使えない上司が多すぎる…。職場で聞こえるのがこんな声です。上司というと部長や課長といった役職がイメージされます。地位に関心がないという若者が増えていても、せめて部長や課長にはなりたい??

新入社員憧れの役職は部長職

目標とする役職は?」と聞かれると新入社員の多くは、「地位に関心がない」という人を除いて、一番多かったのが「部長クラス」(21%)、「役員クラス」(18%)、「社長」(11%)、「課長クラス」(10%)となりました。

社長は無理でもせめて部長に…という思惑が見えて興味深いところがあります。しかし、さらに興味深いのが「職場で使えない人」の筆頭がこの「部長」でもあるのです。

憧れの部長職ですが、職場の中を見渡して「あんな人になりたい」と言えるような部長がいるでしょうか。また、自身が部長職に就いている場合、部下が憧れるような部長であると自信を持って言えるでしょうか。

「あの人課長までだったな…部長になった途端にダメダメじゃん」なんてパターンが多いのです。

部長としてのマネジメントができなかったり、優柔不断で決断ができなかったり…。

それどころか、部下の仕事の細部にまで口を出す人、部下そっちのけで自分のことばかり考えている人…。

そうなると部下からは

「部長らしい仕事はこれっぽっちもしていない」
「そもそも部長の器じゃないよね」
「あれでどこが部長なんだろ…」

なんて陰口をたたかれる始末となるのです。

上司からは

「部長が課長の仕事をしてどうするんだ」
「君を部長に推したのは間違いだった」

なんて、言われてしまいます。

これが、あらゆる職場で見られる部長像ではないでしょうか。

組織は無能な上司で埋め尽くされている

無能な人が上司になるのではない…これは当然で、有能な人が上司になるのです。ということはどうして部長になれたかというと、その人は課長として優秀だったということですね。

そして部長職につきます。そこでも優秀だったらその上の役職に昇進することでしょう。もしも、昇進せずにその役職に留まっているとしたら、その人は部長としての力が不十分といっていいでしょう。

その人は「無能だからこそそのポジションに留まっている」と言えるのです。

会社組織では、ヒラ、主任、係長、課長、部長、役員といったように出世の階段があります。定年退職までにどこまで昇進するのか…サラリーマンというのは常に出世レースの途上にいるといっていいでしょう。

会社によっては試験のみで昇進するところもあるようですが、そうなると、統率力のない頭だけが良い上司で埋め尽くされてしまいそうです。

無能さが露呈してしまうと、昇進はそこでストップしてしまいます。つまり、多くのポジションは無能な人の集まりとなってしまうのです。

出世の余地のある人が組織を支えている

アリの組織を見ても、「働きアリの中に働かないアリが2割とも3割」とも言われています。無能と言えば無能なのですが、それでアリの世界が成り立っています。会社組織も無能の集まりがいてもなんとかなるということですね。

こんな言葉があります。

「人は無能になるまで出世する」
「組織は無能な管理職で埋め尽くされる」

この言葉そのものがここで言いたいことなのですが、それでよく会社が回っているな…ということです。そこでアリの組織を例に出したのですが、あらゆる組織は、しっかり働いている人(出世の余地のある人)が支えているのです。

そこには競争社会の弊害もあるかもしれません。10割の人がバリバリだったらすごいことになりそうですが、最終的に社長のポストは1つです。そうなると、バリバリの人がたくさんいても社長になれるのは1人しかいません。

他の優秀な人は出世レースから外れてしまうのです。そうなるとモチベーションも下がってしまいますよね。仕事に対する意欲もなくなってしまうかもしれません。それが、その役職に停滞してしまう(つまりは無能)理由なのかもしれません。

解決策はあるの?

ということになるのですが、最善の策は昇進ではなく昇給ですね。給料が上がればそれなりにやる気も出てきます。さらにやる気を促すような仕事を与えることも大切です。

もっとも、昇給する、新しい仕事を与える、といったことができる会社は相当な実力を持っています。無能な上司を何人も抱えてもびくともしないものかもしれません。

ネットの反応

「優秀な人は一気に出世街道を駆け上がる。いっぽうでカバン持ちに徹して出世する人もけっこういる」

「能力が高くても嫌われていたら出世出来ないってのもあるけどね」

「無能になるまで昇進するのは、基本的には問題ないし、仕組みもそうなっているのだから、しょうがない。」

サラリーマンたるもの出世はしたいけど難しい問題もありますね。

おすすめの記事