日本一になった森且行のオートレーサーとしての評価は?

オートレーサー森且行(46)「SMAP卒業から25年目の日本一」オートレース業界の本当の評価は?

森は2000年にオートレース界の最上位である「S級」にランクイン。

以来、苦節20年。「日本選手権で初めて優勝する年齢」として、46歳は史上最年長です。

大きくオートレースの歴史を塗り替えたことになりました。

そして何より、森は元SMAP。

「卒業」してから24年間が経とうとも、いまだに彼を語る時にはSMAPの名前がついてまわるのです。

その森が日本最高峰のレースで優勝した意味をあらためて解きほぐします。

当初は「何を考えてるんだろうね」と厳しい声も

「嬉しい。そのひとことです」

森の優勝について、あるスポーツ紙記者は感情をあらわにします。

氏はもともと芸能を担当していたのですが、のちにスポーツをカバーするようになった経歴を持ちます。

「あのときは、誰もがびっくりしたと思います」

1996年の“SMAP卒業&オートレース転向"を芸能記者として目撃した氏は、まるで昨日のことのようにその衝撃を語ります。

「SMAPの結成は1988年。でもすぐに人気が出たわけではない。CDはそんなに売れなかったし、トップアイドルになるようなグループとは思えなかった。それでもバラエティなど過去のジャニーズアイドルがあまりやらなかった分野に進出しながら、国民的な知名度、人気を獲得していきました」

SMAPの躍進にとって欠かすことのできない転機が、1996年4月に始まった『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)です。

「月9」直後の10時スタートという最高の時間帯で大々的に始まった冠番組。

しかし森がSMAPを脱退したのは、その開始から1カ月後のことだったのです。

「人気も上向いて、自分たちの番組を持った矢先にやめると言ったんです。当時はインターネットもそこまで発達しておらず、まさにテレビ1強の時代。周囲は驚いたというか、本当に理解できないといった感じでした。業界的にも、育ててもらって今から事務所に恩返しという時期でしたから、『何を考えてるんだろうね』と厳しい声も聞きました」

それでも、森は意志を曲げずにオートレースの世界へ転身します。

嫉妬ややっかみも

しかし意を決して飛び込んだオートレースの世界でも、決して好感を持って迎え入れられたわけではなかったようです。

オートレースに詳しいライターが当時の厳しい“空気"を振り返ります。

「そりゃあ、オートレースの運営サイドからすればビッグニュースだし、注目されて嬉しい、という感じでした。でもレーサーたちにしたら『面倒くさいヤツが入ってきたな』という雰囲気。自分たちの利益になるわけじゃないですからね。森の出場するレースにだけ若い女性ファンが詰めかけることもあって、嫉妬というかやっかみの視線で見られていたと思いますよ」

芸能界からも、オートレース界からも冷たい視線を浴びながらの再スタートだったのです。

それを覆したのは、シンプルな努力の積み重ねでした。

「いざスタートすると、その熱心さで周囲も認めていくようになりました。練習の時間も長いし、バイクの整備も自分が納得するまでとことんやる。何より、元SMAPであるというスター然としたところを全く出さないんですよね。本気でレースがやりたくて来たんだな、仲間だなと周囲に認められていきました」(前出・オートレースライター)

SMAP時代から「レース」への関心は人一倍

前出のスポーツ紙記者も、森がオートレース界に受け入れられていくのを見ながらSMAP時代のエピソードを思い出していました。

「オートレース転向を発表する2カ月くらい前でしょうか、森さんがラジオでJRAの騎手と対談したことがありました。そのときの森さんはこちらが驚くくらい真剣で、最初は仕事へのプロ意識かなと思ったのですが、あれは『レース』を仕事にする人への興味が溢れていたんでしょうね。しかも森さんのお父さんが熱心なオートレースファンだというのも後から知りました。小さい頃からレース場によく行っていたと聞き、その頃からの夢を叶えたんだなと感じました」

晴れてオートレーサーになった森は、1997年7月6日のデビュー戦で優勝します。

会場の川口オートレース場には普段の倍以上となる3万5000人のファンが押し寄せ、森の単勝車券を買うために窓口には大行列ができました。

女性の観客も普段の10倍近かったのです。

しかし周囲に強い印象を与えたのは、騒然とした空気の中でも決して綻びない森の謙虚さでした。

「優勝会見には、その日オートレースを初めて見たような記者も少なくありませんでした。彼らからはSMAP関連の質問も飛びましたが、森さんはあくまでも1人の新人オートレーサーとして夢を語った。スポットライトは人の感覚をおかしくすると言いますが、森さんは本当に地道な感覚を持っている」(前出・オートレースライター)

1998年には新人王決定戦で優勝、2000年にS級昇格、2003年にGII若獅子杯でグレードレース初優勝。

その頃にはオートレース界でも1人のレーサーとして完全に認められるようになっていました。

「2007年に、オートレースのイメージキャラクターに選ばれたのは象徴的な出来事だったと思います。それまでもCM出演などはありましたが、あくまでも外部の企業に依頼されたもの。オートレース運営としても森さんの知名度は大いに利用したかったはずですが、他の選手などへの配慮も含めて、誰もが認めるトップ選手になるまではイメージキャラクターに起用しなかった。環境が整ったのが2007年だったということでしょう」(前出・オートレースライター)

優勝は運、そこにいたことは実力

2020年、森は46歳になっていました。

デビューから実に23年。

オートレースは40歳代の選手も少なくありません。

しかし、ベテランの域に入っているのは紛れもない事実。

日本選手権でも、優勝候補とは言いがたい立ち位置でのレースでした。

「優勝候補の筆頭だったレーサーが転倒するという“運"はありました。でも、その運を掴める場所にいたことは森さんの実力。優勝者を決めるレースの8人に残るだけでも難しいし、その中でチャンスをモノにするのはさらに難しい。優勝後に同期の選手たちが自分のことのように喜んでいたのを見ると、いかに周囲に愛されていたかもわかる。46歳での初優勝は、これまでの努力のご褒美でしょうね。このレースのためにギリギリまでスタートの工夫を用意していましたし、怠りなく努力してきた証だと思います」(同前)

SMAPという将来を約束された場所を抜け出し、夢を追い続けてきた時間へのプレゼント。

森の日本選手権優勝は多くの人の心に残るレースとなりました。

ネットの声

「間も無く50歳のおっさんが、マスクしててもイケメンがわかる容姿って凄いな!
同じ元アイドルでも、劣化する人と、イケメンのままの年齢を重ねる差が凄いと思う。」

「今回のレースは、先行2選手が離脱して、ラッキー感の拭えない1位だったのは確か。
でも、24年ずっと命懸けで努力してきた人と、一方で「巨大なる力」の後ろ盾があって、踏ん反り返って、やりたい放題の「裸の王様」だった誰かさんとの差は歴然です。時代が変わるのを実感しました。」

「大会3連覇が掛かっていた大本命で全国ナンバーワンの青山周平が準決勝戦フライングで失権。そして、優勝戦での前に行く2人の落車。棚ぼただの優勝と言う人もいるけど、運も実力のうちだと思う。
優勝戦出場メンバーの中で、唯一スタート練習していたのは、森選手だけだった…だから、あのカマシスタートが出来たワケなんだよなぁ
>優勝は運、そこにいたことは実力。
物凄く心に響く名言ですね。謙虚であり続けた姿勢が運によって報われた。とても素晴らしい。」

日本一を決めるレースで優勝しました。それだけが事実ですね。

おすすめの記事