木造の家と鉄コンの家…年間コストは??

「木造の家」と「鉄コンの家」年間コストのとんでもない差額

多くの人が一生に一度の買い物である「マイホーム購入」。

木造の家のほうが建築の値段は安いですが、長い目で見るとRC造(鉄筋コンクリート造)のほうが得になる理由とは。

RC造の家が木造や鉄骨造より、高いのにお得?

家の価値は「イニシャルコスト」ではなく「ライフサイクルコスト」で考える

RC造(鉄筋コンクリート造)には木造や鉄骨造に比べてどうしても建築費が「高い」というイメージがつきまといます。

確かに、延床面積40坪の住宅を建てるとなった場合、木造の建築費が約2000万円なのに対し、RC造では3000万円以上の費用が必要となるため、「高い」と感じられるのも無理はありません。

しかし、建築費だけを見て「RC造住宅はコストが高い」と認識するのは間違いです。

住宅購入を単なる買い物ではなく、今後のための資産運用と考えるのであれば、維持費も含めた「その家に住むために要する費用のすべて」、すなわち「ライフサイクルコスト(LCC)」に着目することが重要なのです。

住宅の取得に要するコストは「購入価額-売却価額」で求められます。

例えば4000万円で購入した住まいが1500万円で売却できたら、居住に費やした費用は2500万円だったというわけです。

しかし、この売却費には「耐用年数」が大きく関係することを忘れてはいけません。

住宅購入の際には多くの人が住宅ローンを利用します。

返済期間が30年以上にわたるという人も少なくありませんが、その場合、木造なら22年で資産価値がゼロになってしまいます。

例えば30代で自宅を購入した場合、定年退職する頃には家の価値はなくなっていますから、リタイア後の軍資金としては活用できません。

耐久性の高いRC造の住宅ならば資産価値が長く残ります。

高い売却価額が期待できるのはもちろん、賃貸住宅として貸し出しても居住性やデザイン性が高く、入居者が付きやすいので、資産として大きな価値を計上できるのです。

補修は何年ごとになるのか?

入居後の維持費に見るRC造のメリット

住まいを持つとなると、住宅の建築費用に加え維持費が必要です。

住宅の維持費としては以下のようなものがありますが、それらを含め総合的に判断すれば、RC造のほうが「お買い得」といえます。

メンテナンス費用・リフォーム費用

通常、木造住宅の外壁は10~15年サイクルで補修が必要とされます。

一方、RC造住宅は建築時にしっかりとコーティングをしておけば、外壁の塗り替えは25年程度に一度でも問題ありません。

例えば50年暮らす場合、木造であれば最大5回行うメンテナンスが2回で済むわけです。

また、地域によってはシロアリの駆除が欠かせませんし(こちらは5年が目安とされています)、前述のように、RC造に比べると震災や火災によって大規模な修繕が必要となるケースも考えられます。

このように耐久性が高いRC造住宅は、長期的に考えるとメンテナンス・リフォーム費用を抑えられる傾向があります。

年間で数百万円の差が生じてしまうことも…

火災保険料

建物の耐火性能は火災からの被害を抑えるだけでなく、火災保険料の節約にも役立ちます。

住宅ローンを組む際には金融機関から火災保険への加入が求められますが、火災に強いRC造は保険料を低く抑えることができるのです。

火災保険料は住宅の構造や種類を主な基準として「M構造」「T構造」「H構造」の構造級に分類したうえで、決定されます[図表]。

このうち「M構造」はマンションにのみ適用されるカテゴリです。

そして戸建て住宅のうち耐火性能が高いと認められるものは「T構造」、それ以外は「H構造」となります。

耐火性能の分類には住まいの工法が大きく関連しており、RC造の場合には無条件で高性能な「T構造」に分類されます。

火災保険料では「構造級」以外にも地域のリスクなどが加味されますが、住み続ける限り支払い続けるものなので長期的に見ると負担に大きな差が現れます。

一般的にRC造の火災保険料は木造の半額程度とされていますから、年間4万円程度の違いであっても、30年、40年暮らせば120万?160万円の差額が生じるのです。

光熱費

RC造の住まいは断熱性と気密性に優れているため、冷暖房費を抑えることができます。

エアコンの使用を抑えても夏涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

外気温の影響を受けにくいので、光熱費の節約が可能であり、長く住むなかではコストに大きな差が現れます。

建築費はライフサイクルコストの15~20%といわれます。

条件により異なりますが、ライフサイクルコストで比較すると、RC造が他の工法と同等となる、あるいは下回る可能性は小さくありません。

耐震・耐火性能や快適さといった要素も加味すれば、さらにRC造のメリットは大きくなります。

おすすめの記事