オリラジ中田敦彦、「週休5日、1日最大4時間労働」を宣言

オリエンタルラジオ・中田敦彦が、10月12日配信の自身のYouTubeチャンネルの動画『中田が働きすぎない生き方宣言』で、短時間労働への思いを語りました。

コンビでのチャンネルを含め、現在YouTubeチャンネルを4つ運営している中田。

そのうち個人チャンネル3つは、ほぼ毎日投稿しています。

これからは働かない

中田は「これからのスーパースター、働かない。サスティナブル(持続可能)に働く」と持論を披露。

ほかの芸人に向けて「ゴールデンにレギュラー何本持ってる、これが偉い時代は終わる」とコメントしたのです。

今後については「週に4本だけアップロードします」と大幅な更新頻度の低下を宣言。

中田の計算では週2日労働、週休5日になり、収録がある日の1日の労働時間は最大4時間程度になるというのです。

オンラインサロンは仕事にカウントしない

もう一つの収入源であるオンラインサロンのミーティングについては「友達としゃべってる感覚」と明かし、

仕事の時間には含まないそうです。

トレンドは「働かない」

中田は「これからのトレンドは働かない。YouTubeとオンラインサロンだけで食ってくっていう宣言」とビジョンを提示。

そのほかの仕事について「テレビもラジオもやりません。ゲストでも出ません。取材も受けません」と言い切っていました。

YouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学』は、チャンネル登録者数300万人を誇る。彼にしかできない生き方を追求しようとしている。

ネットの声

「あまりにも普通からかけ離れてるから、羨ましいとかも思わない。凄い儲けてるからそんな働き方ができるんだろうなってそれだけ。身近にも感じない。遥か彼方の人って感じ。」

「YouTubeでチャンネル登録者数サブチャンも含めれば400万超えるんだろうし、サロンの収入と合わせれば年収数億円。
頭が良い人だから資産運用で雪だるま方式で増やせる。
そりゃ働かなくてもいいよね。」

「多分今度こそ大丈夫と思っているんだろうが、変化は激しい世の中。後、敵を作りやすい性格。」

情報収集の時間はかなり割いてるでしょう。そうしないと完成度の高い動画ができませんからね。

おすすめの記事