宮迫博之 地上波は絶望的?身勝手な復帰に芸人からも不満続出

ダウンタウンの松本人志(56)が2月2日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、雨上がり決死隊・宮迫博之(49)のYouTuberデビューについて言及しました。

もう少しおとなしくしといたほうがいい

1月29日に宮迫がYouTuberデビューし、謝罪動画を公開したことについて、松本は「『ちょっとどうなの?』とは久しぶりに言いましたよ」と告白しました。

また公開タイミングは、同じく闇営業問題で謹慎していた「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(48)の復帰前日。

そのため「もうちょっとおとなしくしといた方がいいんちゃうか、と言ったんですけどね」とあきれ顔だったのです。

「YouTuberデビューのタイミングを見誤ってしまったことで、吉本興業の中で大きな発言力を持つ松本さんの心証を悪くしてしまったようです。なぜここまで焦ってしまったのか疑問です。さらにテレビよりも先にYouTubeを選んだことで、局内からも不満が続出しています。自ら地上波復帰を絶望的にしたといえるでしょう」(テレビ局関係者)

宮迫のせいでタクシー代自腹

以前は後輩芸人からも慕われていたとう宮迫。

しかし、最近は吉本内でもすっかり“孤立無援”の状態にあるというのです。

「今月から吉本の所属芸人たちが移動する際、タクシー代は自腹になってしまったそうです。その原因として『宮迫さんのせいで締め付けが厳しくなった!』という声も出ています。焦るのは分かりますが、自分本位の復帰では周囲から人がどんどん離れていくのではないでしょうか」(芸能記者)

ナイナイ岡村からも苦言

闇営業騒動による活動休止からユーチューバーとして再出発を果たした雨上がり決死隊の宮迫博之(49)に対し、盟友のナインティナイン岡村隆史(49)が苦言を呈しました。

30日深夜に自らのラジオ番組で言及。

ユーチューブで宮迫が「相方の横に戻りたいです」と発言したことに反発。相方・蛍原徹(52)の名前を挙げ

「ホトちゃんの意見をちゃんと聞かないとアカン。ユーチューブで言うのはボクは違うと思う」と疑問を投げかけたのです。

コンビとしての復活にも触れ「道のりはちょっと長くなるかな。活動も大変になるんじゃないかなと正直思った」と心境を打ち明けています。

スポニチ本紙の取材によると、蛍原と岡村らは、ロンドンブーツ1号2号田村亮(48)の復帰会見のタイミングに合わせて29日から宮迫が活動を再開することに最後まで反対しています。

宮迫がタッグを組む人気ユーチューバーのヒカル(28)側の意向が強かったとみられますが、周囲では「見切り発車すぎた。今後にしこりが残ってしまう」と心配する声が上がっているのです。

ネットの反応

「亮くんの復帰に合わせるかの様に、、、YouTubeで臭い演技の様な謝罪を当てて来た宮迫さんは、とても腹黒く感じます。低評価多く、ヒカルさんに頼りっきり。復帰の時、亮くんの隣りには、淳くんがいた。一方、宮迫さんの隣りには、ヒカルさん?おかしいよね。復帰のタイミングも、復帰の場所、仕方もおかしいし、反対されるよね。自己中さに、芸人仲間もどんどん離れていってしまうんじゃないの。」

「宮迫は、もっと空気をしっかり読まないといけないと思う。蛍原の名前を出すのなら、蛍原としっかり話し合ってからにしてほしい。前の闇営業の時と同じで、独断で周りが自分の意見に同調してくれるだろうという、甘やかさを感じる。今回のYouTubeでの会見のおかげで、話題性はあがったと思うが、反面、宮迫のテレビ復帰はほぼ無理になったと、改めて感じる。」

「ビックリだ。
相方の意見よりも、付き合いの長い同士よりも、よくわからんヤツの意向に従ってしまうのか。。雨上がり解散となってもおかしくない事ですよ。甘えだよね、自分が人前で喋ったり、お笑いをやっていない不安で早く手応えのある事をしたいのはわかる。けれど、それも自分だけの事だよ、相方、仲間の事を一切考えてない。松ちゃんが問題があった時に、助言をした事を無視した事と同じ事をしている。自分だけの自分よがりの行動。何を反省して、何を事件で学んだのか。」

本当に売れて地位がある人は冷静な判断力と自分の置かれてる立場などが分かっています。

第一奢りがないし、ストイック…宮迫にはそれがないように感じますね。

おすすめの記事