現在の雨上がり決死隊の宮迫博之ですが、「こども食堂」でボランティアに参加するなど積極的に活動をしているようです。また、それ以外は引きこもりがちなのだとか…。関係者によると8キロも痩せてしまったとか。

あれからどうした雨上がり・宮迫

振り込め詐欺グループ主催の忘年会に事務所を通さず参加した「闇営業問題」によって、7月19日に所属する吉本興業から契約を解消された宮迫博之(49)。

しかし、直後の20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と緊急会見を敢行しました。

謝罪するとともに、同社の岡本社長から「お前ら全員クビにする力がある」などパワハラ発言を受けていたと涙ながらに告発したのです。

謝罪自体はうまくいったのか…それまで嵐のようにバッシングを受けていた宮迫ですが、それからは多少は収まったようです。それから1ヵ月半が過ぎましたが、漏れ伝わるのが宮迫のボランティア活動です。

そんな傍らこんな話も…

「宮迫さんは4年前から都内でたこ焼き店を経営しているのですが、今回の騒動でしばらく休業していたと聞いています。しかし7月から営業を再開し、宮迫さん自ら店頭に立って接客しているそうなんです。実業家に転身し、たこ焼き店を拡大していくのではないでしょうか」(宮迫の知人)

8月の末日の昼下がり、自宅から車で1時間ほどの神奈川県・横浜市内にある雑居ビルから出てきた宮迫を記者が声をかけると、意外な答えが返ってきました。

「暑いなかわざわざ東京からありがとうございます。ここには、あるボランティア活動の打ち合わせに来ていたんです。全国からこうしたお話をたくさんいただいていて、毎日有意義に過ごしています」

実は、宮迫には講演など、全国からオファーが殺到しているというのです。


肌は真っ黒に日焼けし、健康的な見た目の宮迫…現在全国からオファーが殺到する、「贖罪巡業」に専念していたのです。

記者がさらに、たこ焼き屋の経営を始めとして実業家に転身するという噂もありますが…と聞くと

「実は、あの騒動以後もずっとお店は続けていました。この前はたまたま食材のことで店に顔を出しただけなんです。とにかく今はボランティアに力を入れたい」

ということで、否定とも肯定とも言えない答えでかわす宮迫でした。

さんまの個人事務所はどうなった?

それでは、明石家さんまの個人事務所と契約するという話はどうなったのでしょうか。

これについても宮迫が答えています。

「さんまさんとの話は全く進んでいません。あと何日たったら芸能界復帰、そんなことは考えたこともありません。最近は全然飲みにも行けていませんが、行くつもりもないです」

ということなんだそうです。何が邪魔をしているのか、さんまが宮迫を見限ったのか、このあたりの真相は見えてきませんね。

これは、宮迫自体がすぐに芸能界復帰というわけにもいかないので様子見というか時期を待っている状況なのでしょう。


もっとも、宮迫が本当に芸能界に復帰できるかどうか…それさえも現時点では怪しいものなのだそうです。

というのも、闇営業自体は、宮迫や亮以外の吉本芸人の現場復帰が決まり、事態も沈静化しました。

しかし、世論というかネットを中心にした声では、「亮の復帰は願うけど宮迫はもういいや…」といった声が多いのです。

このような状況で復帰したら、またまたバッシングの嵐に見舞われそうですからね。

ここはやはり、ボランティア活動をするなど自主的な謹慎をしておいたほうがいいでしょう。

傷心の現在の宮迫を支えているのはやはり家族なのだそうです。

「家族の存在は本当にありがたいです。妻は『ボランティアをちゃんと頑張って。謝罪じゃないけれど、今はあなたの気持ち、誠意が問われている時だから』と応援してくれていて、うれしいです」

 

かつては鬼嫁と呼んでネタにしてきた宮迫の奥さんも良いことを言ってくれますね。

不倫の件も許してもらえたのでしょうか。

それでも最後の一言が余計だった…

最後の宮迫の一言が余計でした…

「僕より亮を先に何とかしてあげたい。僕は最後の最後にもしチャンスがあればでいいので……」

亮を気遣うのは良かったのですが、自分にもチャンスがあれば…。

現場復帰は考えていないといいながら、チャンスがあればというのがやはりなんとなく腹黒っぽさがにじみ出ています。

これが宮迫の人柄というか性格なのでしょうか。

ネットの声

「僕は最後の最後にもしチャンスがあればでいいので…この一文に宮迫の腹黒さが出ている。」

「全てが計算ずくに見えてしまうのが宮迫の人徳だという気がする。とにかく蛍ちゃんだけにはちゃんと義理立てしてほしいもんだな。」

「最後の最後にチャンス?ちゃっかり計算してるやないかい」

すでに宮迫のイメージは腹黒とできあがっているようですね。

おすすめの記事