森永卓郎氏が語る…株価は危険水域…

森永卓郎氏が警鐘「株価はすでに危険水域、バブル崩壊は秒読み」

コロナ対策で金融緩和が続く中、日経平均がバブル崩壊後の新高値を更新しています。

このコロナ・バブルはどこまで続くのでしょうか。

経済アナリストの森永卓郎氏が読み解きます。

現在の株高は異常

日米ともに現在の株価は異常に高い水準です。

株価は「半年先の景気の先行きを映し出す鏡」と言われますが、私は半年先に景気が回復するとは到底思えません。

2021年には新型コロナのワクチン普及で景気回復するとの楽観論もあるのですが、非現実的といっていいでしょう。

日本で一般国民にワクチン接種が始まるのは、おそらく米ファイザー社の納期となる6月末。

有効性も副反応も十分に検証されないまま短期間で承認されそうなのも気がかりであり、実際にどれだけの人が接種を受けるか疑問です。

すぐには弾けないと言う声も

バイデン新大統領の政策も経済低迷の一因になりそうです。

富裕層への増税などで景気回復に水を差す公算が大きいのです。

景気後退が予見される以上、今の株高はバブルとしか言いようがありません。

“すぐには弾けない”と捉える向きもあるようですが、そうは思えないのです。

ノーベル経済学賞受賞者で、イェール大学教授のロバート・シラー博士が考案したシラーPER(株価収益率=株価の割高感を示す指標)を見ても、割高とされる25倍を超える状態が続いています。

いつ弾けてもおかしくない

ITバブルの時は25倍超えが79か月、リーマンショック前は52か月継続したところでバブルが崩壊して暴落がやってきました。

米国市場では現在、この25倍超えが78か月も続いている状況なのです(2020年11月末時点)。

つまり、2021年はいつバブルが弾けても不思議ではありません。

日経平均株価も「2万円割れ」どころか、現在の半分以下の水準まで急落する可能性すらあるでしょう。

ネットの声

「いつかバブル崩壊するって言っておけばいいんだもん。いい商売よねー。株は上がれば下がるる、下がれば上がる。ただそれがいつか、どれくらいの期間になるかは分からない。それだけ。」

「この記事をみて森永氏がどれだけ薄いかわかった。前からわかってるけど。素人投資家でも割高なのはわかってる。
バブルの原因はコロナによる金融緩和でお金ジャブジャブだからだ。暴落が起こるのは金利上昇でお金が引き締められ始めたら。アメリカの影響が大きい。民主党のトリプルブルーになったことで、財政出動が増え、国債が増加。と予想されて、早くもアメリカの金利が上昇し始めている。実際動き始めたらもっと上昇するだろう。そこでどうなるかだ。
これくらいは基本で、その先を書けや!それを知りたいねん。ド素人か!」

「経済評論家の先生が今の株価をPERだけでバブルと言い切るのはちょっと説得力がないな。みんなバブルだと言うのは分かっていて、それでゲームに参加している。いつかバブルが弾けるのは分かっているけど、それが今日明日で無いとも思っていて、バブルが弾ける前に稼げるだけ稼いで自分は上手く逃げ切れると皆思っている状態。」

株高なのは間違いないでしょう。いつか急落するのも間違いありません。

おすすめの記事