巧みな話術が見れるようになってありがたい反面、テレビなどで嫌われるヤラセがYouTuberにも出て来ている影響は非常に残念です。皆さんヤラセなどテレビはダメでもYouTuberならOKだと思いますか。」

YouTubeのコメントには登録ユーザーからの好意的な書き込みが多いのですが、それをニュースにした途端に批判コメントに変わります。

これはある意味仕方のないことなのかもしれません。

おすすめの記事