米国の受刑者は命懸け…釈放目当てで自らコロナに感染しようと…

アメリカ・ロサンゼルスの刑務所で収容者らが新型コロナウイルスに感染すれば釈放される可能性が高くなると思い込み…。

コロナウイルスにわざと感染しようとしていたことが分かりました。

映像にしっかりと…

これは先月、ロサンゼルス郡にある刑務所内の防犯カメラがとらえた映像です。

収容者らが水を回し飲みしたり、マスクをかいだりしている様子が映っています。

郡当局によると、収容者はわざと新型コロナウイルスに感染することが目的だったということです。

感染すると保釈される??

「収容者たちの間で新型コロナに感染すれば、より多くの収容者を刑務所から釈放せざるを得なくなるという誤った思い込みがあった」(郡当局者)

防犯カメラの映像が撮影されてから1週間以内に20人余りから陽性反応が出ています。

なかには、体温測定の前に湯を飲んで、体温を上げて感染したと誤認させようとした収容者もいたということです。

保釈ではなく隔離だと思う…

監視カメラには受刑者が給湯器の周りに集まって水を飲んだり、マスクをかいだりしている様子が捉えられています。

保安官は記者会見で、より多くの受刑者を釈放させようとして意図的にこうした行為を行うことについて懸念を表明しました。

検温前に口内の体温を高めるためにお湯を飲んでもいたということです。

監視カメラの映像が判明してから1週間以内に21人の受刑者が検査で陽性と判明しました。

保安官によれば、受刑者は全員、カップラーメンを食べたりインスタントコーヒーを飲んだりするために自分のコップを持ち管理しています。

保安官はコップについて、共有するようなものではなく、基本的な衛生学の観点からもそうするべきではないと指摘。

退所を目的に意図して行われた行為であると考えられると述べた。

当局はこうした受刑者に対して意図的にウイルスを拡散させたとして刑事訴追できないか探っています。

ロサンゼルス郡では3月に新型コロナウイルスへの懸念から一部の受刑者を早期に釈放したなどと報じられていました(誤報です)。

ネットの反応

「アメリカだけにあり得そうで怖いのですが、命を落としてしまったら意味がないですね。」

「コロナウイルスに感染した人を解放するわけないじゃない?考えたら分かりますよね?」

「いやいやいや、感染したら独居房でしょう…。それか感染者を集めて隔離…。100歩譲っても釈放はありえません。」

これは、もうウマシカとしか言いようがないですね。

命がけなのですが、それでも思いは絶対に成就しませんから…。

かからなくていいのに、わざとかかってそれでどれだけの人に迷惑をかけるのか…

おすすめの記事