ユーチューブでミスター低評価…TKO木下の逆襲はあるの?

4月1日にYouTubeデビューしたTKO木下隆行。

木下といえば後輩にパワハラをしたことを発端に松竹芸能を退社。

コンビはかろうじて継続できているものの、お笑い芸人としては“崖っぷち状態”なのです。

30万の低評価…

初めてYouTubeに上げた謝罪動画は313万回再生され5000の高評価に対し、30万の低評価という驚異的な記録。

およそ10人に1人が低評価を押していることになります。

現在YouTubeで活躍する雨上がり決死隊の宮迫博之も最初に謝罪動画をあげ、低評価の嵐となりましたが、木下の場合その比ではありませんでした。

宮迫は初めの1本だけ低評価が上回りましたが、木下の場合アップした5本の動画すべてにおいて圧倒的に低評価が多いのです。

カジサックを利用?

「先日『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際に、指原莉乃さんに“謝罪動画を上げることでYouTubeチャンネルの宣伝をして、再生回数を稼いでいるように見える”と言われたことが胸に刺さったらしく、先日上げたカジサックとのコラボ動画(4月16日時点で73万回再生)も広告審査を一旦見送ったそうです。再生回数をリセットし、イチから頑張ると意気込んでいました。
穿った見方をすれば、低評価の嵐だった動画を審査に回すと“今後の収益に響きそうなのでそうしたのでは?”とも考えられます。カジサックは知名度ありますし、再生回数も非常に多いので、広告が付かなくても十分な宣伝効果は得られたでしょう。世間的には反省しているようにも見えますし、うまいやり方と言えます」(芸能レポーター)

動画ではアンチコメントを読み上げて、それに答えていくという企画もありました。

「基本的に素直に謝罪していましたが、コメント欄に大量にあった“バイト先に木下が来て悪態をつかれた”というような“木下目撃情報”の暴露合戦については頑なに否定していました。“こんなこと言うわけない。絶対僕じゃないです。後輩に改めて聞いても木下さんは酔ってもそんなことする人じゃないと言ってました”と潔白を主張していました。
一つ気になったのは神妙な顔をしていましたが、着ているパーカーが、自分の服のブランドなんですよね。ここぞとばかりに宣伝したいのかもしれませんが、今の木下さんが着ていると逆効果じゃないでしょうか…」(ワイドショー関係者)

後輩に聞いてみた企画も

4月12日には《後輩に電話してTKO木下のイメージを聞いてみた。》という企画がありました。

木下は自ら“いま後輩というのは僕にとってパワーワード” “動画でコラボせえへん?いまミスター低評価やけど大丈夫?”などと後輩に対し自虐を言う場面も…。

すでにパワハラや嫌われ者キャラをネタにしているようです。

「松竹芸能を辞めたフリーの芸人で自分を擁護してくれるような後輩や、いつも木下さんに服をもらっているという後輩が登場していました。少しでも良い人に見られたかったのかもしれませんが、世間はお見通しのようで、この動画も圧倒的に低評価が多い。
しかし動画を見てから面白くなかったので低評価を押しているとは思えない。コメント欄には“低評価だけを押しに来ました!”と堂々と言っている人が多いんです」(スポーツ紙記者)

パワハラ被害にあった後輩とは和解したと主張している木下。

「悪名は無名に勝る」とは言うが、果たしてYouTubeで稼ぐことはできるのでしょうか。

ネットの反応

「低評価付けてくれるだけ皆優しい。動画回数がカウントされると思うと見る気にもならない。一度たりとも見た事が無い。」

「おそらく彼は、とにかく自分のことしか可愛くない人。虐めた後輩芸人のことも含め、ほんとは人のことなんてどうでもよく、自分がこの状況から早く解放され、その後、フリーになった自分の収益が高くなることしか考えていない。だから自分のブランドの服を着て出て、思い通りに行かないからと拗ねている。根が腐っているとはそういうこと。そういう人間性が目に出てる。悪いけど、応援する気にならない。」

「結局、可愛げがあるかどうかなんですよね。兼近氏とか本来なら追放されてもおかしくない事を犯していても逆に好感度が上がったりしたり・・ 日本人は特有に憂いとか、人への感度が敏感ですから。彼の性根に嫌悪を感じ取ってしまうのでしょうね。」

まずしゃべりが面白くありません。

後輩芸人に直接電話して率直な意見を聞くというのも、『逃げ場のないところからの公開パワハラ』のような感じで良い気持ちはしなかったですね…。

それと、ときどき怖い目をするときがあるのが気になりますね。

おすすめの記事