水色ナンバーの不思議…普通免許要だけどシートベルトもヘルメットも不要!?

要普通免許だけどシートベルトもヘルメットも不要! 

「水色」ナンバーのマイクロカーって何もの?

ミニカーというと、いわゆる趣味で集めるような玩具的なものをイメージするかもしれません。

しかし、今回は実車。

混同を避けるために、マイクロカーと呼ばれることもありますが、いずれにしても軽自動車や小型特殊などのようなクルマの種類のことを指しています。

パッと見、それとわからないような車種もあるので、あまり見かけないように思うかもしれませんが、最近は流行っていることもあって、よく見るとけっこう走っていることに気がつくはず。

ジャイロキャノピーはミニカーのベースとして人気!

まず特徴は水色のナンバーだろう。さらに車両の規定としては下記の3つ。

・3輪以上のもの

・総排気量が20ccを超え50cc以下のものまたは0.25kwを超え0.6kw以下のもの

・車室を備えている、もしくは輪距が0.5mを超えるもの

細かいようですが、排気量は原付きと同じで、3輪はホンダのジャイロキャノピーがあるのでとくに特殊ではなく、実際こちらはミニカーベースとして人気です。

つまりジャイロキャノピーであれば、輪距をクリアするだけでミニカーにすることができるということになります。

これもじつは簡単で、ワイドタイヤを履かせたり、ハブを交換するなどすれば完了。

もちろん、フェンダーからはみ出ると違反なので、タイヤが隠れるところまで伸ばす必要はあります(やっていないクルマはけっこういるが)。

クルマと原付のいいとこ取り!

このミニカー、法律的には曖昧で、125ccのピンクナンバーのバイクが原付二種と小型自動二輪とそれぞれ呼ばれるのと同じように、まず道路交通法では自動車扱いで、道路運送車両法では原付扱いとなります。

ミニカーのメリットはこのふたつのいいとこ取りが多くて、まず自動車なので二段階右折は不要で、ヘルメットもかぶらなくてOK。

法定速度も60km/hと、性能的には原付きにも関わらず、大幅に緩和されるのはメリットとして大きいでしょう。

また原付き扱いという点では、シートベルトを装着しなくていいし、車検や購入時の車庫証明も要りません。

また税金も安いのです。

もちろん、デメリットもあって、高速道路や自動車専用道は走れないのは仕方がないとして、問題は免許です。

自動車になるので、普通自動車免許が必要。

ベース車では運転できた原付免許ではダメになり、自動二輪でも運転はできないのです。

積載量に関しては原付きと同じ30kgのままとなります。

メリットはかなり大きいのですが、だからといってミニカーを購入する動機としては薄いというのは正直なところです。

仕事に使ったり、荷物を運ぶことが多いなど、ライフスタイルや目的に合えばミニカーを購入するというのが自然なように思えます。

ネットの声

「元々が2輪車枠一杯に造った車両なので車輪幅が数ミリでも超せばミニカー扱いになるのは、法律上何も問題はないです。但し、運転マナーなど事故が増えれば、お上も黙ってないので気を付けるべき。」

「安全装置がない事をメリットに感じる人っているの?シートベルトは倒れたら危険だからない方がいいけど、どう見てもヘルメットは被った方がいいだろ。どう見てもこけたらカウルに頭打つでしょ。普通のバイクより危ないと思うが。」

「ただのジャイロを青ナンバーにしてノーへルで乗ってる人いるけど事故した時や転けたりする時のこと考えてないんだろうと思う。ジャイロでもハイサイド起こすみたいだしね。」

おすすめの記事