静岡県議、ネットにマスク大量出品 「転売品でなく、問題ない」と主張しているようですが…

オークションに出品

焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)がインターネットオークションにマスクを大量に出品していたことが6日、分かりました。

新型コロナウイルス感染拡大でマスクが品薄状態の中、入札で高値に釣り上がったケースもあったということです。

取引履歴や諸田氏の説明によると、諸田氏は2月半ばごろから医療用マスク2千枚セットなどを40回以上にわたって出品。

1回当たり数万~十数万円で落札されていたのです。

諸田氏は取材に対し、出品を認めた上で、出品したマスクは自分が仕事で仕入れた在庫品だと説明。

「転売品ではなく、問題ない」と主張した。落札額についても「出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ」と正当性を強調しています。

しかし、「異なる見方もあるので」として入札価格が74万円台になっていた医療用マスク2千枚セットなどの出品を6日、取り下げたということです。

経済産業省は2月28日、転売目的の買い占め防止のため、インターネットオークションの事業者に対し、マスクや消毒液の出品を3月14日から自粛するよう要請。

諸田氏が出品していたオークションの事業者はこれを踏まえ、オークション形式のマスク出品を14日から禁止するためのガイドライン改定を4日付で掲載しています。

不当転売を法規制へ

政府は5日、国民生活安定緊急措置法に基づき、新型コロナウイルスの感染拡大で品薄状態になっているマスクの不当転売を禁止する方針を表明しました。

インターネットでの高額転売が問題になっているほか、花粉症シーズンも重なって店頭で品薄状態が続いており、罰則もある同法を適用してマスクの安定供給を図りたい考えです。

10日、同法の政令改正を閣議決定し、3月中旬からマスクの不当な転売行為を禁止する方針ということです。

業者だけでなく、個人がドラッグストアなどで購入した商品を転売する行為も禁止対象となります。

違反すると5年以下の懲役か300万円以下の罰金を科します。

ただ、小売店による正規のネット販売は容認し、感染拡大の収束などでマスクが安定供給されるようになれば転売禁止を解除する方針です。

日本はマスクの約8割を中国などから輸入しており、中国での感染拡大を受けて輸入が大幅に減少。

国内メーカーは24時間体制で増産していますが、品薄状態は解消されていません。

一方で、業者らが店頭などで買い占めたマスクをインターネットのオークションサイトなどで高額で売りさばく事例もあり、経済産業省はサイト運営会社に高額転売の防止措置を講じるよう要請。

さらに強制力を伴う形で転売行為を防止するため、今回の措置を決めました。

国民生活安定緊急措置法

1973年の第1次石油危機の際、生活関連物資が不足し、価格が高騰したため、物価の安定を図るために制定された法律です。

物資が著しく不足し、生活に支障が出る恐れがある場合、政府は標準価格の設定や物資の譲渡禁止などの措置をとることができます。

石油危機ではトイレットペーパー、石油、液化石油ガス、ちり紙の4品目が価格安定の対象に指定されています。

同法では特定の地域で生活関連物資が不足し、住民の生活に支障が出る恐れがある場合、業者に物資の売り渡しを指示することも可能。

今回の新型コロナウイルスの問題では政府が同法に基づいてマスクを買い取り、感染拡大が懸念される北海道中富良野町と北見市の全世帯に配布する措置を決めました。

ネットの反応

「無償で病院等に寄付されている方もおられる中、残念極まりないですね。非常識なこの県議には辞職をお勧めいたします。」

「この県議がどんな方なのかまったく存じ上げないのですが、地元の医療施設やら福祉施設に、無償もしくは有償で提供するって手もあったかも
ってか、近親者や支援者にすら、そういう発想する人がいなかったって、悲しいよね」

「1スタでも高額転売横行時はそれなりの価格にいくもんだよ。分かっててやったな。1スタだから大丈夫ってなんか楽天の社長とにたような言い訳してんな。」

転売品ではないので問題ないという言い分ですが、品薄で誰もがほしがっているマスクをオークションで高値で販売してますからね。

普通の人でも非難されているのに、それを県議が行っているというのはどういうことなのでしょうか。

維新の会の議員は問題行動をする人が多い印象です。また、ヤフオクではなく1スタというのが、ここならバレないのでは?といった確信犯的な臭いがプンプンしますね。

おすすめの記事