3月17日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集。

その席で、森永卓郎が東京オリンピックについて、すでに「延期が決まっている」「今年の夏は総選挙」と語ったのです。

森卓の予言

安倍晋三首相が16日夜の主要7か国(G7)との新型コロナウイルス感染症に関する緊急のテレビ電話協議後、東京オリンピック・パラリンピックについて「開催に向けた準備を全力で進めている」と説明。

協議後、首相官邸で記者団に

「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして、完全な形で実現することに、G7の支持を得た」

と語ったことについて取り上げたのです。

安倍首相の「五輪の完全な形での実現」という発言の意味を聞かれた経済評論家の森永卓郎氏(68)は

「2年延期ってことはほぼ決まっているんじゃないでしょうか」

と発言。

さらに

「安倍総理には新しい選択肢が生まれている。7月に解散・総選挙を宣言して、オリンピックに代わって選挙をする」

と大胆予測した上で

「総理は『消費税ゼロ』(を公約に)国民の信を問う。立憲も国民も乗れないから、自民が圧勝します」

と自信満々に続けています。

景気対策にはばらまきで

各イベントの自粛などで冷え込む一方の景気について、森永卓郎氏は

「自粛、自粛でどこに行っても閑古鳥じゃ本当にダメになっちゃう。景気が失速すると、失業者が出て自殺者が増える。戦後最悪のマイナス成長になる可能性があるし、相当、(政府が)本気を出さないとあぶない」

と問題提起。

対策として、

「国民1人1人に10万円ずつ配る。とりあえず一家4人で40万円あれば、ローンとかもどうにかなる。12兆円くらい(の予算)でできる。こういうのは細かいヤツを小出しにしてもダメ。ドーンとやらないと」

と話していたのです。

ひきこもり手当を

日本政府が中国、韓国からの入国制限を強化。9日から今月いっぱいまでの見込みで入国者の14日間の隔離などの方針を決定。

この動きに韓国・大統領府が対抗措置をにおわすなど猛反発しているのですが、宮根誠司キャスターから

「この状況、どうですか?」と聞かれた森永卓郎氏は

「今、新幹線も飛行機も繁華街もガラガラなんですけど、これを何か月も続けたら、日本経済はダメになりますよ」

と危機感たっぷりにコメント。

「私、思うんですけど、思い切って4月の1か月、親も子も全員が引きこもる。出入国も全部止めて、そうしたら終息させることができますよ」

と独自案を披露したのです。

あまりのとっぴさに宮根氏が「現実的ではないでしょ」と言うと、「国が1人あたり10万円の引きこもり資金をあげればいい。12兆円あればできるんです。そんな大した金じゃないんです」と森永氏。「

1か月でキレイにすれば、東京オリンピックも安心してできる。そのくらい思い切って、バットを振り抜くくらいのことをやるべきです」と続けていました。

ネットの声

「新型コロナが収束しないうちに解散総選挙なんて無理だろう。それこそ「なぜこの時期に解散するのか」と逆風になるだろう。なんといっても自民党の最大支持層である高齢者が投票に行けない。それに加えて、この期に及んでも「必要な手段を的確に打ちたい」と抽象論しか口にできないアベちゃんが、選挙になったら突然「消費税ゼロ」なんて決断できるとも思えない。」

「完全な形で実現することの意味を、無観客や参加辞退国がない状態と考えるのが当然だろうから、2年延期かどうかは別にして延期になるの既定路線なのだろう。実際、世界中に新型コロナの感染が拡大している状況を考えると、仮に日本で収束したとしても夏の東京五輪の開催は難しいと思う。しかし、既に国や東京都が数千億円を直接投資し、民間企業の投資を合わせれば兆円の桁になる。そして、五輪を目標に日夜努力を積み重ねてきた選手や競技を楽しみにしている世界各国の人たちの為にも、中止するのではなく開催時期を延期にするという判断で良いと思う。」

「投票率が低いほど与党が勝つ確率が高まるのは世界の常識であり常套手段です、だから森永さんの推測は一理ある。混乱したままガラガラの客席で開催するより冷静に建て直したほうがいい、2022カタールワールドカップも冬開催だしね。」

五輪を延期にして総選挙…これは規定路線価もしれません。与党はこれで圧勝でしょう。自民批判が多い以上に野党アレルギーがありますからね

増補版 年収300万円時代を生き抜く経済学 雇用大崩壊!自分らしい生活を送るために

おすすめの記事