無免許当て逃げ都議…「なかなか4回も免許停止にならない」

柔道五輪3連覇の野村忠宏氏(46)が10月14日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。

7月の都議選中に起こした無免許運転での人身事故を公表せず再選、都議会を欠席し続けている木下富美子都議(55)について言及しました。

欠席が続いている

木下都議は議会定例会の閉会日にあたる13日も姿を見せませんでした。

この日は議会が辞職勧告決議に対する対応について説明を求めていた期限。

木下都議は体調不良を理由にしています。

議会は今後、失職とする「除名処分」も含めて処遇を検討していく方針。

野村氏は

「まず普通に生活して、なかなか免許を持っている方で4回免許停止にならないですよね、そもそも。実際こういう報道がされる中で都議になってますけれども、議会に行かない、辞職しない、報酬をもらい続けるって普通の感覚であれば理解できない部分が多いですよね」

と自身の受け止めを述べました。

報酬は寄付するといっているが…

事務局によると、木下都議には再選後、議員報酬(81万7600円)と政務活動費(50万円)がそれぞれ3カ月分、計395万2800円が支給されているそう。

現状のまま12月を迎えると、冬のボーナスに当たる期末手当(204万5022円)も振り込まれます。

報酬は公選法の規定で返納できず、木下都議は「寄付などの対応を取りたい」としています。

【木下都議の経過】

▼7月2日 板橋区内で乗用車を無免許で運転。後退させた際に後ろの乗用車に衝突し、そのまま逃走。男女2人に軽傷を負わせた。

▼7月4日 都議選で再選。

▼7月5日 選挙期間中の無免許事故が発覚。

▼7月6日 都民ファから除名処分を受け、自ら立ち上げた1人会派「SDGs 東京」に所属。

▼7月23日 都議会が辞職勧告決議を全会一致で可決。

▼9月17日 警視庁が自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の疑いで書類送検。

▼9月28日 2度目の辞職勧告決議が都議会で可決。自身の公式サイトでは議員活動継続の意向を示す。

▼10月4日 都議会が召喚状を送付。

▼10月13日 体調不良を理由に、この日まで召喚状に応じず。

ネットの声

「野村さんの言う通りだと思われ、木下さんの現在の行いは常識では理解出来ない不可解な行動であり、決して許してはいけないことだと感じられます。」

「誰もが思ってた正論だね!
そもそも4回も免停になってるなら解除される手順を把握してるはずだから解除されたと勘違いしてましたは通用しないよね。免許も手元に戻ってないはずだし。さっさと辞任して不労で得た報酬を慈善団体なりに寄付してりゃすぐに騒ぎも収まったのに。」

「しかも、免停期間中は免許証を没収されているはずで、免停解除日を勘違いしていた云々と分かりきった嘘、言い訳をして無免許運転してたことも悪質極まりない。完全なる確信犯。」



おすすめの記事