お金がどうしても必要…少ない金額なら何とでも方法があります。どうしようもないときは、街金からでも借りるしかありません。

お金が必要なときはどうしたらいい?

お金が必要なときはどうしたいいのでしょうか。
必要なお金が3万円ですぐにでもお金が必要なら友人知人からお金を借りるのがいいでしょう。
3万円程度のお金でしたら、友人知人の財布の中に現金として入っているお金です。
というよりも、だいたいの人は財布の中の現金はいつでも使えるように用意しているものです。

そういったお金を友人知人から借りようということですね。
誰でも危急のときにすぐにでも役立つように財布の中に現金を入れているものですが、その金額の相場が3万円ということだそうです。
もちろん人によって金額の差があると思いますが、3万円という金額は自分の胸に照らし合わせても妥当な金額と言えるでしょう。

そういったお金を友人知人に用立てしてもらうとすぐにでもお金を貸してくれるでしょう。
昔からのつきあいですから、お金を貸しても必ず返してくれるという安心感があるのは間違いありません。
もっともそんな感覚もなくすぐにお金を用立てしてくれるのが友人知人というものなのです。
ですから、借りるほうもしっかりとマナーを守らなくてはいけません。

友人知人とのお金の貸し借りのときは、お金を借りるほうが借用書を用意しましょう。
通常でしたらお金を貸す方が借用書を用意するものですが、友人知人だと気が引けてしまうので借用書を用意しにくいものです。
ですから、ここは借りる側のほうで借用書を用意しましょう。
友人も水くさいと言うかもしれませんが、親しき仲にも礼儀がないといけませんので借用書はあったほうがいいです。

どちらでもかまわないので、借用書は必ず用意するようにしましょう。
そして借用書なのですが、これには、次の給料日の翌日に一括返済するといった旨の内容を一筆したためておきます。
具体的に返済期日を明記しておくのです。
間違っても分割返済するような書き方をしてはいけません。

友人知人の貸し借りは、一括返済でなおかつできるだけ早く返済することが基本です。
ポケットマネーで貸してくれるのですから、借りる側もできるだけ早く一度で返済するようにします。
逆にいうと、財布の中にあるお金を借りるのが友人知人の間での貸し借りの基本です。
ATMにわざわざ引き出しに行くような形の貸し借りは、しないようにします。

そこまでしてもらうくらいでしたら、銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
友人知人でしたら気軽にお金の貸し借りができるのですが、それも限度は3万円程度、財布の中にあるお金に限るというルール作りが必要です。

3万円程度のお金でしたら、家の中にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうことでなんとか捻出することができるかもしれません。
不要品ですから、誰にとっても不要品の可能性が高いので、買い取り価格も低いですし、買取値が付かないケースも多いでしょう。

そういったときは不要品ですから処分するという気持ちを持っていたら気が楽です。
処分しながら値段がつくのですから一石二鳥といってもいいでしょう。
数多く買い取りしてもらうことでそれなりの金額になることでしょう。

それでも、1万円か2万円の買取値がせいぜいかもしれません。
そのようなときは、家にある書籍やコミックなどの買い取りをしてもらうようにしましょう。
人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高値買い取りが期待できます。

また、書籍もベストセラーよりもレアもののほうが高値になることが多いので、書籍もコミックも数多く買い取りしてもらうことで、楽に3万円に到達することができるでしょう。
不要品の買い取りよりもこちらのほうがいい値段になるかもしれません。
もっとも、不要品や書籍の買い取りとなると、家にあるものというのが前提条件になるので、何度も使える方法ではありません。

一度使い果たしてしまうと、次の不要品や書籍が溜まるまでに数年かかることでしょう。
ですから、ここぞというときに不要品や書籍の買い取りをしてもらうようにしたほうがいいでしょう。

また、自分の力でお金を稼ぐという方法があります。
3万円程度でしたら、次の給料日になるとなんとかなるので、それまで待つのが一番なのですが、この2,3日の間に必要なのですから、友人知人を頼ったり不要品などの買い取りをしてもらうのです。

それ以外の方法となると、自分の力で稼ぐしかありません。
自分の力となるとバイトしかないのですが、すぐにお金が欲しいので日払いのバイトということになります。
日払いのバイトとなると、あるのはガテン系のバイトが多いです。

ですから、体力勝負となるので、体力に不安のある人は避けたほうがいいかもしれません
するとなると1日で1万円くらいの稼ぎにはなるので3日で3万円ということになります。
昼間の仕事があるようでしたら土日にがんばって3万円稼ぐことも可能です。
その場合体力勝負となりますが、誰にも迷惑をかけずに自分の力で稼ぐのですから、一番推奨したい方法です。


ただし、日頃ガテン系の仕事に慣れてない人でしたら、ケガをする可能性もあるので注意しましょう。
また、事前に労災をかけてくれるのかどうかも確認しておいたほうがいいです。
労災保険をかけるのは雇い主の義務なのですが、日払いの場合はかけてないこともあるので、その点か確認が必要ですし、労災保険をかけないようなところで働いてはいけません。
ケガをしても治療費は自分持ちとなるとせっかくの稼ぎが飛んでしまいますし、赤になる可能性もあるからです。

銀行と消費者金融会社

まとまったお金が必要なら、銀行か消費者金融会社に融資の申し込みをするといいでしょう。
どちらかというと銀行のほうが金利が低いので返済がしやすいです。
しかし、誰でも気軽に銀行からお金を借りることができるわけではありません。
銀行カードローンの審査は厳しく、属性の低い人でしたら、審査に通ることはできないでしょう

この属性というのは、お金の借りやすさやその人の信用度などを測る指標のようなものです。
属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、その中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態なのです。
雇用形態は正規雇用と非正規雇用に分かれるのがですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。

正規雇用の人のほうが属性が高いのがわかるのですが、それは収入が多いとか少ないといったものではありません。
雇用形態ですから、会社が雇用を保証しているかどうかがポイントになるのです。
正規雇用の人でしたら、入社時に会社と交わす雇用契約は定年になるまで有効です。
つまり、定年まで会社が雇用を保証しているということになるのです。

いっぽうの非正規雇用の人も雇用契約があるのですが、これは有期契約になります。
期間は3ヵ月、6ヵ月あるいは1年というものでその期間は雇用契約によって会社が雇用を保証しているのですが、更新時は会社が雇用契約を更新しなければ、即退社ということになるのです。
雇用契約が結ばれているあいだは、正規雇用でも非正規雇用でも同じように雇用が保証されているのですが、その期間が正規雇用と非正規雇用では大きく違ってくるのです。

そこを銀行は安定した収入を得ているとはいえないということで、非正規雇用の人の属性を低く見ているのです。
すなわち銀行カードローンの審査に通りにくいということになるのです。

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に通らなければ、次の手としては消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。
消費者金融会社のカードローンと呼んでいますが、カードローンを扱っているのはアコムやプロミスなどの大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社だけです。
カードローンシステムというのは大規模なもので、業容の大きな消費者金融会社でなければ運用が難しいのです。

一部の消費者金融会社では、たとえば北海道内でのみ利用できるカードローンを取り扱っている中小消費者金融会社もあります。
消費者金融会社は、アコムやプロミスなどの大手消費者金融会社の他に、中小消費者金融会社、さらにはもっと小さな消費者金融会社である街金があります。

大手消費者金融会社のカードローンの審査が消費者金融会社の仲でも最も厳しく、延滞歴などのある人でしたら、カードローンの審査に通ることは難しいでしょう。

特色のある中小消費者金融会社

消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社と街金で占められています。
知名度の高い大手消費者金融会社は、数社程度でしかありません。
中小消費者金融会社や街金の名前は知る人ぞ知るくらいの知名度ですから、どこかに特色をもって金融商品を取り扱わないと、存続自体が怪しくなってくるのです。

街の貸金業として成り立っている街金でしたらいいのですが、ある程度の規模のある中小消費者金融会社でしたら、それぞれ何かに特化した金融商品を取り扱っているところが多いのです。
大手消費者金融会社からお金を借りることができない人は、複数の債務を抱えている人も少なくないでしょう。
そういった人のために借り換えローン、いわゆるおまとめローンを扱っている中小消費者金融会社は少なくありません。

さらに、法人関係に特化したローンを取り扱っている中小消費者金融会社もあります。
他にも、何かに秀でたような特徴を持つ中小消費者金融会社が多いのです。
特に多重債務になる前に借り換えローンを利用して、債務の一本化を図るのが複数の債務を持っている人がまずは行わなければいけない対策です。

街金でお金を借りる

消費者金融会社の中では、最下層にあるのが街金です。
街金は起業でいうと零細企業ということになるでしょうか。
街の貸金業として、特に大きく売り出すわけではないので、ホームページを持っていないところがほとんどです。
そういったところですから、貸出金額の相場も10万円程度となっています。


これだと、借り換えローンの役には立ちそうにありません。
しかし、わずかな金額の融資を行っているので、審査にも通りやすくというよりも独自審査によって、働いていればまず審査に落ちることはないといった融資を行っているのです。
困ったときは、少しでもお金を借りたいときは街金に頼ったらいいでしょう。

ネットの声

「ベンチャーで資金調達も経験してるし、VCとして出資も経験してるし、何なら実家は街金から借金して倒産したし、それなりに経験あるし、いろんな立場からフェアなこと言える気がしてるよ。」

「知り合いが街金に借金しに行こうとしたときに「一借り行こうぜ!」って誘われたw行くかボケwww」

「ギャンブルやら何やらで借金膨らんで破綻しそうな人が借金する場合、街金みたいなところでトイチとかの金利で借りるしかないじゃん? 返せる見込みが無いから当然だよね。じゃあ、同じ破綻寸前と言われてる日本政府はいくらの暴利をふっかけられるのかと言えば金利ゼロだよね。」

今でいう高利貸しはヤミ金ということになりますね。もちろん街金はヤミ金ではありません。

おすすめの記事