Œ³–Ø‘å‰î

原監督の隣で評価上げる“参謀役” 巨人・元木ヘッドコーチの万能ぶり。

巨人の原辰徳監督(62)の「V9監督」超えはお預けとなりました。

9月10日の中日戦。

0―1の八回に吉川尚の2点適時三塁打で一時は逆転に成功したものの、その裏に同点とされ、そのまま引き分けたのです。

原監督は通算14年目

2002年の就任から監督として通算14年目。

「打撃の神様」といわれた川上哲治氏を超える球団史上最多の監督通算1067勝は、11日以降に持ち越しとなりました。

そんな原監督の傍らで球団の評価を上げているのが、参謀役を務める元木大介ヘッドコーチ(48)だというのです。

昨オフ、原監督は「凄くチームに浸透した。感謝している。クセ者じゃなくて技量を持っている。周りが見えている。それが凄い」と評価。

「内野守備兼打撃担当」から「ヘッド」に引き上げていたのです。

チーム関係者がこう明かします。

「明るい性格でベンチの雰囲気を盛り上げるのが得意。タレント生活が長かったこともあって、ヘッドコーチの仕事でもあるマスコミとの付き合い方がうまく、対応にたけている。コミュニケーション能力が高いんです。原監督、他のコーチ、選手との会話を欠かさない。『監督の野球を選手、コーチに浸透させる』という役割の適任者という評価ですね。こう言うと、野球以外のことばかりだけど、実は野球の評価も高い。監督が何かを聞いた時、反応が速く的確だそうです。昨年は判断が難しい三塁ベースコーチとして、ほとんどミスなく仕事を全うした。これを監督が高く評価していた。今年は作戦面も助言しているようです」

参謀役として

セ某球団のスコアラーがこう言っています。

「実務的なところで元木さんがきいているともっぱらです。今年の巨人は、場面に応じて内野も外野も守備隊形を思い切って変えていて、これがズバズバ当たる。例えば遊撃の坂本が三遊間や二遊間のヒットコースに守っていると、そこに打球が吸い込まれるように飛んだりする。スコアラーが収集したデータをもとに、担当コーチが指示しているんだろうけど、昨年内野守備コーチとして独自のデータがある元木さんが、ベンチから指示を出すことがあると聞きました」

原監督より「長期」の可能性

今季が3年契約2年目の原監督。

セでは1強敵なし状態で、来季リーグ3連覇を果たせば、長期政権も視野に入ってくるでしょう。

とはいえ、阿部慎之助二軍監督(41)ら次期候補も後に控えています。

それでも「監督が代わっても代わらなくても、元木ヘッドは『長期』の可能性があります」(同前)と言うのです。

コーチ就任前は「タレント」や「ラーメン屋」などと陰口を叩かれていましたが、まさに大逆転。

「神様超え」の原監督以上に笑いが止まらないのは、元木ヘッドかもしれません。

おすすめの記事