お笑い芸人の宮迫博之が自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」で8日、串カツチェーン「串カツ田中」のネーミングライツ(名称を付与する権利)を2000万円で買うことを発表。

同チェーン店の約270店舗を1ヵ月間「串カツ宮迫」にすると宣言…ネット上で話題となっています。

苦境明かす貫社長…他人事でない宮迫

知り合いという「串カツ田中」の貫啓二社長を訪れた宮迫。

貫社長はコロナ禍の影響で「どこも手の打ちようがないって感じですね」と飲食業界が受けているダメージの深刻さを吐露。

さらに、

「普通の居酒屋とかレストラン業態だと売り上げ90%ダウンは普通。僕らもそれをちょっとでも減らすために売れるもの何でも売って」

と窮状を訴えたのです。

テイクアウトで串カツセットや弁当を、あるいは業務用で使われるはずだった野菜を安く販売するなどピンチを切り抜けようと努力しているようですが…。

「助成金も一部出ているが(もらえるまで)すごい時間がかかる。半年後ぐらいになって(店が)持つ?みたいな」と、苦笑いするしかない貫社長。

宮迫は、自身も大阪は茨木市にある実家のたこ焼き店から暖簾分けする形で「みやたこ」を都内で5年前から運営しているだけに、他人事ではなかったのです。

「かっこいい」“男気”を称賛する声も

「飲食業の社長らでZOOMなどでミーティングしているが、ウルトラCがまったくなくて」と困り果てた様子の貫社長。

クラウドファンディングを始めると明かし、一番の目玉としたのが「ネーミングライツ。

『串カツ宮迫』とか2000万するんですけどどうですか?」と提案。

思わず爆笑する宮迫だったのですが、貫社長も笑いながら「お願いできませんかね?(1ヵ月間、)270店舗ぐらいの店名が全部変わるんですよ。

ホームページから全部変えます」と畳み掛けます。

宮迫は自身も経済的にかなり苦境にあることを説明しつつ、実際に串カツを食べながら「むちゃくちゃうまい」と絶賛。

貫社長の再三のお願いに立ち上がる覚悟を決めたのか、スタッフにも煽られつつではあったが最終的には「マジで買います」と宣言したのです。

「ちょっと何がしか保険を解約します」と資金調達方法についても語ると、貫社長は感謝するばかり。

宮迫は清々しい表情で「これがきっかけになったらいいじゃないですか。何がしかで盛り上げていけることができる人たちはやっていきましょう。そうじゃないと自分たちが暮らす町、都市、国がダメになってしまいますから」と語っていました。

「串カツ宮迫」は7月頃登場

具体的には「串カツ宮迫」は7月頃登場する見込みです。

これにネット上では

「宮迫さん、かっこいい」
「宮迫さんも(自分の店の店員の)給料払わなければいけないのになかなか決断できることじゃない」

と、宮迫の“男気”を称賛する声が続出しています。

昨年からイメージダウンの激しかった宮迫ですが、これがイメージ回復の一打になるのか…。

ネットの反応

「それだけの蓄えがあるならセコい内職する必要はないでしょう。そもそも今回の件は男気というよりビジネスの一種であり投資でしょう。」

「非常に宮迫さんらしい。陰で見えないようにやれば、凄くかっこいいのですが、自身のYouTubeで見せるあたりが宮迫さんらしい。性格は変わらないんです。」

「最近宮迫上げの記事多いよな。反応もやけに好意的だし。この仕掛けに感化される人いるだろうね」

看板を変えるだけでも2,000万円ではきかないような気がします。どっちの持ち出しが多いのか。

イメージアップできるのなら、宮迫にとってはかなりお得かもしれませんね。

おすすめの記事